2018年01月15日

あらためて、新年のご挨拶+新春初マニアック情報

2018年になりました。すでに2週間経ってますが、明けましておめでとうございます!

昨年も当ブログをご愛読いただきありがとうございましたぴかぴか(新しい)

年末年始はシンガポール時代の友人が一時帰国して、一緒にイルミネーションを見に行ったり。

26236401_10214916165242312_571860858_o.jpg
森林公園にはじめて行ってみました。

DSC_0667.JPG
派手な感じじゃなく、点在するイルミネーションをのんびり散歩がてら見るユルい感じが良かったですハートたち(複数ハート)

DSC_0713.JPG
26134166_10214916168442392_1775924365_o.jpg
隠れていたドラゴンが光る演出。(シンガポール在住Mさん撮影)

DSC_0743.JPG
犬でなくてパンダが新年のご挨拶。

城を見に行田市に行ってみたり。


DSC_0645.JPG
このあたりを走ってる人がたくさんいましたくつ

たまたま入荷してた貴重な「陸王」まんじゅうをお土産に買ったり。

DSC_0666.JPG

その後、夫と自分の実家と姉の家に滞在して一週間過ごしました。

DSC_0848.JPG
子どもたちと今年も映画妖怪ウォッチ見ました!
いろんなパロディばっかりの妖怪ウォッチ、まさかの陸王が曲の逆マネでしたね(笑)


ところが、風邪気味なのに気分高揚して
珍しく大掃除や家事を張り切ってやったせいか、
お正月過ぎて自宅に戻ったとたんダウン・・・(|||´Д`)

ですが自宅では夫や娘が家事をしてくれたので、
数日何もせず休養していたら回復し、
この週末はお世話になった叔母の葬儀に参列することができました。


ちなみにそのわずか数週の間にコタツや洗濯機が壊れ、
炊飯器まで怪しくなって来たりと、
家計に大きな痛手を負っています…orz

こういうのはよく運が大きく好転する前にあることだから、
今回もきっといい旧正月を迎えるためのデトックスだと思うことにします(;^∀^)

そんな怒涛の年末年始が過ぎて今年の抱負などあらためて考えると…

今年は、ここ数年ドメスティックでおとなしくしてたので、
もっと海外進出飛行機していきたいなあ、って思ってます。

特に最近はまだ滞在経験のないボルネオがすごく気になってます。

そんなことを思っていた矢先に叔母の葬儀があったため、
海外経験豊富な親戚たちと会って、良い刺激になりましたリゾート

それと昨年、二孝女物語の映像化に向けてストーリーを考えていたら
創作の楽しさに目覚めたので、
これからもっとクリエイティブなことにも挑戦したいと思ってます。

スマホは控えめにしたいと思っていたところ、
年末年始に目の疲れがピークでかなりヤバくなってしまってたのでふらふら
SNSなどチェックする時間は減ると思います。

夜のメッセージ返信なども控えようと思ってます。

そんな私ですが、一緒に何か面白いことをしたいぴかぴか(新しい)と思う方がいたら
ぜひ何かしていきましょうねわーい(嬉しい顔)

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

デジカメ年賀仕事用2.jpg
例によって今年の年賀状。昨年の編集協力作品のうち、大下伸悦さんの本は前年に掲載したため省略。
本の詳細はこちら


そういえば初詣は東海村の村松虚空蔵尊でした。

DSC_0793.JPG

DSC_0809.JPG

DSC_0802.JPG
さすが地元の名刹。たくさんの人でにぎわっていました。


DSC_0798.JPG

DSC_0799.JPG

ここから先はマニアック情報(笑)

なぜ東海村村松の虚空蔵尊かというと、
「β崩壊の放射能はじめ分裂の科学で増大したエントロピーを融合し、
熱を冷ますのが虚空蔵尊。
つまり虚空蔵尊があらわしているのは、
ブラックホール=ビッグバンであるため、エントロピーが増大しないという
今有力な宇宙構造の理論と同じ

というようなことを、昨年の本の編集で嶋康豪博士に教わり、
分裂から融合へと向かう今の時代に
お参りするのにふさわしい場所のような感じがしたからです。

地元では十三参りの厄除けで知られていますが、
嶋博士が本の中で解説されていた
十三次元のゼロ=無限の宇宙構造と生命との関係から見ても
13歳の厄除けの場所というのが理にかなってるようです。

東洋の仏教や日本の昔からの風習が
未来科学につながりすぎていてびっくりです。

しかもなぜ日本で初めて原子力発電を開始したという
東海村原子力研究所と鼻の先にあるんでしょうね。

研究所の場所決めた人、誰よ?(笑)

興味ある方は嶋博士の本を読んでいただければと思いますぴかぴか(新しい)

今年出版予定の新刊にも詳しく説明されています。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック