2016年07月28日

古い感情を手放して、新しい時代に備えよう♪

今週の火曜日(26日)、
ちょうどその日が何かの暦の新年だとかで
facebookなどで皆さんがシェアされていたのですが
天体と人ってつながってるものだなあと感じます。

私は何も知らなかったのですが、それまでの数か月と「バキッ」と
はっきり分かれるかのように状況が新しくなりました。

まずその日はかねてより話があった某出版社からの
大下伸悦さんの出版の企画が、数か月早まってスタートし
(というか大下さんのブログを読めばどこだか書いてある、笑)
それを知らないはずの大下さんのブログを見たら
その日、執筆が開始されていました(笑)

そしてその日、この数か月動いていたプロジェクトのスタートとなる
成田の根本和哉さんとのイベント企画が始動。

さらにさらに・・・当日は、ここ数か月取り組んでいました新刊
(KADOKAWA)の出版が著者のマリアさんから発表され
Amazonでも予約開始になっていることがわかりました本

61IB5qVuCnL.jpg

ブログファンの皆さまから、
続々と予約注文していただいてるようで嬉しいですぴかぴか(新しい)

この本の中には、マリアさんがチャネリングで神や精霊などから受け取ったという

「もしあなたが人生でつまづいているとしたら、
それは、自分で自分を大切にしてこなかったからかもしれません。

今まで自分で自分を責めたり、卑下してきませんでしたか?

幸せになりたいなら自己否定をやめましょう」

というメッセージが詰まっています。

ありのままの自分を認めることについては
このブログでも何度も紹介したように、ヨグマタ相川圭子先生や
由井寅子先生、子宮委員長はるさんなどの本にも詳しいのですが、
やはりそれがこれからの時代には
大事になってくるのだろうなと思いました揺れるハート

さらにこの本のテーマの一つは、

「自分の感情すべてを否定せず、

とことん感じ切ることで、その感情が消えていく」

ということ。

こういった感情解放の手法のことは
子宮委員長はるさんの旦那様である岡田さんなども詳しく解説されていますが、
マリアさんも数年前からずっとそのことをおっしゃっていたのですね。

この本ではその感情を手放す方法がわかったりワークが実際にできるようになっており、
そのような内容は私も一般書籍では今までに見たことがなくて、
あってもメジャーではなかったのかもわかりませんが
何だか自己啓発業界の最先端であり、これからのトレンド先取り
(…って死語?・・・アップトゥーデートといえばいいかな?)
って感じがしていますグッド(上向き矢印)

そういう最先端のテーマと思われるものを世の中に出せるというのが
このお仕事の醍醐味ですね黒ハート


 
ということがあった今週、不思議と、
これから新しい人生が始まる!
という気がして、
わくわくわくわくしてしまってどうしようもありません(笑)

何となく、これからの時代というのは

古い感情を解放し、今までの自分を肯定して
本当の自分に戻り、
そこをスタート地点として
自分がこの世に生まれてきた目的=本当の使命を果たすために、
自由にやりたいことをやっていく時期

であり、26日がそのスタートだったのかもしれませんね。

・・・個人的には、そのおかげで
これから出費が見込まれるものの購入などもいろいろあるのですが
不思議とあせることもなくなりました(笑)

それから、大下伸悦さんとの付き合いも
もう11年ぐらいたつことがわかったのですが、
その大下さんの「誰かを守ろうという気持ち」
何となく自分もわき出るようになってきた今日この頃です。

また機会があったらそんなお話もできればと思います。

こちらもぜひ参考に♪
池川明
13775471_1117322184992476_8530198330367443897_n.jpg
台湾、香港、シンガポール、マレーシアなどアジア各国で発売中exclamation


・・・お読みいただきありがとうございましたぴかぴか(新しい)

2015年11月14日

お知らせ〜♪

今日はお知らせです!

2年半前から企画していたミニブック
池川明先生と未来見基さんの
『脱ペアハラ・脱虐待でハッピー子育て!』
が、ついにできました!

ハッピー子育てカバー表1.jpg

タイトル: 脱ペアハラ・脱虐待でハッピー子育て!
著者名: 池川明、未来見基
出版社名: 新日本文芸協会

ISBN 978-4-434-21187-4 C0077
A5版 88ページ
定価750円(税込810円)

まったく新しい21世紀型子育てのバイブル!池川明・未来見基の楽笑育児シリーズ1。胎内記憶の第一人者として、さまざまな子育て相談を受けてきた医師の池川明と、日本初の胎話士であり育児コーチングのマスターコーチである未来見基が、苦しい育児をやめ、親子でハッピーになれるコツを教えます!
シリーズ一作目では、親からの虐待経験を乗り越え、子どもへの虐待の連鎖を止めた未来見基さんが、池川明医師とともに虐待を止めるコツについて語ります。
親が子を虐待するのはいけないこと。誰もがそう思ったことがあるでしょう。しかし実際に自分が虐待をされた経験がある人は、親となった時に無意識にその行為を子どもに繰り返してしまいます。その連鎖に気づき習慣を変えれば、虐待は必ず止めることができると未来見基さんはいいます。
深刻な暴力行為だけでなく、ペアレンツ・ハラスメント(ペアハラ)と呼ばれるような、子どもを苦しめる言動をしてしまったり、思うような子育てができず悩む親御さんにもおすすめです。

著者プロフィール:
池川明(いけがわ・あきら)
1954年東京生まれ。帝京大学医学部卒業。医学博士。上尾中央総合病院産婦人科部長を経て、1989年横浜市に産婦人科の池川クリニックを開設。胎内記憶・誕生記憶研究の第一人者としてマスコミ等に取り上げられることが多く、講演などでも活躍中。母と子の立場に立った医療を目指している。著書に『おぼえているよ。ママのおなかにいたときのこと』『ママのおなかをえらんできたよ。』(以上、二見書房)、『男の子が生まれるママ 女の子が生まれるママ』(フォレスト出版)、『笑うお産』(KADOKAWA)など多数。

未来見基(みきみき)
「胎話士」の創始者であり、1995年から胎児との胎話を始める。「ミラクルMIKIMIKI」の名でも親しまれ、ミラクル・トランスフォーメーションで人生の転機を迎えた人々への変容と進化を促している。育児コーチングマスターコーチとしても活躍。日本全国で3万人の人々と交流し、妊娠、出産、育児に関わる不安や恐れ、悩みなどの心の詰まり・ブロックを解放。母と子が共に響きあいはぐくみあう「いのちの響育(きょういく)」を行う。「オニババ育児をしてきた」「育児に自信がなかった」というお母さんたちが、笑顔を取り戻して、子どもの成長をあたたかく見守り育くむことに喜びを感じる、愛に富んだお母さんとなるサポートを生き甲斐とし、「180%人生が変わった」と感謝を受け取っている。
育児の悩みを快感に換える「育児コーチングコーチ講座」、ママと赤ちゃんの心の架け橋となるセラピストを育成する「ベビートークリーディングセラピスト講座」を関西、関東、沖縄で開講中。


11月22日発売予定なのですが、ちょっとこちらのミスで
一般書店での販売が遅れそうです・・・^^;

伊丹市のブックランドフレンズさんで先行販売していますので
ぜひご利用くださいexclamation

フレンズさんによりますと明日は大阪の講演会でも販売されるそうです!わーい(嬉しい顔)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

11月15日(日)13時 〜 16時
大阪市・東淀川区民会館で行われる池川明さん講演会
「ぽかぽかなカラダづくり」の書籍コーナーを担当させていただきます。

当日お越しになる皆さま、どうぞよろしくお願いします。
恒例の絵本もお持ちしますのでお楽しみに。


池川明さん.jpg

(以上、フレンズさんのブログより)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ほかにも、編集協力させていただいた『笑うお産』(KADOKAWA)や
お世話になっているフォレスト出版のSさんが編集された『男の子が生まれるママ 女の子が生まれるママ』
『笑うお産』で池川先生と編集のTさんのご縁が出来て生まれたKADOKAWAの『子供は親を選んで生まれてくる文庫版など
池川先生のおすすめ書籍が全部そろいます!
こんぶ店長ありがとうございます!

さらに・・・

この本の制作に協力してくれた、書家で占い師のお友達、
インターネットラジオでも本を紹介してくださいました!


ラジオとっても面白いです!ぜひ聞いてみてくださいね〜るんるん


そしてもう一つ。
『子宮委員長はるの子宮委員会』(KADOKAWA)が
ダヴィンチニュースに掲載された・・だびんちexclamation×2

chara17 (2).jpg
(テレビ東京さんのサイトよりお借りしました)

もうみなさんのご協力が嬉しくて涙が出そう・・・たらーっ(汗)
本の紹介など詳しいことはまた後日いたします。
今日はこの辺で〜ぴかぴか(新しい)



2013年09月21日

水戸黄門に学ぶ 〜QOTD4〜

一昨日は見事な中秋の名月を見ることができました満月

娘は「ほら、ウサギさんが背中丸めているでしょ?ママ見えないの?」
といっていましたが、大人の濁りきった眼のレンズには映らなかったようです・・・

さて、今日はまたまた福田純子先生の言葉をご紹介します。

**************

「悪役の おかげで楽しい 水戸黄門」


〜福田純子さん『「大丈夫!」は幸せになる魔法の言葉』(中経出版)より〜

**************


fukuda003.jpg


こちらも、出版のお手伝いをさせていただいた本です。
一般書店、Amazonなどネット書店でも好評発売中ですexclamation

たしかに、悪役のいない水戸黄門だったら、
ただの江戸時代のおじいちゃんのお散歩番組になってしまいます。

現代の旅番組だったら、美味しいものを食べたり、楽しい体験を自分もできそうと思って楽しいけど、
江戸時代だと、行きたくてもそこにタイムスリップするわけにはいきませんよね。

想像してみてください・・・
助さん角さんとなごやかに散歩しながら、地元の美味しいもの食べて、
お店の人とにこやかに談笑するだけの水戸黄門。
「その番組、楽しいの?」と考えると疑問です・・・。

スポーツにしても、ただサッカーや野球のやりかたを教えてくれる番組より、
サッカーや野球の試合中継のほうが人気ですよね。

結局邪魔者や障害があるほうが楽しいんですよね・・・。

同じように、自分にとって悪役というか、嫌なことをする人、邪魔だと思う人がいても、
憎んだりうらむより、自分の人生をより面白くしてくれる存在だと考えたほうが良い。
ということがよくわかるのが、この福田先生の言葉だと思います。


たしかに、生まれる前の記憶があるという方なんかによると、
「自分の成長のために友達に悪役を頼んだ」なんて覚えていたりするようですね。

実際、相手を殴るわけにもいかない、仕事などでどうしても逃れられない、
なんてとき、「結局自分が対策を考え実行するしかない」と思って、
それが人をより成長させてくれたりします。

また、嫌な人がいたら、その人にイヤなことをされた思いを共有する仲間の、
結束がすごく固まった、なんてことも会社組織なんかではよくありますよね。


さらにいうと、水戸黄門が楽しいのは、
最後には必ず水戸黄門が勝つとわかっているからでもあります。

で、一つ思いついたひらめきのですが、「イメージをすればかなう」という
潜在意識の活用術を実践するときに、

「どうせ最後には水戸黄門が勝つんだよね〜」

という気持ちを、応用するといいかもしれませんるんるん


たとえば自分をいじめる悪役のような人がいて、
気持ち的に相手に負けてしまってダメ、というときに、

「どうせ最後には自分が勝つんだよね〜」

と、水戸黄門が勝ったときのイメージを想像してみるのです揺れるハート

このイメージ法は、水戸黄門みたいに、自分が良いことをしていると思えるときほど、
よりやりやすいかもしれませんねわーい(嬉しい顔)

試してみて良い効果があった方は、ぜひ教えてくださいね。


さて、水戸の黄門様こと光圀公といえば、
おそらく一番縁があるのが、
隠居生活を送っていた地元常陸太田市の西山荘だと思います。

じつはその西山荘内の地元物産店「桃源」では、
拙著『実話 病父を尋ねて三百里 〜豊後国の二孝女物語』も
販売してくださっているんですよわーい(嬉しい顔)

「二孝女も 黄門様も 面白い」(笑)

お立ち寄りの際はぜひ覗いてみてくださいね〜〜るんるん


・・・最後までお読みいただきありがとうございましたぴかぴか(新しい)

2013年09月02日

夏から秋の変わり目の時期。

「今年の夏はいっぱい汗をかいたな〜〜」っていう人、多かったのではないでしょうか。
私も「滝のような汗ってまさにこれだな」と思うような見事なかきっぷりでしたたらーっ(汗)たらーっ(汗)

先日お聴きした、自然療法研究家の市川加代子先生のお話によると、
私たちの体に入った有害金属類などには、
汗でしか体外に排出できないものがあるようです。

大気汚染に土壌汚染、海洋汚染まで問題になってきましたが、
そんな環境で、有害な化学物質をとりまくっていると思われる現代の私たちにとって、
「猛暑」って実はありがたいことなのかもしれません。
お天道様よ、ありがとう・・・晴れ


さて、学校の夏休みも終わり、今日から新学期。
娘も何とか宿題を終え、元気に学校に出かけていきました。

子どもの夏休み中、学童のお弁当作りや学童への送りdutyがあったため、
学校がスタートしたら、夏休み中より一時間半ぐらい早く仕事にとりかかれるようになり、
その分こうしてブログもかけてうれしいです(笑)

何だかんだいっても、学校があることに感謝ですねグッド(上向き矢印)

そんな休み中、娘も、私の仕事やお盆休みで帰省し、甥や姪たちと会って、
海、川、プール、友達の新居、とあちこち出かけ、
花火をしたり、お買い物したり・・・と、
夏をめいっぱい楽しんでくれたようですexclamation×2

DSC_0451.jpg
私が実家に住んでいる間、いろんなことがある度に、ぼーっと眺め、
心と体をいやしてくれた川。

DSC_0452.jpg
近くのたんぼ。

DSC_0459.jpg
そして、震災から2年ですっかり元通りになった海。

やっぱり自然はいいですねえリゾート

今のこの平和な日本に生まれ、
お隣の福島の避難区域の方々のように、原発の事故の影響も受けることなく、
夏休みを楽しめることに、心から感謝ですぴかぴか(新しい)

また8月は、私自身も、仕事に新しい展開がでてきたり、
市川加代子先生のとてもためになる講座を聴くこともできました。

昨日は久しぶりにまるかんさんの勉強会にも参加でき、
斎藤一人さんのお話を聴くこともできました〜わーい(嬉しい顔)

ブログというオフィシャルな場面では表現にも気を使うため、
速報レポートもついついfacebookのお友達限定になってしてしまうのですがたらーっ(汗)
今後も可能な限り、お役に立ちそうな情報をシェアしたいと思っています。

年とともに涙もろくなってきたのか(?)最近では、
市川先生の指導するお手当てを実践したら、ガンなどの難病から回復できた、とか、
斎藤一人さんの話を聴いて実践したら、長年の精神的なうつ状態から抜け出せた、
いじめやDVなどの深刻な悩みが解決された、
なんて話を聴くと、もう本当に涙がでるほど、心の底からうれしくなってしまいますぴかぴか(新しい)

そんな話を聴く機会に恵まれ、私も、
自分の活動を通して、皆さんの心と体の健康と幸せのために、
役に立つ情報をどんどん提供していきたいな、
という気持ちを新たにしましたぴかぴか(新しい)

この2か月の間に出版することのできた2冊の本も、
きっと何かしら皆さんのお役に立てるのではないかな・・・と思っています。

市川先生表紙.jpg

自然療法研究家の市川加代子先生の『あなたの体の設計にミスはない』

仙骨美表紙.jpg

仙骨美トレーナー&トータルビューティープロデューサー清水千恵美さんの『仙骨美』

両方ともAmazonで購入できるようになりましたわーい(嬉しい顔)


8月に参加した市川先生の講座のレポートは、いつもありがとう、富吉美幸せんせ〜♪のブログ をご参考ください。

清水千恵美さんも新しい活動スタートに際し、HPを立ち上げられました→「仙骨美」ブログ

市川先生や清水千恵美さんのお話を聴いていていつも思うのですが、
私がそれまで知らなかった、健康や美の秘訣は、まだまだいっぱいあるようです。
皆さんもぜひ参考にしていただければ幸いです黒ハート

市川先生によると、春→夏の拡散の季節と、秋→冬の収縮の季節では、
自然の流れにあわせて人間の体のサイクルも大きく変化するようです。

今はちょうどその変わり目の時期ですね。

みなさんもその自然の流れにうまく乗って、
元気にこれからの季節を楽しんでくださいねるんるん


・・・最後までお読みいただき、ありがとうございましたぴかぴか(新しい)

2013年07月17日

1年間を振り返って、感謝!

