2018年01月16日

かわいそうと思えばかわいそうな現実が創られる

年末にブログで書いたように、2018年は、
昨年自分のダメさ加減を
徹底的に思い知ったところから心機一転、
もう一度一からやり直す気持ちですがすがしく迎えることができましたぴかぴか(新しい)


そうなるきっかけとなった気付きの体験が、師走にあり、

その時の脳内会話がこんな感じだったんですね。

会話は思考ちゃんと(顕在意識ちゃん)
本音ちゃん(潜在意識ちゃん)


思考ちゃん「最近、娘の宿題がなかなか終わらなくて、
付き合ってたら毎晩寝るのが遅くなるし、
朝も早く起きないといけないから寝不足〜。

でも娘に付き合って早く寝たり起きるのを
やめるのは今の私には無理・・・。

更年期もあってつらいんだけど、
二度寝すると活動時間が短くなって
やりたいことがなかなかできないし仕事も進まない・・・。

ああ、みんなが普通にこなしている日常生活が
なんで私はできないのか・・・orz」


本音ちゃん「バッカモーン!!むかっ(怒り)(波平さん風)
カツオっ、イヤ自分、いつまで環境や体のせいにしとる?
今の環境や自分の体は自分のために
一番いい状況になってくれているんじゃぞ!
それをお前はいつまでも
嘆いているばっかりで、情けない!
そんな暇があったら
今の状況をどう生かすかを考えんかいっ!!」

・・・これがちょうど昨年も一緒にお仕事できた
子宮委員長はるさんの神婚イベントの時で、
参加はできなかったのでこんなお花を送ったのですが、
遠隔参加となり、子宮の声(=本音の声)が
聞こえまくりだったのかもしれません(笑)

あっそうだ!!ってさすがの私もガツーンと目が覚めましたがく〜(落胆した顔)

「ハンディは糧」
「石ころはすべてダイヤモンドの原石」
「すべての経験は自分のため」
「自分のダメなところや失敗が、
他人には真似できない一番の自分の魅力となる」

なんて言葉は誰かの成功物語の
聞きあきた陳腐なフレーズではなく、
誰にでも当てはまる真実。

それは自分でも経験してよく知ってたつもりだったのに・・・なのに・・・

今の自分は、普通にできないことを責めるばかりで、
自分の置かれた状況を生かそうとすることも、
生かすことができると信じることもできてなかった・・・

もう自分がすごい考え違いをしてた気がして
ショックでした((( ;゜Д゜)))


このことに気づいて以来、現状に対して泣き言言ったり
いじけることが少なくなってきて、
どんなに今の自分から遠く離れたところにある夢でも、
自分でムリってあきらめたら終わりだけど、
あきらめなければいつか叶うかもしれないじゃんぴかぴか(新しい)
って希望が持てるようになったんです。


それでもうそういう心境にたどり着いただけでも
自分にとっては大きな転換だったんですけど、


その後しばらくして、ついこの間、
さらにまたはっと気がついたことがあったんです。


その時の本音ちゃんこと脳内波平さんはこんな感じでした・・・

本音ちゃん「カツオ、いや自分、オマエはいつも
うまくいってるときは『私ってラッキー♪』なんて現金に思っとるが、
物事が思い通りに進まなくなったとたんに
『私ってかわいそう』なんて自己憐憫しとるのう。
しかしオマエは、本当にかわいそうなのか?」

思考ちゃん「あれ?、そう言えば確かに、
いつも自分がかわいそうと思ってる訳じゃないから
全然気づかなかったけど、
私うまくいかないと無意識に私はかわいそうな人とか、
不幸な人間だとか思っちゃってたよ!
でもよく考えたら全然かわいそうなんかじゃ
なかったんじゃね!?
コワッ、私知らんうちに
『ケースバイケース妖怪かわいそう』にとりつかれてた!」

「妖怪かわいそう」ってまるで他人事のように思ってたけど、
無意識に心の中に住み着いてて、
時々呼び出しちゃう進化系のヤツがいるらしいです(笑)

だけどよく考えたら自分にとっては、
体調不良でもかわいそうじゃないし、
けがしてもかわいそうじゃないし、
お金がなくてもかわいそうじゃないし、
人に裏切られても、怒られても、大切な人やものを失っても、
ダイエット失敗しても、目の前で電車がいっちゃって時間に遅れても、
「私ってかわいそうなんだっけ?」と問いかけると全然かわいそうじゃない。

ただ昔からの思いぐせ、習慣で
「自分ってかわいそう」ってとりあえず思ってただけ。
とりあえずビールビールじゃあるまいし…(;^∀^)


ってことは・・・
と、ここでさらなる気づきが。

「あれ?良い感情が良い現実を創造するっていうよね?

だったら逆もまたしかりで、
自分ってかわいそうって思ってたら、ますます
自分がかわいそうって思わせるような
現実が創られるんじゃね?Σ(・∀・;)

うわーそれ全然気づかなかった!盲点だった!

自分の現実がうまく好転しない原因は
この辺りにあるような気配がビンビンするよ?!」

・・・てな感じで(;^∀^)

自分の思い込みがかなりヤバいことに気づいたので、
もう自分がかわいそうとか不幸という思いぐせからは
キッパリ足を洗うことにしました!ε=ε=(ノ≧∇≦)ノ

まずいことに、自分をかわいそうって思ってると、
他人のこともかわいそうって思ってしまうんですよね。

でも他人についても、
かわいそうって思うと
かわいそうな出来事がその人に起こってしまう
のならば・・・
「あの人はかわいそうだから助けてあげなきゃ」
まったくの逆効果になっちゃいますよね。

世の中では誰かに同情してあわれむことが
美徳のように思われているところがある気がするけど、
それでは相手を幸せにはできないんですねがく〜(落胆した顔)

なのに私、間違ったボランティア精神ありまくり
よく「あの人はかわいそうだから何とかしてあげたい」だの
自分よりもっとかわいそうな人がいるのに自分だけ幸せになるなんて」だの、
相手の傷口に塩を塗るようなことばっかりしてたわ(;゜∇゜) と思いました。

確かに振り返ってみると、
かわいそうだからと思って助けようとした相手が
なぜかその後もずっとかわいそうな状況から抜け出せない・・・
なんてこともよくあったし、
なんならこちらが逆に嫌な思いをするようなことがあって
疎遠になることもあった。

(今考えると相手にとっては、
自分を哀れむ人と付き合ってたら
いつまでも哀れな現実から抜けられないから、
関係を絶とうとするのも当たり前だった。)

かわいそうな人を助けたい気持ちで
NGOやNPO活動をしようとしても、
ことごとくうまくいかなかった。

昔から斎藤一人さんなんかが
「相手が困ってると思ってお金をあげると、
その人が困ったことになるからやめな」
みたいなことを言ってましたが、まさにこういう仕組みですねたらーっ(汗)

人に何か手を差し伸べようとするときは
「あなたはかわいそうだから助けるよ」じゃなくて
「あなたは今充分幸せだけど、
私は今あなたに何かしてあげたいと思ったから
自己満足で手を貸すよ」
ぐらいの気持ちがいいのかもしれませんね。

だって、人が病気しても、けがしても、
お金がなくてもかわいそうじゃないし、
人に裏切られても、大切な人やものを失っても、
ダイエット失敗しても、電車が目の前でいっちゃって時間に遅れても、
それらの体験はすべてその人の糧にできるのだから。
誰もが原石を宝石に変えられるのだから。

いつかその経験を生かして私なんかよりもっと
健康的でしあわせなお金持ちになるかもしれないのだから。

もっと言うなら
最貧国の貧困層に育っても、
親にすごい虐待されても、
会社が倒産しても、
借金取りに終われても、
大切な人を亡くしても、
事故やけがで一生治らない傷を負ったとしても、
その時その時が苦しいのはわかるけど、
その人の人生を長い目でみたら、
不幸だと思うのは間違い。

一度不幸を体験すると、普段の幸せがわかる。
大きな不幸は、幸せをより大きくする。
不幸は幸せのためにある。

だから私も誰かも、決してかわいそうではない。不幸ではない。
かわいそうを買ってはいけない。不幸を買ってはいけない(←一応シャレ)


DSC_0817.JPG
初詣に行った村松さん、すごい寒かったけど、
夕日がとてもきれいでしたぴかぴか(新しい)


・・・そんな脳内会話が繰り広げられたのがこの年末年始。

おかげで、風邪気味だし、目は痛いし頭痛や吐き気がするし、
電気製品壊れまくって予定外の出費がかさんで・・・と
今までは凹みまくっていた状況でも、
私は全然かわいそうじゃないって思えるようになり、
何だかやる気になって来ちゃいました(笑)


新年早々、長年の思い込みから外れて、
これから先どうなるのかが楽しみです。

DSC_0818.JPG
ぼ〜〜〜〜ん。
鐘の音とともに、かわいそうな自分からさよならしよう。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック