2018年04月18日

自分が英語ができなくても子どもに教えられるかもしれない英語レッスン

娘の学校の春休みは、昨年まで預けていた学童を卒室してしまったので
かなり久しぶりに二人で過ごしました。

いい機会なのでひざのリハビリかねて、外に出てサイクリングしたり、スポーツしたり。

 DSC_1548.JPG

DSC_1545.JPG


花見も、娘から見飽きたとクレームが来るくらい、たくさん付きあわせて(笑)

29790329_1741830609208294_908751580976924624_n.jpg


DSC_1562.JPG


DSC_1556.JPG

六本木ヒルズにも行って、しんちゃんカレー食べて帰ってきた(笑)

30226043_1749602615097760_6645689855978800588_n.jpg

DSC_1629.JPG

DSC_1626.JPG

DSC_1624.JPG


春休みと言えば・・・子どもにとっては宿題がないパラダイス休リゾート

そこで、英語が習いたいという娘に、
講師資格を取ったばかりの児童英語講座を実践してみました。

レッスンプランを考える暇もなかったので
ひとまず思いついたやり方でやってみたのですが、
それなりに何とか教えることができて

「準備ができてないからとやらないままにするより、
まずはやってみたほうが絶対いい!」

と思いました(^^)/

やってみて思ったのは、
レッスンは全部英語だとbetterだけど
必ずしもmustではない、
ってこと。

テキストがあって簡単な教え方さえわかれば、
英語が苦手な親御さんでも
けっこう自分で教えられるような気がします。


「自分の子どもに英語を教えたいけど英語できない」
っていう親御さんにも教えられそうだし、

逆に「私も英語を学びたい」って思う方にとっては、
子どもと一緒に学べてちょうどいいかもしれません!



そこで今回は「子どもに英語教えてみた」レポートをするので、
子どもに英語教えてみたいという親御さんはぜひ参考にしてみてください(^o^)

児童英語講師に合格してから、
「子どもに英語教えてほしい」って言いただいても
なかなか遠くに行けなくて残念だったのですが、

これなら自分で教えていただけそうだし、
その方自身の英語学習にも役立つと思います。


29597579_1744111018980253_8349596565508674935_n.jpg
Seize the moment. 
今この瞬間を大切に。チャンスをつかめ。


位置情報子どもに英語を教えることでまず大事だと思ったのが
「時間の確保」。

毎日同じ時間は難しかったので
とりあえず「目標一日一時間」と決めて
空いてる時間にやることにしました。

娘が「やる」と言ったらテキストを広げてスタート。

その間他の遊びはなし、だけど、お菓子は食べてました(笑)



位置情報次に、レッスンのプログラム決め。

これは一回のレッスンで大まかに
・単語学習
・会話学習
・文字練習
をなるべくやるようにして、
なんかだれてきたな、というときは、
アクティビティを取り入れたりCDを聞いて興味を持たせました。


本当は、1回1テーマで
単語や会話を全部体系立てて教えられたらベストだと思うのですが、
それには指導要領的なレッスンプランをしっかり立てる必要があり、
今回はそこまでの余裕がなかったので、
とりあえずバラバラに、市販の教材を使ってやってみました。



テキストとして今回私が使ったのは、

英単語用はこちら。
DSC_1642.JPG

会話用はこちら。
DSC_1647.JPG

文字練習用はこちら。
DSC_1648.JPG
たまたま陰山先生シリーズになっちゃいましたが、
別にファンだからというわけではありません(笑)


