2016年10月07日

すべてのことがうまくいく「たったひとつの法則」

先日、ある方から待望の原稿が来たと思ったら、
昨日はこれまた待望の別の本の打ち合わせでしたわーい(嬉しい顔)

来年まであと3か月切ったのに
今年中に作る本がいっぱいで・・・たらーっ(汗)
嬉しいけど、はたしてちゃんと終わるのかな(笑)

明日の講演会を最後に、しばらくは
また仕事に集中の時期を送ろうと思いますexclamation

なぜ好きなことをやっているだけで
こんなに順調にいくんでしょうね。

明日の講演の準備をかねて
これまでのことをいろいろと振り返って、
考えてみました。

●世の中のすべての流れはエネルギーの吸引と法則でできている。

思い起こせば震災の後、仲間たちが放射能対策を探す中で、
飯島秀行先生を知ったときが私の転機。

先生のおっしゃっていた「たった一つの法則」を知った時に
自分の中で、「これが世の中の真実だ」という確信があったんですよね。

その法則=圧とエネルギーの法則を応用して、
身近なクッサイ匂いを消したり(笑)してみたら、
ホントにいろんな結果が出て、とにかく面白かったのですハートたち(複数ハート)

さらにその後、日本一の大金持ちの斎藤一人さんが
お金の面で圧とエネルギーの法則を応用されているのを知り、
「そうか、たった一つの法則って、
外側のことや科学だけじゃなくて、もちろん農業のことだけでもなくて、
体や心のことでも、お金でも人間関係でも情報でも、
何にでも使えるものなんだ」ひらめき
とひらめいたんです。

幸い私は仕事を通して、
いろんな成功者やスゴイ方々にお会いし、
その話を何度も聞き、原稿を何度も読み返して
ときにはその方の考えを100%以上理解する機会に恵まれていました。

そこで、皆さんのおっしゃっていることを
法則に当てはめて考えてみたんです。

そうしたらやっぱり
うまくいくのも、うまくいかないのも、
全部法則に従っているらしい、
ってことが良くわかってきました。

「これ、真似をすれば絶対にうまくいくよ」って思ったので、
このブログでもずっとそういうお話をしてきました。


●魂がエネルギーの流れを司る

今まで、宗教っぽい気がして
神とか魂という表現は今まであまりしませんでしたが、
(そういう言葉を使わなくても十分怪しいと思うけどるんるん
飯島先生などのおっしゃっている宇宙法則でいうと、
この世のすべてを司るエネルギーが神ということになります。

神=森羅万象をすべて動かしてるエネルギー。無から有を生じさせる力
魂=人間の中に宿るそのエネルギー

そして人間は肉体(物質)と魂(エネルギー)との合体。

生物が肉体とエネルギーでできているというのは、
以前本の編集をさせていただいた
物理博士の川田薫先生の実験などからも
物理的にかなり明らかになっているといえます。

神道では八百万の神で、
「人間は神の分け御霊」とか
「すべてのものに神が宿っている」
などと昔からいいますが、
私たちの祖先は宇宙法則がわかっていたんですね。

そしてこの魂エネルギーというのは、
池川明先生の胎内記憶研究などによりますと、
「この世でこういう事をしよう」と予め目的を持って
肉体に宿り、生まれてくるようです。

つまり、もし

私たちの魂エネルギー=神のエネルギー

であるならば、

私たちの魂がしたいこと=神がこの世で体験してみたいこと、

になりますよね。


魂はその望みをこの世で叶えるために、肉体を使い、
思考(マインド)を使い、心を使っている。

だから、魂とマインドを区別して、
魂の方優先で生きると、
本来の生まれた目的を早く達成できるようになります。
 
魂=真我、マインド=自我、ともいわれますね。

悟りの世界に到達したヒマラヤ聖者さんも
「マインドや体の奴隷になってはいけない」とおっしゃっています。

魂が無を有にする神的なエネルギーなら、
そこに従えば従うほど、奇跡的なことも起こってしまうわけですね。

 これが
「魂の声を聴いていたらなぜかスムーズに道が開けてしまう」
という究極の成功法則ですね。


逆に、魂がAをしたいのに、マインドがBに行こうとしたら、
魂の立場からすれば、「私はそっちじゃなくこっちに行きたい」って
BからAへの方向転換をさせたくなりますよね。

その時に病気になったりとか、借金が膨れるなど、
何かのトラブル、一見うまくいかないことが起きたりして
方向転換をさせるわけですよね。

※ただし、自分にとってはこれが思い当たることが多いのですが、
他の人もみんな病気や借金の原因が必ずそうだとは言えないし、
魂の声に従ったら必ず健康とかお金持ちになるのかどうかはわかりません。
魂の声に気づくことが目的じゃない病気やトラブルもあると思います。


だけど、自分の内面を良くみつめて、
マインドの声と魂の声を区別し、
「これは私が本当にやりたいこと」と思ったことをやり、
「これは本当はやりたくない」と思ったことをやらない、
という地道な作業を繰り返していくことができたら、
余計なトラブルにはあわずに楽に自分の生きる目的を達成できるんじゃないかな?
と思います。



●感情や思考をデトックスし魂にアクセスしやすくする

ところが人間には、過去の経験かたくさんの感情や思考の蓄積があり、
そちらに振り回されるとエネルギーを消耗するし
魂の声がブロックされて聞こえなくなってしまうわけですね。

そこで魂の声を聞くために不要な感情や思考を
放出していく作業が必要になったりするわけです。
体の好転反応のデトックスと同じですね。

このとき、自分の中の汚い、みっともないと思っているところも全部含めて
いったんまるごと全部肯定してしまうと、
もういらないものはスムーズに排出できるようです

たとえば「悟りを開くには欲を捨てないと」といいますが、
欲も一度認めてとことん満足するまで叶えれば(犯罪にならない範囲で)
不要な欲はなくなって、生きるためにちょうどいい適度なところで収まるので、
ガマンして欲求を抑えるというのは逆効果だったりするわけです。

「自分はがまんして人のために生きる」なんて、
マインドの世界でムリに自分を抑えてやらなくても、
実は自分の欲求にしがたっていくことによって、
結果的に他人のためになる行為ができるんですよね。

多分みんな魂の欲求の中には、
世の中をよくするとか、世界を平和にするというものが含まれているので、
そこに早く到達できるかもしれません。


私自身、先日のブログで「違う道を探すしかなかった」という話をしましたが、
ずっと魂の声を聞いてなかったのでいろんなトラブルで強制終了になっては
違う道を探し当すしかない状況に置かれてきたともいえます(笑)

でも魂の声に従えるようになるにつれて、
「すべてがなるようになる」
と感じられて安心していられるし、
なんか知らんけどうまくいくことが増えてきました。

 
魂の声に従うのって、時にはすごく勇気がいることですが、
その勇気さえ出せば、良い結果を引き寄せるために
思考や言葉をコントロールしたり、自分を律する必要がないので、
マインドを使った成功法則に疲れたらお勧めです。

今はマインドより魂の声に従うことに目覚めた人が増えているなと感じますが、
それを「魂の時代」というのでしょうね。

勇気をもって魂の声に従う人が一人いるだけでも
生き難い日本社会が変わるかもしれませんね。

ということを明日、エネルギー全開晴れで言おうと思います(笑)
ぜひ皆さん会いに来てくださいませわーい(嬉しい顔)


ひらめき10月8日オータムフェスタexclamation
会場とプログラムが変更になりましたexclamation
詳しくはこちら次項有http://www.saiwaijyuku.gr.jp/
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック