2019年06月10日

自分を責めたくて責める人を作る

今年も初夏に始めたプランター栽培、
今のところ順調にすくすく育っています(*‘∀‘)


DSC_0656.jpg
初収穫のイチゴちゃん。


今年は特にたくさん野菜が実をつけてるんですが、
昨年までと違ったところといえば、
今年は嶋康豪博士の酵素水を希釈した水をまめに撒いているので、
そのおかげかもしれません。

梅雨の時期はなんだか気分が晴れないときもあるけど、
野菜を栽培してると、恵みの雨だな〜(水やりサボれるな〜)って思えるのがいいですね( ̄▽ ̄)

DSC_0614.jpg
ミニバラも次々花をつけてくれて、見てるとなんだか癒されますかわいい

今年に入って、娘の中学入学とともに、部活だの塾だのでかなり生活が一変したけど、
やっと少し慣れてきた6月。

子どもの生活が変化すると、自分が何もしなくてもなんでこんなに親の生活も変わるんでしょうね。
おかげで飽きなくてすむわ〜( ̄▽ ̄)

DSC_0638.jpg
昨年の今頃は発表会に向けて練習三昧だった娘のダンス、その後は一般クラスで頑張って、
だいぶ上達したけど、部活との両立が難しくいったんやめることになりました( ;∀;)





その後の実生活で、某スポーツショップで近年まれにみる最悪のサービスを受けるなど、
逆に「これでどうやって相手を愛せるっていうんじゃああ〜〜!むかっ(怒り)
と久しぶりに憤慨するような出来事がいろいろあって、

現実の厳しさを思い知りました・・・( ̄▽ ̄)


だけど、いろいろあったおかげでまた気づいたことがありました。

この前、理不尽に人に責められた(と思った)出来事があったのですが、

これってわたしが自分で自分を責めてるからだexclamation×2

ってハッとしたんです。



自分が自分のことを責めてるとき、

他人の口から、自分を責めるような言葉が出てくる。


なぜなら、自分が心の奥底で自分を責めていると

どんなに表面ではそれを否定したくても、

奥底にある責めている気持ちのほうが正しいのだと確認したくて
他人に責められるようなことをわざと引き起こしているから。


他人から責められると、なんか嫌な人だな〜とかつい思ってしまうけど、

本当は相手は、ただこちらの責めグセに反応して、

「あなた、自分で自分のそこを責めてますよね?」

と教えるために、(たいていは無意識で)そういう行動をとってくれているだけ


あるいは相手には責めるつもりは全然ないのに、

自分で勝手に反応して、責められていると勘違いしてるだけ。


人に責められたときに「私のために責めてくれる」とはなかなか思えないものだけど、

もし相手が意図的に、意地悪でこっちを責めていたとしても、

そもそも、自分の中に自分を責める気持ちがなかったら反応しない。

そうすると究極的には、自分しか自分を責められない
ってことになる・・・


というようなことを前にもブログで書いたと思いますが、
わかっていても結局はまだまだ自分責めグセが根強く残っていたようです。

なかかな手ごわいですね・・・(*´Д`)


そうなってた一つの理由として、今までの自分にとっては、
自分を責めて、追い込むことにより、
自分を鼓舞するのが、目標達成の手段だった
というところがあったと思うんです。

責めグセだけじゃなく、追い込みグセがあったということですね・・・

でもそういう方法はいつまでも続かなくて
やがて無理が来るんですよね・・・( ;∀;)



それに気づいてから、
「もうこれからは気が付いたところから少しでも自分を責めるのをやめていこうexclamation
って思って、自分を責めないようにしたら、

その分だけ、他人のことを責める気持ちも少しずつなくなってきました。
(でもサービスが悪すぎる店に行ってまた同じ目に合おうとは思わないけどw)

しかも、人に責められる体験を不快に思う気持ちはある反面、
嫌われようが何だろうが、不快な態度をとって
「あなた自分を責めてますよ」って教えてくれる人って
やっぱりありがたい存在なんだな・・・
という感謝の思いもふとわいてきたりして(*‘ω‘ *)

なるほど、こんなふうにして、本当に許ししかない関係ができてきて
「自分も他人も無条件に愛する」ことができるようになってくるのかもね〜って思いました。



例えば、体調が悪くてちょっと仕事進まないな〜というときに、

「〇〇の件、もっと早くしてもらえないでしょうか?」

って言われたとしても、別に「あんたの仕事が遅くてこっちは困っとんのじゃ」

とは表面上は言ってないわけで(本当はそう思われていたとしても)

なのに、「体調が管理できない私が悪いんだ、早くできない私が悪いんだ」って

気が付くと勝手に自分を責めちゃって、

それって客観的に見れば相手は別にこっちを責める言い方してないんだから、

完全に「過剰反応」じゃないですか(*´Д`)


そうやってわざわざ余計に反応して自分を責めたがるって、
どんだけドMなんでしょうか(;・∀・)



体調が悪くて仕事できない? 

そんなの当然、自分の体のほうが大事でしょ?

なのになぜ自分を責める?


ってよく考えたら思うんですけどね・・・(;^ω^)


体調が悪いとかだけじゃなくて、なんか怠けちゃったり、
ほかのことしちゃったりしても、
どんなときも自分なりの理由があってそれを選択してきたのだから、

人から見たらダメ人間だったとしても

どんなときでも自分は自分を精一杯生きてるんだし
今までだって精一杯生きてきた

といえるわけで、


その時その時で一番自分にとってベストな選択をしてきたのだから

たとえそれが世間一般から見たらどんなにダメなことで、
他人には責められてもしょうがないことだったとしても、

自分で自分を責めることはない。



本当は自分が一番自分を責めちゃいけない人。

だと思うんです。

あっ、なんか思い出しますね、英語の授業で習った the last person 構文、笑。
(最も〜しそうにない人だ、というやつですね)


だからもう自分を責めるのはや〜めた!

責めグセに気づいたら少しずつでもやめていこう。

どんな時でも自分だけは自分の味方でいよう。

そうしたら、許し合い、愛し合いの
新しい世界に、少しでも行けるかもしれないから。

って思いました。



自分が自分を責める一番最後の人になろう。


Be a last person to blame myself.


はいここ、試験に出ますよ〜٩( ''ω'' )و 
(正しい英語かはわからないのであしからず)



ハワードジョーンズ懐かしい( ;∀;)