位置情報まず英単語の学習です。

DSC_1643.JPG
Curious George Dictionaryの中身。

この本にある単語を一個ずつ
絵やジェスチャーを交えて英語で説明し、

意味当てクイズみたいにして、
娘が推測した意味を日本語で説明してもらいました。

自分が英語があまり得意でない、という方は日本語で、
一緒に調べながら教えたらいいと思います^^



ちなみに英単語検索の鉄板といえば、

例文を使って細かいニュアンスもわかるのでおすすめです。

しかも、なんと今ではスマホアプリで簡単に使えるんですよ^^
私もインストールしてかなりの頻度で使ってます。


それから単語の発音練習。
3回1セットでリズミカルに発音すると
子どもも面白がって発音してくれました。

正確な発音を知りたいときは、ここでも英辞郎を利用しました。

ほかにもスマホアプリやネットで
発音を教えてくれるものがいろいろありそうです。


単語は、復習すると忘れてた記憶が定着すると思ったので、
次回もう一度ひととおり振り返りました。


位置情報次に会話です。

先ほどご紹介した本の中身がこちら。
DSC_1644.JPG

この本は、基本的な会話がひととおり網羅されているとして、
英語講座でも紹介されていました。

発音がわからないときや確認したいときなど
CDもあるので参考にできそうです。

会話文はそのまま覚えてもらう感じ。

まずひととおり会話や□に入るフレーズの意味を理解したら、
Aさん役Bさん役を決めたり、
□内に違うフレーズを入れるなどして
何度も繰り返し発音練習します。


とにかく会話は、音で覚えるのが基本!

何度も同じフレーズを発音して、耳と口の筋肉?で覚える。


というのを私は中国語クラスに通っていたときに実感しました。

私の通っていたシンガポールの中国語クラスでは、
何度も同じフレーズの発音を繰り返し、
宿題でも会話の暗記が出て
徹底的に音で覚えさせるという感じで、

ほとんどの生徒は基本的な会話ができるようになってましたし、
私なんかもう20年近く経つのにいまだに音で覚えてて、
日本人なのに漢字より聞き取りが得意なくらいです^^






位置情報最後に文字練習。

DSC_1650.JPG

DSC_1649.JPG

これは家にたまたまあった単語練習ノートを利用しました。

このノートにならって単語を書かせます。

abcを習っていない子はまずはabcからですね。


位置情報その他のプログラム

子どもが飽きちゃったり、時間があまったら、
ゲームなどのアクテビティや、言葉遊びを取り入れると良さそうです。

英語の歌、
チャンツ(リズミカルにフレーズを言って覚えやすくしたもの)
トングツイスター(早口言葉)
フォニックス(発音のルールを覚えやすくしたもの)
など、YouTubeで検索するといろいろ紹介されてますよ(^o^)


一時間のレッスンって長いようだけど、これらのプログラムをやってると、
飽きる暇もなくあっという間に時間が過ぎちゃう感じでした。




やってみて思ったのは、
英語を教えること・学ぶことを面白いと思うかどうかが大事、
ってことでした。

私も、自分が面白がってやってると娘も面白がってくれるし
イヤイヤやってると娘もつまらなそうにしてましたから^^;



それと嬉しかったのは、
子どもの英語力が目に見えて高まったことです!


娘の場合、幼稚園と小学校で一応
週一回は英語のクラスがありましたが、
一向にしゃべれるようにならず、今までは正直、
「大丈夫かな?」と思ってたんですよね^^;

ところが、この春休み、1泊の英語キャンプ参加し、
その後家で1日1時間ぐらいのレッスンを数回行った結果。


ふだんのカンタンな会話を英語だけにして、
身振り手振りで説明してみたら、

ほとんどの意味を理解してくれたうえに
外国人にも絶対通じるような片言の英語で返してくれて、

ぜんぜん日本語を使わずに問題なく会話できました。

これには私もびっくり!

きっと今まで積み重ねてきた知識がどんどんつながったんでしょうね。
学校で習ってたのも無駄じゃなかったんだ・・・と思いました。

改めて、語学の学習って、
効率が良い悪いが多少あるとしても、
それよりも何よりも積み重ねが大事だと思いました。


親としては、子どもが前にできなかったことができるようになり、
成長していく場面を目の当たりにしたとき、
大きな喜びを感じられたりしますよね。

そういう意味でも、自分の子どもに教えてみるっていうのはおススメかも^^

私も児童英語講師のやりがい を見つけることができましたわーい(嬉しい顔)



⇓今回の教材を購入したいという方はご利用ください(^^)/

Curious George's Dictionary

新品価格
¥2,774から
(2018/4/18 17:27時点)





陰山英男の反復練習 はじめての英会話

新品価格
¥2,138から
(2018/4/18 17:24時点)





しゃべって覚える小学生の英会話 Talking Time 1

新品価格
¥1,899から
(2018/4/18 17:26時点)


keeping my fingers crossed for you黒ハート

Liumei






posted by liumei at 14:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 外国語習得