2013年11月20日

圧をかけて生きる! 〜QOTD8〜

「ポイントは圧だね」

2011年の春、あの震災のあと、誰もが放射能の恐怖に怯えていた頃、
除染の技術を持つ飯島秀行先生が幸塾ではじめて講演されたとき、
それを聞いた大下専務理事はじめ仲間の皆が言っていた言葉です。


伝説の精神哲学者といわれる知花敏彦先生の理論を応用し、
「宇宙の森羅万象すべては、ゼロ=空に戻るという、たった一つの法則で成り立っている」
中でも、「エネルギーは圧が低いところから高いところに流れる」
という原理原則を応用され、

放射能の除染をされたり、UFOみたいな円盤を飛ばされたり(?)、
一度電力をまわせば永遠に電気が作られるような装置を発明されたり・・・
様々な実験をして結果を出されている飯島先生。


それ以来私も大変興味を持って、おもに飯島先生の「テネモス」の代理店をしている仲間の菅原克行さんを通し、
いろいろとお話を聞いていますが、本当にとても参考になることばかりですわーい(嬉しい顔)


※菅原さんが飯島先生の理論と「テネモス」商品を紹介するサイト、とってもわかりやすいです^^

http://ai-yuuki-kansha.com/tenemos/


わかるようでまだまだ良く理解できていないと思うことばかりですが(笑)

理解できなくてもまずは実践!と思い、我が家でも、
この圧の原理を利用した手作りペットボトル空気活性機を使っています。

するとこれをつけて以降、夏でも生ゴミ臭くならないし、
焼肉してもにおいがすぐ消えるし、
戸を開けたときに入った虫が「これはオレの居場所じゃない」って感じで、慌てて逃げてくれます(笑)


菅原さんのサイトでも作り方が紹介されていますが、
ペットボトルと金魚用エアーポンプとチューブ、合計2000円以下、
作成時間10分以内でてきてしまうんでするんるん


それから、いま体の害になるといわれるものは酸性なので、アルカリ性の強い焼き塩で中和すると良い、
という話を聞いて以来、無水エタノールで作る焼き塩も、毎日使っています。

ある時、庭スペースに置いていた肥料が腐ってしまい、
近所から苦情が出るかと思うくらい強烈な悪臭を放って困ったことがあったのですが^^;
焼き塩水を何度もかけたところ、すぐに臭いが「不快な臭い」→「気にならない臭い」に変わり、
数日してその臭いも落ち着いたことがあり、その効果にとても驚きました〜。


そういえば、家の掃除でクエン酸と重曹を使っているのですが、
クエン酸(酸性)に、重曹(アルカリ性)を加えることで汚れが中和されるんでしょうか・・・

玄関のたたきを掃除するときには、焼き塩をぱぱっとふりかけて一緒に掃くのですが、
そうするととってもすがすがしい感じになりますぴかぴか(新しい)

酸性とアルカリ性の空間では、そこに住む微生物も変わってくる、
というのも、空気が変わる原因なのかなあ〜と思います。

昔から玄関に盛り塩をしたり、浄化に塩を使うというのも、ただの迷信ではなさそうです。


人間の意識も、波動・波長というものが動いている、だから「意識圧」で生き方も変えられるのだ、ということも聞きました。

「どうしてもこれをやりたいんだ!」なんて強く思うと実現する、というのも、そのせいかもしれませんね。


先日、いつもお世話になっている海老原商店さんにお誘いいただき、
またまるかんの勉強会に参加させていただいたのですが、
日本一のお金持ち、斎藤一人さんも、そんな飯島先生と同じように、「圧が大切だ!」ということを最近よくお話されているそうです。


以前から飯島先生の理論は正しそうだ、と思っていた私も、斎藤一人さんがそれを裏づけてくれたようで、うれしくなりました。


さて、その飯島先生の理論を学ぶ仲間の一人に、ウォーキングインストラクターの清水千恵美さんがいます。

ファッションショーのプロデュースをする中で、モデルの育成などで活躍された清水さんは、
現在、体と心のバランスを整えるエクササイズを教えており、その中で圧の話もされ、

8月に出版した『仙骨美』の中でも、

「丹田に圧をかけることで、仙骨が整えられてバランスが整い、
健康に美しくなり、さらに意識にも圧がかかって、生き方が変えられる!」

というお話をされていますわーい(嬉しい顔)

***************************
 実はこの(丹田に)圧をかけることと、人生をどうやって生きているかということは、密接に関係しています。

人はみな生まれる前に「ちゃんと生きるんだ!」という意志を持ってこの世に生まれ、生きている間、常に心のどこかに「しっかりと自分の人生を歩みたい」という意識を持っています。

そしてこの意志と意識が強くなったとき、丹田にも圧がかかるのです。

また逆に、丹田に圧をかけていけば、「ちゃんと自分の人生を生きよう」という意志と意識が強くなるともいえます。
 
カニは水圧がかかる場所では自分に圧をかけているからこそ、深海にも住んでいられます。

人間も同じように、「ちゃんと生きる」という意志と意識があれば、肉体的にも精神的にも自分に圧をかけて、厳しい環境にあっても生き抜いていけるのです。

〜清水千恵美さん『仙骨美』より〜

***************************

仙骨美表紙.jpg


そういえば私も「もっとしっかりしなきゃ!」と思ったとき、自然と丹田に圧がかかっていた自分を発見しました。

仙骨を立て、丹田に圧をかけ、体全体のバランスを整えるためには、

(1)この本に紹介されている簡単なエクササイズを日常生活に取り入れること
(2)歩くこと

が良いそうです。

バランスを整える歩き方のコツもこの本で紹介されているので、ぜひ日頃のウォーキングに取り入れてみてくださいわーい(嬉しい顔)


今の世の中、政治の問題、経済の問題、いろいろあって、
いじめ、パワハラ、ブラック企業での仕事etc.で、悩み苦しんでいる人も多いと思いますが、
そんな方々にもぜひ、問題を跳ね除けるくらい、心身に「圧」をかけて、強く生きていってほしいと思いますexclamation


※仙骨を整え、圧を高めて、心身ともにバランスよく、美しく生きるためのエクササイズとウォーキングのコツが学べる『仙骨美』は、
Amazonなど書店注文も可能なほか、次の各サイトでもお求めいただけまするんるん

清水千恵美さんのサイト
きれいねっとさんのショッピングサイト



※使っているだけで圧がかかりそうな、まるかん商品のお求めは、海老原商店までグッド(上向き矢印)

※飯島先生の圧を利用した商品のお求めは、えばぁプロデュースまでグッド(上向き矢印)


「世の中の法則はたった一つ」と考えるとあたりまえなのかもしれませんが、
飯島先生の師ともいえる知花先生も、斎藤一人さんも、ヒマラヤ聖者のヨグマタ・相川圭子師も、
精神的指導者の方々のお話を聴くと、皆さん共通のことをおっしゃられていて、
そこから大事なポイントが見えてくるような気がします。

またそのあたりは、機会がありましたら^^



・・・最後までお読みいただき、ありがとうございましたぴかぴか(新しい)
posted by liumei at 13:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 清水千恵美さん

2013年06月07日

『仙 骨 美 〜大地と宇宙につながり、自分らしく生きるためのエクササイズ〜』

今年もあっという間にもう6月。梅雨の季節がやってまいりました雨

常夏の蒸し暑い国に暮らして以来、梅雨が好きになってしまった私です。

暑さが和らいでちょっとひんやり涼しく、空気の汚れを雨が洗い流してくれている感じがして、
「さわやかだな〜」と思う人、他にだれかいませんか? (笑)

383568_535107879880579_1877191609_n.jpg

外に出れば、こんなお花も咲いていますかわいい

そんな6月、明日はいよいよ、新日本文芸協会主催の、
第62回式年遷宮奉祝奉納記念祭 in伊勢
http://www.sn-bungei-kyoukai.com/index.php?20130608

9日(日)は私が発起人の一人を務めさせていただいている、
福田純子先生のベストセラーお祝い会!
http://369.egao-kyowakoku.co.jp/?eid=231827

・・・なのですが、主催者側にもかかわらず、全然参加できません。残念・・・もうやだ〜(悲しい顔)

参加される皆様、ぜひお楽しみくださいね〜わーい(嬉しい顔)るんるん


なかなかイベントにも参加できない毎日ですが、
そんな中、今年前半から取り組んでいるいくつかの出版物が、
やっと少しずつ形になりはじめていますぴかぴか(新しい)


まず来月、愛知県の清水千恵美さんの初の書籍、
『仙 骨 美 〜大地と宇宙につながり、自分らしく生きるためのエクササイズ〜』
を、新日本文芸協会より出版させていただく予定です。

「仙骨」というのは、「仙人の骨」という名前のとおり、
体にとって一番大切な骨といわれ、
世の中にはこの骨の位置を正すことで難病が治癒するという治療法もあるようです。

私たちは脳の機能も10%ぐらいしか使っていないとかいわれますが、
仙骨も、現代人にとってまだまだ未知の機能が備わっている骨みたいです。

体の中の使っていない機能を使うことで、病気だった人が元気になったりする実例は、
幸塾月例会の講師の先生方のお話でもよく出てくるのですが、
中でも、仙骨の機能というのは今とても注目され始めているようです。

その仙骨の位置を、自分で簡単に正すことができる
簡単なエクササイズを、今回、清水さんが開発しました。

清水さんはこのエクササイズをもとに、皆さんが、
ご自分で仙骨の位置を整えて、体を整え、
本来の自分に戻り、元気になり、美しく輝いてほしい、
という願いで活動されています。

この出版を記念して、清水さんのパフォーマンスと歌手のミネハハさんの東北支援コンサートチャリティーイベントが、
6月22日(土) 愛知県岡崎市で開催されます。

ぜひ6月22日にイベントに参加し、ミネハハさんの美しい歌声に癒されつつ、
仙骨の大切さを学んでみませんか?


■■■

<愛知:岡崎市 清水千恵美 出版記念+ミネハハコンサート 詳細>

●内容
仙骨を立たせて宇宙とつながるエクササイズ
清水千恵美 Original method 「仙骨美」 出版記念パフォーマンス
+
ミネハハ・コンサート
(ミネハハ東北支援コンサートチャリティーイベント)


●出演者プロフィール:

MINEHAHA ミネハハ
ヴォーカリストとしてSOUL,R&B,JAZZ,ROCKなどの様々なジャンルの音楽をDISCO、ナイトクラブ、ライブハウスのステージで歌ってきた。1974年頃からスタジオミュージシャンのコーラス・ヴォーカルパートで3000曲以上のCMソングを歌い、「CMソングの女王」としての地位を築く。
20余年の商業音楽にピリオドを打ち、1994年、ソロシンガー「MINEHAHA」(ミネハハ)としてデビューコンサートを奄美大島で行う。MINEHAHAの名は、ネイティヴアメリカンに由来し、MINEは水、HAHAは微笑みを意味する。
2008年9月、ネイティヴアメリカンの聖地デヴィルスタワーにてMINEHAHAの名を正式に授与される。太陽を父に、地球を母として、生きとし生けるすべての命をひとつに繋ぐ水。その力と働きを"歌"にと願い名づけられた。
歌うことは生きること、生きることは歌うこと。その活動は国を越え、民族を越え、時を超え、たくさんの命と共鳴の輪を広げている。
日本全国、年間70本以上のコンサートを展開中!


清水千恵美 しみずちえみ
服飾専門学校教員を経て、アトリエ・ピコ企画を設立。オーダーサロン、洋裁教室経営、カルチャーセンター、高校、専門学校講師などを務めるかたわら、感動と夢あるファッションショーを目指し、企画演出を多数手がける。外見の美の追求、多忙などにより、2007年「このまま突っ走ったら命はない!」と聞かされ、生きる選択をし、ほとんどの仕事から身を引く。
以来、体重が32Kgになり、食べても痩せていく不安の中、「楽に生きるためには・・・」をテーマに、ひたすら自分の内側と向き合う。
その結果、心と体をバランスよく整えることの大切さに気づき、内面の美を求め、自分のあり方を修正。
そして「仙骨を正常に戻せば、すべてとつながる!自然と一体化できる!」ことにたどりつく。
2013年、すべてとつながるメソッドを生み出す。講演・ワークなどの活動で、仙骨美ウォーキングを通し、仙骨の大切さを伝えながら、自分の存在を目覚めさせ、健康で、美しく、幸せに生きるためのお手伝いをしている。


●開催日時
2013年6月22日(土)
開場13:00 開演 13:30
(終了後懇親会有り 無料)

●会場 岡崎市甲山会館
愛知県岡崎市六供町出崎15番地1 TEL:0564-21-9121

●入場料 前売2500円   当日2800円
こども(中学生以下)1000円  当日1300円

●お申し込みの詳細はこちら

http://www.minehaha.com/concert/2013/05/2013-1.html


●主催:ちえみフェニックス企画  協力:100のつぼみを咲かせる会

●お問合せ
清水: 090-9946-3176
ミネハハ事務所:0120-254-565 (平日11:30〜18:00)
info@minehaha.com


■■■

この日は何とか参加できるかな〜? と思っています。
グリーンオーナークラブや幸塾の皆さんも駆けつけてくださるみたいですわーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)
皆様とお会いできるのを楽しみにしています!

また書籍『仙骨美』の中では、このエクササイズや、
仙骨の大切さについてご紹介していますので、
本を購入してエクササイズを実践してみたいという方は、
ぜひとも私のほうにご予約をいただければ幸いです黒ハート

新日本文芸協会(担当:橋本)
メール daihyo@liumeis.com (@を小文字に変えてください)
TEL 050-3735-9135 FAX 050-3645-5338


私も最近、この清水さんのエクササイズをしていますが、
本当にちょっとした動きで体がすっきりしますよ〜わーい(嬉しい顔)

これからの変化が楽しみでするんるん


・・・最後までお読みいただき、ありがとうございましたぴかぴか(新しい)

posted by liumei at 16:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 清水千恵美さん