いよいよ夏本番ですね。
先週我が家は熱中症気味になるくらい暑かったのですが、
今週になって雷雷が多く過ごしやすくなりました。

雷といえば、以前在宅中に雷がなり、大雨が降りやんだ後のことです・・・

ネット書店で頼んでいた本が届き、玄関先で宅配の方が本を渡してくださった、
まさにその瞬間、

すっかり雨も止んで遠くに行ったはずの雷がいきなり、

「ドッカーン」とすごい音を立ててすぐ近くに落ちたのです。

宅配の方と私はビックリ。

そのとき頼んだ本は、「神が降りてきた」という人が自動書記で書いたという、
いわゆる神からの人間へのメッセージといわれる本でした。

偶然にしてはできすぎのようなタイミングだったので、何か意味がありそう・・・
と思っていたのですが、最近やっとわかりました。

きっとあれは、
「我は、神なり(カミナリ)」
というメッセージだったに違いありません!

・・・えっ、神様がおやじギャグ言うかって?

失礼しました!


さて、この前の土日は、幸塾月例会での市川加代子先生の講演会、
そしてヨグマタジ・相川圭子師の講演会と参加させていただきました。

愛にあふれた先生方の「氣」をたくさん浴びて、
すっかり幸せモードの日々です揺れるハート

市川加代子先生の小冊子『あなたの体の設計に、ミスはない』と、
清水千恵美さんの書籍『仙骨美』は、
もうすぐAmazonなどで販売になりますのでご期待くださいわーい(嬉しい顔)

そんなイベントの興奮も冷めやらぬまま、
今度の土曜日、7月20日は、読書普及協会の総会です!

91415_photo1.jpg

豪華メンバーの講演会があるこのイベントexclamation
今回も出店・販売をさせていただくことになりました〜わーい(嬉しい顔)

・無農薬無肥料の浅野さんの自然栽培のお野菜
・寺田本家さんのマイグルト
・照沼勝一商店さんのほしいも
・鹿島パラダイスさんの自然栽培のお米

など、ちばらきの自然食品と、新日本文芸協会の出版物ですexclamation

リュウメイズ企画の出版物以外にも、きれいねっとさんやえばぁプロデュースの話題の本も販売予定ですわーい(嬉しい顔)

色々なイベントにあわせて、チラシやPOPなどを考えてる最中、
この1年間世に出した本たちについて、
どんな話題があったかを思い出してみました。

このブログでもさんざん紹介してはいるのですが、振り返ってみると・・・

まず、『君に日本史を贈ろう』(齋藤功明氏)は・・・

・大手取次店の一ヶ月の推薦図書に選ばれる

・大手取次店日販の「図書館のためのブックフェア」出展図書に選ばれる


『発酵する生き方』(寺田啓佐氏)は・・・

・斎藤一人さんに「良い本を作ってくれてありがとう」とほめられる(笑)
(斎藤一人さんには、『たの研季刊誌・楽笑』も読んでいただき、
感動してくださったようで、ありがたいことです)

・ブックランドフレンズさんの年間ベスト20入り

・安倍昭恵さんにfacebookで紹介される


『いのちのエネルギー』(川田薫氏)は・・・

・昨年、船井幸雄さんに船井幸雄.comや、オープンワールドの3000人のお客様の前で紹介され、
さらに年末「今年一番印象に残った本」として紹介される

・ひすいこたろうさんのベストセラー(近所のコンビニでも売っている)『あした死ぬかもよ?』で紹介される


『ヤマトごころ、復活!』(福田純子氏・池田整治氏)は・・・

・大人気ブログ「天下泰平」で紹介される

・みやざき中央新聞の社説で紹介される


・・・と、思いつくだけでもとにかくいろいろなところで、引き立てていただいたんだな〜、と改めて思いました。
もちろんそれだけ幸塾でご縁のあった先生方をはじめ、著者の方々がみんなほんもので、すばらしいからなのですが、
本当に、ありがたいかぎりですexclamation

そして何より、読者の方々から「感動しました!」「ぜひまわりの方々に紹介したいです!」と
電話や葉書やメールで感想いただくことが多くて、それがとてもはげみになっていますわーい(嬉しい顔)

とくに『愛の時代へむけて』(由井寅子氏)は、読者の方々から熱々のメッセージをいただくことが多いですぴかぴか(新しい)

そんな読者の方々と、温かい心の交流ができることも幸せです揺れるハート

それから、『ヤマトごころ、復活!』などは、Amazonなどで高評価をつけてくださる方も多くて、
どなたか存じませんが本当にありがとうございますexclamation 

もちろん、皆様に本を買っていただき、読んでいただき、
さらに「この本は大切な人ににあげたい」と
数冊、数十冊、数百冊、数千冊単位でお買い上げいただき配布してくださったり、
販売してくださる方々がいらっしゃることもものすご〜くありがたいです。

あと、出版というのは私一人の力では絶対にできなくて、仕事仲間のみんなや、
陰ながら支えてくれる家族がいてくれるからこそできることでもあります。

奇麗事ではなくて、本当に感謝の気持ちしか浮かばない〜〜〜というのが今の心境ですぴかぴか(新しい)

正直、「この仕事これからも続けていけるのかな〜〜」と不安になることもよくあるのですが、
やっぱり皆さんに読んで感動していただき、少しでもお役に立っていることを考えると、
これからもがんばってみようと思えます。

今後も素敵な著者の方々の本を、魂を込めて世に送り出していきたいと思いますので、
どうかよろしくおねがいしまするんるん


面白いことに、なぜか今後しばらくの間、出版する予定なのは、すべて女性の単著か共著。
やっぱり女性が元気な時代なんでしょうか(笑)


・・・最後までお読みいただき、ありがとうございましたぴかぴか(新しい)

2013年02月12日

イベントにて『ヤマトごころ、復活!』『発酵する生き方』販売!

いよいよ旧暦の年が明けましたね〜。新年快樂!恭喜發財!

今年もしっかりギョーザと、魚生代わりの海鮮サラダをいただきました。

皆さんにとって新しい年が素晴らしい一年になりますようにぴかぴか(新しい)

おかげさまで年明けをはさんだ連休は、幸塾と、
福田純子先生が大統領をつとめる笑顔共和国の記念式典に参加し、
とても楽しい充実した休日を過ごすことができましたわーい(嬉しい顔)るんるん

いろいろとためになる貴重なお話がたくさん聞けたのですが、
とくに幸塾での、胎内記憶を研究されている池川明先生の講演で、
「悪い人も嫌な人もそれぞれこの世で自分の役割を果たしているのだから、
相手を変えようとするのは間違い」
というお話が印象的でした。
「まわりの人のせいにして、相手を変えようとするのがいかにムダか」
というのがよくわかった気がします(笑)


さてさて、好評いただいている『発酵する生き方』(寺田啓佐氏著)、
『ヤマトごころ、復活!』(池田整治・福田純子両氏の共著)
ですが、それぞれ今度の週末に行われる予定のイベントで、販売していただけることになりましたわーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)

どちらも時間が許せば、私もぜひ参加したいと思うような、面白そうなイベントですexclamation


まずは『発酵する生き方』が登場するトランジション渋谷発酵部さんのイベントをご紹介します。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

トランジション渋谷発酵部主催「どぶろくの会」 

オトナのサークル活動、トランジション渋谷では、楽しく逞しく美しく日々の暮しと街作りを遊んじゃおうというノリでワクワクすることどんどんやっていきます。

多種多才で個性溢れるメンバーが揃っているので、それぞれの人を軸とした部活が次々と立ち上がっていく予感が・・・

第一弾として、発酵部が立ち上がりました。
部長は、代々木上原駅前の「からんころん食堂」オーナーシェフ「水口亮子さん」。
ベジでオーガニックでとってもピースフルな雰囲気が漂うお店です。

スターティングイベントは、なんと「どぶろく造り」!
それも、寺◯本家直伝。
一般の方の参加も可能です。人数限定なので、興味ある人は早めにご連絡下さいね。

詳細はこんな感じです♪

〜トランジション渋谷 発酵部 どぶろくの会〜

日時:2013年2月15日(金)
朝の部:9時30分〜11時30分
夜の部:19時30分〜

内容:どぶろくを作ってみよう♪
どぶろく作りを通して、菌レベルで
交流しながら、発酵についての理解
を深めます。

朝の部は、発酵物のオヤツと甘酒
とお土産の"かむたち(寺田本家さん
の米麹)"つき、
夜の部は、発酵定食とお土産の"かむ
たち"つきです。

どぶろく作りのデモンストレーショ
ン、試飲、発酵に関する話、食事(朝
の部は発酵おやつ)をしながら、交流
しましょう。

顧問の先生:かっちゃん先生(僕の事です)

定員:各回15名ずつ

参加費: 朝の部 5000円  (発酵オヤツ、甘酒、玄米麹かむたち付)
             夜の部 6000円   (麹や酒粕を活かした発酵定食、玄米麹かむたち付) 寺田本家のお酒も飲めます(別料金)

お名前・携帯番号・メールアドレス・参加規模の部を、からんころん食堂あてにご連絡くださいませ。
メール karankoronshokudo@hotmail.co.jp
電話
03-5465-2210
FAX
03-5935-7902

台所に普通にある備品を使って、誰でも造れちゃう方法を伝授しちゃいますよ♪  
書店ではなかなか手に入らないレアな書籍の展示販売もあります。勿論、書籍も発酵してます(笑)。

良かったら遊びに来て下さいね。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

主催者の活日人さんのブログもぜひご覧くださいませ。



そして、『ヤマトごころ、復活!』が登場する、白駒妃登美さんの講演会です!

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

よこたんです(^_^)/

日本の後世にずっと伝えたいお話しです♪

★イラン・イラク戦争の秘話
1985年3月17日、「いまから48時間以降、イラン上空を飛ぶ航空機は無差別に攻撃する」
とフセイン大統領が宣言。
日本政府の判断の遅れから、日本人の脱出が困難となりました。
在イラン日本大使館は、必死で各国と交渉したものの、どの国も自国民の救出に手一杯で、
応じてくれる国はありませんでした。
200名以上の日本人は空港で危機に瀕していました。
その時、トルコの民間機2機が空港に飛来、間一髪で日本人全員を救出し、
日本まで無事送り届けてくれました。
事情は誰にもわからなかったのですが、のちに駐日トルコ大使は次のように語りました。

「エルトゥールル号遭難の時、日本人がしてくれたことを私たちは忘れていません。
トルコでは子どもたちでさえ、エルトゥールル号のことを知っています。
だから、イラクで困っている日本人を助けようとトルコ航空機が飛んだのです」

トルコ政府は、日本人が脱出できずに困っていることを知り、
自国民救出のためにチャーターした最後の民間機を、日本人救出に振り向けたのでした。
その結果、トルコ人500名は陸路でイランを脱出しました。

★エルトゥールル号事件とは
1890年(明治23年)9月15日夜、トルコの軍艦エルトゥールル号は和歌山沖で台風に遭い沈没。
650名が海に投げ出され、69名が大島村(串本町)に助けを求めました。
住民たちは総出で生存者の介抱に当たりました。
住民は、衣類や食料を提供しましたが、たちまち底をつきました。
非常用のニワトリすら供出するなど、献身的に生存者たちの回復に努めました。
島を挙げての捜索で219名の遺体を収容。
遺体は遭難場所を見下ろす丘に手厚く葬られました。
政府を上げて遭難者に対する支援が行われ、生存者は日本海軍によって、
翌1891年1月2日にトルコのイスタンブルに送り届けられました。
このことはトルコ(オスマン帝国)国内に大きな衝撃を与え、いまでも広く知られるようになっています。
その後、和歌山には、立派な慰霊碑が建設され、毎年、エルトゥールル号慰霊祭が行われていて、今年の6月7日の追悼式典には、来日中のトルコ大統領も出席しました。

このお話しも白駒先生の定番の一つです。

日本ではあまり伝えられていない日本と日本人の素晴らしいお話の会を開催します。
日本人としての誇り、自信を取り戻し、きっと日本人でよかった〜、日本は素晴らしいという想いがこみあげて、うれし涙があふれてきます(*^_^*)

テーマ
ニコニコクラブ 日本再発見シリーズ第2弾
日本人の生き方T〜この時代の日本を選び、生きる人たちへ〜

日時
平成25年2月17日(日)13時30分開演(13時15分開場、16時30分終演予定)

会場
下落合コミュニティセンター
さいたま市中央区下落合1712
(JR与野駅 西口 徒歩3分、駐車場無)
http://yahoo.jp/xqi_Qo

会費
前売り一般2,000円 学生1,000円
(小学生以下と介助者は無料、当日は500円増し)

主催
ニコニコクラブ〜みんなが幸せな笑顔になりますように〜

連絡
横田 忍 (よこたしのぶ)
080-3113-9401
yokochanTAC@softbank.ne.jp

横田 亘(よこたわたる)
070-6921-4271
wataruyokota@willcom.com

講演者(白駒妃登美さん)紹介

埼玉県生まれ、福岡県在住。慶應義塾大学経済学部 卒業。
大手航空会社に国際線の客室 乗務員として7年半勤務し、退社後、二児のお子様を授かったのち結婚コンサルタント「マゼンダ」にて活動中。
歴史の話を交えての婚活カウンセリング、婚活セミナーは大好評。

2009年、ひすい こたろう氏と出会い、独自の視点をもつ歴女ぶりに注目されてから、東京・福岡・大阪等で、歴史が苦手でも、歴史が大好きになってしまう歴史講座を行う。講座では「こんな歴史の先生に出会いたかった」と、涙する参加者が続出。

2011年6月 ひすいこたろう氏との共著“人生に悩んだら「日本史」に聞こう〜幸せの種は歴史の中にある”を祥伝社から出版。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

主催者のよこたんさんのブログもぜひご参考ください。

池田整治先生もご来場予定だそうで、白駒さんと江戸の話で盛り上がるのでは?
と噂されていますわーい(嬉しい顔)


白駒さんといえば、みやざき中央新聞でも今講演会の内容が掲載されています。

そのみやざき中央新聞の水谷編集長は、昨日笑顔共和国の記念式典でスピーチをされ、
私もお会いしたばかり。

水谷編集長やスタッフのTさんとは読書普及協会のお仲間だし、
活日人さんやよこたんさんは幸塾のお仲間だし、
そういった会の活動を通じて、日本全国の仲間とつながって、
離れていても会える喜びがあったり、
同じ志を持つもの同士が助けあえたりするのって、なんだか嬉しいな〜るんるん
ありがたいな〜揺れるハートと思えます。


そんなお仲間の「ブックランドフレンズ」さんでも、『ヤマトごころ、復活!』を、
池田先生サイン入りで今週から販売してくださいますわーい(嬉しい顔)exclamation


ブックランドフレンズ
〒664-0846  兵庫県伊丹市伊丹2丁目5−10
072-777-1200
(予約注文可)

お近くの方はぜひ足を運んでくださいね♪

またウェブサイトから注文も可能です。

Amazonでも予約できるようになりましたが、
今の状況だとすぐ品切れになることが予想されますので、
ぜひフレンズさんのネットショップをご利用ください。


・・・最後までお読みいただき、ありがとうございましたぴかぴか(新しい)

2012年09月26日

『いのちのエネルギー』などのお礼および新刊&イベントのご紹介♪

またまたご無沙汰しております。
9月になって新刊の発売などがあり、仕事に追われているうちに、あっという間に最終週になってしまいましたあせあせ(飛び散る汗)

おかげさまで9月22、23日は、私が活動に参加している幸塾の最高顧問、船井幸雄先生のオープンワールドが開催され、大成功のうちに幕を閉じたとのことです。

私は23日は参加できなかったのですが、最後の船井幸雄先生のご挨拶の際に、川田薫先生の『いのちのエネルギー』を「いま最も読んでほしい本」としてご紹介くださったと伺いました。

そのおかげもありまして、たくさんの方にこの小冊子をお買い上げいただき、心から感謝いたします。

編集長の山内さんやスタッフの皆さんともどもがんばった甲斐があったと思うと、編集者冥利につきますし、何より多くの方が川田先生の命や魂のお話を知っていただき、安心して、使命を果たしながら、生きていけるようになるようでしたら心から嬉しく思いますぴかぴか(新しい)
船井幸雄先生および関係者の皆さまには心より御礼申し上げます。


また当日、寺田啓佐さんの『発酵する生き方』に続くSNB49シリーズの第二作目を無事発売することができました。

代替療法ホメオパシーの日本での第一人者、由井寅子先生の新刊『愛の時代へむけて いまホメオパシーができること』です。

この小冊子を作る過程で何度も涙しました。ぜひご縁のある皆さまには読んでいただきたい一冊です。


torako009.jpg


『発酵する生き方』『愛の時代へ向けて』のほか、拙著『実話 病父を尋ねて三百里』、斎藤功明さん著『君に日本史を贈ろう』につきましても、オープンワールド等でたくさんの方にお買い上げいただき誠にありがとうございました。

由井先生の新刊は、9月29〜30日のJPHMAホメオパシーコングレスにて販売されるほか、今後Amazonなどでも販売させていただく予定です。

取り扱い店舗が決まり次第またご紹介させていただきますわーい(嬉しい顔)


ひらめきさてさて、9月29日は川田薫先生もご縁のあるヒマラヤ聖者のヨグマタジと、兄弟弟子であるパイロットババジの、ワールドピースキャンペーンが東京で開催されます。
「ヒマラヤ聖者に学ぶ会」では今年単独開催のイベントはありませんが、ワールドピースキャンペーンを応援しております。
http://worldpeacecampaign.blogspot.jp/

お二人の聖者が集う貴重な機会をお見逃しなく揺れるハート


ひらめきまた9月29〜30日は、JPHMA ホメオパシーコングレス(地方中継あり)で川田薫先生の講演会もあります。
由井寅子先生はもちろん、幸塾専務理事の大下伸悦さんや、飯島秀行先生などもご登壇されるほか、池田整治先生などもゲストでいらっしゃる予定だそうですわーい(嬉しい顔)

http://jphma.org/congress2012/


ひらめきそれと同時ですが、9月30日ににんげんクラブ東京支部が協賛するイベント、「江戸しぐさ講演会」(東藝術倶楽部主催)も開催されます。

詳細は下記の通りです。

お申し込みと詳細: http://www.azuma-geijutsu.com/event2012,9,30.html

1 日時:9月30日(日)開場13時、講演13時30分〜17時

2 会場:新宿歴史博物館2階講堂(場所
http://www.regasu-shinjuku.or.jp/?p=91
     (100名収容可) 

3 講師:越川禮子先生(NPO法人「江戸しぐさ」理事長)
    (池田整治先生、縄文の歌姫キリロラ☆さんもご出演の予定です)

4 主催:東藝術倶楽部

5 協賛:にんげんクラブ東京支部

6 参加費:会員3,000円(協賛の会員含む)、一般3,500円

7 懇親会:17時30分〜19時30分予定
      30名限定(先着順)、会費5,000円(アルコールあり)、4,000円(同なし)

ひらめきそれからそれから(笑) 11月3日は村上和雄筑波大名誉教授のドキュメンタリー映画「SWITCH」を制作されました、サンマーク出版の鈴木さんが企画されているイベントがあり、とても面白そうなので紹介させていただきまするんるん

・いのちの輝き発見セミナー いま、「食べる」ということ
https://www.sunmark.co.jp/seminar_event/details.php?seminar_cd=2012110300

映画「不食の時代」の主役の森美智代さんや、一日一食で話題のお医者さん、南雲吉則さんなどがご出演されるそうです。


以上、面白そうなイベント紹介でした(笑)


8月の二孝女のふるさと臼杵訪問記や、石井達也さんの「楽しい営業研究会(たの研)」のレポートもしたいのですが、なかなかブログの更新が追いついきませんふらふらたらーっ(汗)

次は斎藤一人さんも楽しみにしてくださっているという、たの研の季刊誌『楽笑』の出版を予定しております。
たの研の皆さんの体験記もまたすばらしいんですよね〜るんるん

読書普及協会チームいばらきの活動で、常陸太田市の石川治療院さんで知り合ったのが石井達也さんでした。現在「たの研」で仕事や人間関係に悩むたくさんの方々に生きる希望を見出してもらうため、素晴らしい活動をされていますぴかぴか(新しい)


本を読んでくださった皆さんが幸せになってくれることを願って……がんばりま〜すわーい(嬉しい顔)手(グー)


・・・最後までお読みいただきありがとうございましたぴかぴか(新しい)

2012年06月14日

『君に日本史を贈ろう』『発酵する生き方』の出版について♪

先日ご紹介した編集作品についてお知らせです。

ひらめきまず、齋藤功明さんの『君に日本史を贈ろう』ですが、
ついに書店販売がスタートしました!

早速水戸市在住の友人、上野さんからも嬉しい感想をいただきました^^

*************************************
あらためて齋藤先生の本は面白いですね〜
買って本当によかったと思っています。
僕の知識はだいぶ前のものですが、齋藤先生の本は新鮮でした。

それぞれの時代で物語があり、だれでも主人公になれる、
歴史はそんなところや見方が面白いと思っています。
ちょうどNHK大河で清盛をやっていますが、
あのころの記述も興味深かったです。
もっと詳しく読ませてもらいます。
続編が出たらまた教えてくださいね。
*************************************

そしてなんとこの本が、書籍取次店の大手、トーハンさんの、
図書館向け推薦作品として選ばれたそうですわーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)

トーハンさん、ありがとうございます揺れるハート

たしかにこの本は、本当に歴史の流れがよくわかるので、
歴史を学ぶ高校生、大学生から、日本史のことを知りたいと思うすべての大人まで、
私からもぜにお奨めしたい一冊です本

amazon楽天ブックス紀伊国屋ブックスなどのネット書店で販売されるほか、
一般書店でもご注文いただけます。
下記のISBNナンバーをお伝えいただくと注文がスムーズにできると思います。

書店流通の手続き上の問題で「在庫確認」となっていたりしますが、
在庫はありますので大丈夫ですわーい(嬉しい顔)

SNB本002.jpg

『君に日本史を贈ろう』
著者:齋藤功明
価格:1575円
出版社:新日本文芸協会
ISBN-13: 978-4434166198



ひらめきそして、寺田啓佐さんを偲ぶ会でお配りした小冊子『発酵する生き方』ですが、
おかげさまで「寺田さんの思いがよくわかる小冊子」としてご好評いただき、
寺田家の皆様のご了承をいただきまして、
これから販売をさせていただくことになりました。


SNB本4.jpg

(ちょっと表紙デザインが変更になると思いますが、こんな感じです)

寺田さんの思い、発酵のことが、広く世の中に伝わっていったらなあ・・・黒ハート
と思っています。

ただいま改訂版を作成しており、販売ができるようになりましたら、
またこちらのブログでもお知らせいたしまするんるん

購入・販売をご希望の方はお知らせくださいねわーい(嬉しい顔)
daihyo@liumeis.com
リュウメイズ企画 橋本まで

おかげさまで川田薫先生の『いのちのエネルギー』も大評判のようですぴかぴか(新しい)

先日も読んでくださった方が、
「川田先生のあの優しい雰囲気がそのまま伝わってくる感じ」といってくださって、
そんなことを言われたらもう、編集者冥利につきます〜〜って感じですわーい(嬉しい顔)ハートたち(複数ハート)


これからもどんどん、今の世の中に必要な情報を
どんどん発信できたらいいな〜〜と思っています揺れるハート


・・・最後までお読みいただき、ありがとうございましたぴかぴか(新しい)

2012年05月21日

三冊立て続け。

すっかりブログの更新も滞ってますねえ・・・たらーっ(汗)

おかげさまでここ最近は、本業の編集の方で忙しい毎日を送っていますわーい(嬉しい顔)

なんと4月の末から自分の関わった本・小冊子が3冊もできちゃいました(笑)

編集作業のときはすっかりその本の世界に入り込み、
魂が入り込んでしまうといってもいいくらいになります(笑)黒ハート
そうやって思い入れたっぷりぴかぴか(新しい)でつくった本たちが、
形になると、ほんとに嬉しいですね〜揺れるハート


まずはそのひとつ目。
前回お知らせしました『君に日本史を贈ろう』齋藤功明さん著。

SNB本002.jpg

印刷の刷りなおしなどがあって発行が遅れていますが、
もうまもなく新日本文芸協会きれいねっとのネットショップや、
amazonなどのネット書店でも買えると思いますわーい(嬉しい顔)


そして二つ目は、『いのちのエネルギー 〜そのしくみから、生きる意味を考える』
川田薫さん著。

こちらは編集長山内さんのもとで基本的な編集作業をさせていただきました。


SNB本003.jpg

まもなくきれいねっとのショップに登場すると思います。


そして、5月19日の寺田本家当主・寺田啓佐さんを偲ぶ会で、
参加者の方々に特別にお配りした、
『発酵する生き方 うれしき たのしき ありがたき』寺田啓佐さん著。

SNB本4.jpg

SNB本5.jpg

・・・という紹介をしたところで、時間がなくなったので、
今日はこの辺で〜。

各本の詳しい説明はまた後日いたします。

・・・最後までお読みいただき、ありがとうございましたぴかぴか(新しい)

2011年06月07日

誰もが文化・芸術を楽しめる時代へ

さて、先日の話の続きで、
二孝女の本が完売になったことが、自分にとって良い経験になった、
と言うお話です。


私が所属する新日本文芸協会(SNB)という団体は、
「だれもが気軽に文化・芸術を楽しめる時代を創ること」
を目的に活動をしている事業共同組合です。

出版のサポートも、
「自分を表現したい」と思った人が誰でも、
本や小冊子などを出版し、自分の思いを発表できるようなシステムを作りたい、
というところから始まりました。


出版業界では、
毎日たくさんの出版社からたくさんの本が出ていますが、
その中でも書店に並ぶのは、ほとんどの場合、
ある程度の販売部数が見込めると判断されるような、
多くの人にアピールできる本に限られます。

出版社にはかなりの投資が必要ですから、
「商品として」としての価値を厳しく判断されるわけです。

そのように出版社に「商品価値」を認められる本は極めて少ないため、
多くの人が本を出したいと思ったら、出版の費用を著者側が負担する、
という話になってきます。


しかしながら、出版にかかる費用が多くて、
その回収が難しい、となれば、
著者の負担が大きくなります。


私も、PR用の本など予め自己負担を考えている方はともかく、
なるべくお客様に損をさせないような本作りがしたい
という思いがあります。


そこで、著者が継続して本を出し、
作品を発表し続けられるような仕組みを作りたい、
とSNBでは考えています。

そのため、各所属団体が、
出版コストを抑えるシステムを作ったり、
ネット通販や、講演・販売会を実施して、
費用削減と本の販売のサービスを充実させています。


このSNBのシステムの中で、私も実際に本を出してみました。

すると、最初は
「この冊数を販売するのに、
一体どれくらいの年月がかかるだろう・・・」
と思っていたものが、
皆様のご協力により、初版を完売することができました。

私の本は、何も特別ではなく、
書店でも販売を断られているような本です(笑)

著者と出版社が協力し、十分計画して本を出せば、
最初から一般書店に置いてもらえるチャンスがなくとも、
販売はできる。

そのことが分かったという意味で、
私にとって今回のことが大変勉強になりました。


誰でも本を出版することによって、
新しいステージにあがり、
新たな人生と出会うことができますひらめき

皆が今よりもっと気軽に、
それぞれの表現手段を楽しめたら、
本当に人生が豊かになるだろうと思いますぴかぴか(新しい)


もしも今「本を出したいけど、出せない」
と思っている方がいましたら、
ぜひご相談ください。

何が障害になっているのか、どうしたら解決できるのか・・・?
ぜひ一緒に考えていきましょう。



それから・・・
編集の仕事をしていると、
「多くの人に読んで欲しい素晴らしい内容」
というものに出会います。

そういった本の販売についても、
また今度お話したいと思います。


・・・最後までお読み頂き、ありがとうございますぴかぴか(新しい)