2019年10月23日

起死回生の令和晴れ

ここ最近、台風19号の被害とか、
東須磨小教師いじめ暴行事件のような衝撃的なニュースがあって
自分や家族に被害が及んでいるわけでもないのに、
何だか心痛めることが多くてもやもやした感情を引きずっていた日々でした涙ぽろり

自己啓発的には、他人の出来事であれこれ気を揉むのって、
自分の幸せにフォーカスしていたら周りも幸せになっていくってことを考えたら、
かえって逆効果なんですけどね・・・困り

わかっててもついつい被害が気になっちゃうあせあせ(飛び散る汗)

でも、そこで思い出したのが、先日ブログに書いた

自己啓発的には正しくないとしても、
気になちゃうんだからしょうがないじゃんね〜〜
それだって愛の表現ってことでオケ!

と開き直って全部認めることにしたら、
なかなか消えなかったもやもやした感情がすっきりしてきました(*^_^*)

自分も周りも幸せにするための自己啓発なのに、
いつの間にか「その通りにすべきだ」って枠にとらわれて
逆に自分を責める材料にしてた気がします^^;

まずは、その通りできない自分でもいい!それだって愛だよ!って思うところからですね。


・・・・・・

そんな中、昨日は朝から台風19号を彷彿とさせる大雨。

娘の部活も中止になり、外出できそうな状況でもなく、
家でのんびり即位礼正殿の儀をテレビで見てました。

5月1日に皇位継承の儀式があったとき、
それまで雨だったのに儀式が始まったとたん急に晴れたので、
昨日も儀式前に夫が「今から晴れるよ」と「天気の子」の陽菜ちゃんばりに予言(笑)。

そしたら、本当に儀式直前まであんなに大雨が降ってたのに、
急に太陽が覗いて光が差してきたので、びっくりしました!

雨になったのも「天叢雲剣」の伝承通りだというし、
虹まで出て、富士山も顔をのぞかせたって聞いて、さらに驚きびっくり

思わず「愛にできること〜はま〜だあ〜るか〜いメロディ
って口ずさんじゃいましたよ(Radwimpsの主題歌)


最近また気象操作なんていう話題をよく聞くようになったけど、
もし人間が人為的に天気を操作しようと思っても
きっとこんな神業は無理ですよね。

以前本の編集をさせていただいた藤原直哉先生が
「人間の浅知恵が天の采配にかなうわけがない」
ということをおっしゃっていましたが
まさにその通りだと思います。

悪天候までも味方につけてしまう
天の采配としか思えない奇跡的な天気から、
今生天皇と天とのつながりの深さを感じ、
そこから天皇のお人柄というものを感じて
じーんと感動しました。

その天とのつながりっていうのは、
私たち一人ひとりがみんな必ず持っているもの。

とくに日本に住んでいる人はそれが強いのではないかな、という気がします。

言い換えれば、それって、誰でも奇跡のようなことを起こせる力があるということ。

今は世界的に不景気だし、消費税も上がっちゃうし、
日本がこれから良くなるわけない、なんてつい悲観的になっちゃうけど、

そんなこと言ってる場合じゃないな。

ここから自分たちの力を信じて奇跡を起こさないとな。

それが天からの私たちへのメッセージであり、天皇家からの日本国民へのメッセージ。

と、個人的にはそのように受け止めています。



DSC_0858.jpg
夏休みに遊んだ山田川の写真。今回氾濫せずにすみました。


愛にで〜きることはま〜だあ〜るよ〜メロディ(やっぱり最後はコレ)































この記事へのコメント

この記事へのトラックバック