2017年03月14日

生まれて初めての方向転換!・・・1人コントが停滞の原因でした。

前回の続きで、最近の落ち込みから立ち直った話です。

なんで落ち込むことになったかというと、
仕事上お付き合いのあった方々が
次々離れることになったこととか、
青色申告の決算書を作っていて
出てきた収支額に愕然としたとか(笑)
自分が世の中に対して何もできない
ってことを思い知ったこととか・・・
そういうことがいろいろ重なったんですね。

この時期は震災を思い出す上に、
卒業シーズン、確定申告シーズンでもあって、
ある意味、要注意ですね・・・

(まあ、確定申告は前々からやらないのが悪いんだけどね)

ちょうど昨年も今頃、
決算書をみて落ち込んでたんですよね。

昨年の場合は、「このままの状態だったら
お金が無くなってしまう。どうしよう…」ふらふら
という、独立して以来ずっと持ち続けていた
不安と恐怖が浮上してきて、
その恐怖の感情をひたすら感じ切る作業をしていました。

するとその後、恐怖を感じることはほとんどなくなり、
「なんとかなるさ〜いい気分(温泉)っていう開き直りと安心感が生まれました。

それ以来、立て続けに仕事の依頼が来るようになり
結局、一年間仕事が途切れることがなくて
「想いが現実をつくる」っていうけど
本当だったんだな〜と実感しました。

とはいっても、私にとっては、
「引き寄せの法則があるからいつもご機嫌で♫」
なんて思って、感情にフタをするのは
かえって逆効果でしかなく、
やっぱりインナーチャイルドの自分と仲直りしたり、
感情をとことん感じ切って、
「自分らしく生きる上でいらないもの」を手放していくことが
「良い気分」になれる最善の方法だったわけです。


おかげで今年は、お金が無くなる恐怖はもうなかったんですけど、
今度は、過去に「将来の自分はこうなっている」と想像していた自分と、
現実の自分とのあまりのギャップに気づいて驚嘆してしまいました。

「いつかはこうなりたい」と思ってた自分に全然なってないじゃん・・がく〜(落胆した顔)
っていうのに気づいてショックだったとでもいいましょうか。

ですがこんな時は、子宮委員長はるさんから教わったように、
一度、現状の自分の姿をありのまま直視するのが大事だと思って、
その全然結果を出せてない部分を一つずつ振り返ってみました。

そしたら、自分との約束をまったく果たしていない自分が
情けなくてふがいなくて・・・・
自分に申し訳ない気がして
悔し泣きしてしまいました。たらーっ(汗)

でも、そこでやめずに、情けない気持ちを
とことん味わってみたのです。

すると感じるだけ感じ切ったあと、
「あれ、何か流れが変わった?」と思う瞬間が訪れました。

今までの自分は、
少しずつ本当の自分を認めることができるようになっていたとはいえ、
ついつい、欠点やダメなところ、失敗したことなど、
マイナスを埋めようとする思いグセが抜けなかったんですけど、

あまりに情けない自分の姿を実感することにより、
逆に開き直って、そのマイナスを埋める思いグセから、
卒業できた感じがしたんです

するとその時に、今の何もなくて情けない自分への
本当の自信というものが現れて、
「これからの私はもう、マイナスを見る方向じゃなく、
どんどんプラスを見る方向に行ける」ぴかぴか(新しい)
ってふと思えたんです。

飯島秀行先生がおっしゃっていたように
放出と吸引でいうなら、
今までの人生で放出しきったので、
今度は吸引の流れに行くしかないって感じです(笑)

さらに、流れが変わった感覚になった後に、
はっと気がついたことがありました。

それは、「私はこれまで、自分から進んで、
自分のダメなところを探しては落ち込んでたんじゃないか?」がく〜(落胆した顔)
ってことです。

たとえば、出版の仕事をしてると
「この本のここがよくない」とかいろいろ、
言う方々がいるわけです。

だけど私の中では、今まで作ってきた本で
素晴らしくない本はただの一冊もないと思ってるんです(笑)

必要な人にとっては絶対に貴重な内容だということには
自信があります。

ただやっぱり技術的にはどう完璧を目指しても
100%完璧はあり得ずに、
できあがったものを見て、
あ、ここ失敗だった・・・思うところは
必ずといっていいほどあります。

でも、確かに失敗はあったかもしれないけど、
「ものすごくいい内容である」という自信までもかき消すことはないのに
失敗したという事実のほうばっかりに気を取られてしまって、
肝心の自信まで喪失してしまっていたんですね。

なんというか、わざわざ自分の欠点を
自分で掘りにいって
「ほらやっぱり私はできない人間なんだ」
って悲劇のヒロインになって、
その欠けた部分を必死になって埋めようとしていた・・・という。

これじゃあ、いくら土をかぶせても
地上に新しいものを作り上げることはできませんよね(笑)

「一人コント」って話には聞いてたけど
こういうことか〜〜〜あせあせ(飛び散る汗)って初めて実感できました。

ただこれまでは、いくら
「できないところは気にしないようにしよう」と
頑張って思おうとしても、なかなか難しかったんですよね。

ところが、自分の現状をとことん思い知って、
落ち込んで落ち込みきることで、
やっと一人コントがやめられた感じがします。

しかもマイナスを必死で埋めようとしているときって、
どれだけ「恵まれてることに感謝しよう」と思っても、
プラスの方向に視線を向けてないから、
なかなか良いところがわからないんですよね。

それがマイナスを埋めようとすることをやめると、
やっと、たとえ自分が欠点だらけでも、
結構許されて生きてられて、
恵まれてるってことが実感できて、
周りの人にも心から感謝の気持ちがわいてくる。
そ〜ゆうものなんだなあ・・・って思いました。


IMG_20170311_151052 (1).jpg
夫の運転で再び麻賀多神社にも行けたし。


思いが変われば現実が変わるとするなら、
これで現実がどうなるのかわかりませんが、
今までおそらく生まれてからずっと、
45年以上(笑)マイナスの方向を向いていたのが
今後プラスの方向を向いた時にどうなるのか、
楽しみでもありますハートたち(複数ハート)

IMG_20170311_172308.jpg
月を飛び越えてゆこう♪


それと、気分が前向きになってきたら、
いろんな方と建設的なビジネスの話をして、
コラボとかしてみたいな〜と思ってます。

もう少ししたら、
ゆるゆる起業家ミーティングみたいなことをしてみたいな〜
って思ってます。



IMG_20170312_092305.jpg
すっきり吹っ切れた後、成田でハローと声をかけられる私(笑)

「これまで、どれだけ自分に自信を持とうとしても持てなかった」
って方がいたら、参考にしていただければ幸いです手(チョキ)


ひらめきFacebookのリュウメイズ企画のページで、インスピレーションのわいた言葉をその都度アップすることにしました。
フェイスブックをしていない人も、公式サイトの小窓からみれると思います。

 
かわいい好評発売中! リュウメイズ企画編集協力の本かわいい

Attachment-1 (2).jpg

418pmRJBBxL__SY498_BO1,204,203,200_.jpg




池川明・未来見基著(新日本文芸協会)
ハッピー子育てカバー表1.jpg

51AFQA04RcL__SX338_BO1,204,203,200_.jpg

『笑うお産』
(池川明著・KADOKAWA)
笑うお産 カバー表1 0617.jpg
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック