2019年10月16日

台風とシャドウサイド

前回のブログでは台風15号でしたが、今回はまた19号の被害があり、心が痛みます。

自分や家族は無事だったけど、なんだかショックが大きくて、まだまだ被害が気になってほかのことが手に着かない感じ・・・青ざめ

やっぱり、被災地として報道に出てくる地名の7〜8割が行ったことある場所で、あまりにも身近すぎる、というのが大きいようです。

故郷の常陸太田市でも旧金砂郷村のあたりで氾濫したほか、隣の大子町や常陸大宮、常磐道からいつも見える水戸北インターの真下、いわき市や郡山、川越市に坂戸市、東松山市、奥多摩、二子玉川や武蔵小杉、相模原に箱根、上越市、5月に北陸新幹線で通ったばかりの長野駅とか、アウトレット行ったばかりの佐野市・・・。

たぶん東日本を移動することが多い人なら身近に感じる場所ばかりではないかと思います。

一日も早い回復と亡くなった方々へのご冥福を祈らずにはいられません。


ここから、個人的な台風体験の話です。

台風のつい3日前ぐらいまで、12日に久しぶりに友人たちと集まる予定で、大阪や名古屋のなかなか会えない友達もいたので、どこに行こうか?なんてLINEで話し合いながら楽しみにしていたのですが、その日台風がほぼ確実に来るという予報が出て、残念ながら延期に。

その後、伯母が亡くなり、告別式に出席するために12日か13日に帰省できないかと思って調整していたのですが、今回の台風は相当大きいらしいと聞いて、事前まで迷って取りやめました。

予定調整しつつもその間、家や車の防災用品を見直し、新たに必要そうなものを買い出しに行って、忘れたものをまた買いに行ったりして(笑)、すっかり台風準備疲れに(;・∀・)

でも結果的にここまで身近に被害が及ぶと、たとえ使わずとも防災の準備をしていたことが安心材料になってよかったと思いました。

また、週末の予定は変更になったけど、おかげで早くから台風情報をキャッチできて準備を早めにしたので、11日に何も売ってないスーパーで水や食品が買えなかったり、ガソリンスタンドの長い列に並んだりというような苦労はせずにすみました。

備えは早めにしたほうがいいですね。また、今回関東では先日の千葉の被害から教えてもらって準備できた人が多かったと思います。

そして12日当日。朝から聞いたことのないような雨音が続き、確かにこれは普通の台風じゃないな、と感じました。
昨年豪雨被害のあった福岡の人が「ゲリラ豪雨が一日中続く感じ」と言っていたけど、それに近いかもしれません。

台風が近づくにつれて風も強くなり、雨戸を閉めると、シャッターに吹き付ける雨と風ですごい音。
どうなるか不安だったけど、家は比較的高い場所にあるせいか水かさも増えず、10分程度停電しただけで電気も水もガスも問題なく使えて、家で無事安全にいられることに自然と感謝の気持ちを感じながら過ごせました。

翌日になって、川があちこち氾濫しているのを知りました。

茨城への電車も高速道路も不通。実家に行くにはどこかで那珂川を渡る必要があるのですが、13日朝にはもう氾濫が始まっていたとのこと。帰省していたら大変なことになっていたかもしれません。

日中は一般道の橋が一時全部不通になったという情報もあり、常磐道を通った親戚によれば、水戸北インターのあたりで高速道路の数メートル下まで水が来ていたそうです。

ただ、SNSではもう朝のうちから那珂川が霞ケ浦かよってくらいすごいことになっている写真が次々とアップされていたのに、テレビで見ていてもそのニュースが昼過ぎまでまったく何も入ってこなくて、あまりの情報の遅さにメディアの報道の限界というのを感じさせられました。

テレビがあって助かったし、Nを潰せとは言いませんが、そこに出てこない真実があるということを緊急時にはちゃんと自覚したほうがいいな、と。

・・・そんな感じで過ごした台風の日々でした。
もし今回の台風が大したことなかったとしても、安全を取って無理をしなかったことは正解だったかな、と思います。


DSC_1085.jpg
台風一過の穏やかな空。


そんな中、ちょうど出たばかりの編集協力の新刊


51fpALpULJL._SX348_BO1,204,203,200_.jpg


著者のまさよさんが、「この手帳はお守りになるので、ぜひ持っていてほしい」とおっしゃっていました。

この手帳の中で、まさよさんがインスピレーションをうけておっしゃっているのが、
「来年のキーワードは鬼」ということ。

Amazonのレビューに書いてくださった方がいて、そうか、鬼って艮の金神なのか、と思いました。

艮の方向というと、今回の被災地の東北のあたりともいわれていますね。

大和朝廷が東北に追いやって征伐した蝦夷の人たちを「鬼」として、
仕返しを恐れたので、艮=鬼門と言われるようになったともいわれます。

そのまま現在まで、日本の歴史のメインストリームの中ではずっと、大和側=善、鬼=悪、とされてきているんですね。

ところが、来年からは本格的に鬼が復活するそうです。

それは、手帳にもあるように、これから「今まで悪とされてきた人が悪ではなく善だとわかる」とか「影にいて虐げられてきた人たちが脚光を浴びる」時代が来るということでもあるのかな、と思います。まさに鬼王の復活・シャドウサイド(妖怪ウォッチ)。

ただそういうのを、陰謀論では「今までの権力者は、善のふりをしているけど本当は悪人なのだ」と言ったりして、ともすれば私たちはどちらかが悪でどちらかが善のような言い方をしてしまいがちですが、本当は何が悪で何が善なんだって決めつけられるものではないんですよね。

「悪が善になり、善が悪になる」というよりは、善・悪という二元の世界だったものが、これまで邪魔にされてきた悪のほうが注目され、善でもあることが知られることにより、私たちが悪と善が表裏一体であることに気づき、「善も悪もない一元の世界」に近づいていく。

艮の金神といえば日月神示が有名で、私も全部読んだわけではないのですが、「悪を抱き参らせる」という言葉は、まさにそうやって「善も悪もない世界に近づく」という意味なんじゃないかな、と思ってます・・・というよりはそういう世界になることを願ってます。


・・・といいつつも災害は怖いので、まずは来年この女神手帳をお守りにして過ごしたいと思っています(*'▽')

















この記事へのコメント

この記事へのトラックバック