2019年05月28日

愛の対象はノーリミット。



神(宇宙・創造主)の愛は無条件にすべてに注がれている。
愛の対象には、なんの制限もない。

他人だけ愛して自分は愛さないとか、
自分だけ愛して他人は愛さないとかは
あり得ない。

人だってすべて神の部分を持っているのだから、
本当は、自分も、他人も、すべて
同じように愛せるはず。

だから少しでも
無条件の愛を出せる神の気持ちになってみようよ。







おはようございます(*'▽')

チコちゃんに大激怒されそうなくらい普段ボーっと生きていると、
ふっと言葉がひらめくことが多く、

「言葉だけシェアすると超スピな感じだな〜」と思うし、

「そうはいっても現実的には全然できないし」(;'∀')
と思うことも多くて、こんなことシェアしていいのかと思うような
まったく立派とはほど遠い人間なんですが、

ひらめいたことはなるべく早くシェアしたい!

と思うので、これからは、自分が実行できてるかどうかは置いといて
まずはブログにアップだけしときます ^( ̄▽ ̄)^


(特定宗教とはまったく関係ありません)


DSC_0600.jpg
初めての石焼ラーメン。

DSC_0575.jpg
初めて北陸新幹線に乗ったときにホームで見た景色。
「初めての体験」ってないようで以外に日常にあるものですね〜。



じゃあどうしたら無条件の愛が出せるのかな?
と思った時に、人の場合、
自分を愛せないと他人を愛すのも無理らしい。

本当の自分への愛と他人への愛ってイコール。

というのがわかってきて、私も少しずつ、
嫌な自分のことも、それでいいじゃん、と思えるようになってきて、
それとともに人のこともいいじゃん、と思えるようになってきたかなあ、
と思います(*'▽') (あくまで本人による自己評価です)

そうなると、何が良いって、
本当に気持ちが楽で生きやすくなる(*^▽^*)

まだまだ自分が情けなくて泣きたくなるし
他人に対してXXXXと、とても書けない英単語を言いたくなることもありますが(笑)


ゆっくり自分なりのペースでも、
No Limit No Threshold な
無条件の愛の気持ちになれる時間が増えて
楽に生きられるようになったらいいな〜と思います(*´ω`*)


2019年05月20日

いつまで梅はそのままでは食べられないと言っているのか?

ブログ更新が久しぶりすぎて年号またぎ、平成ジャンプになってしまいました( ̄▽ ̄;)

前回のブログのあと、娘の小学校卒業と中学校入学があり
環境が変化して、用事があって出かけることもなにかと多くなり、慌ただしい日々を過ごしています(・∀・)

DSC_0195.jpg
卒業式に娘が下級生からいただいたお花。

6年間お世話になった小学校の卒業式は涙、涙・・・( ノД`)…

DSC_0266.jpg
春休みは東海村の虚空蔵尊で十三詣りをしました。


DSC_0367.jpg

DSC_0346.jpg
4月にはお花見も楽しみましたかわいい

GW10連休は、中学校の部活あるあるですが、娘の部活の予定がわかったのが2日前ぐらいで(笑)
遠出はあきらめて映画見に行ったりしました♪(´ε` )

DSC_0473.jpg

家族で見たグリーンブック。娘は字幕映画デビューでした。
アカデミー賞受賞っていうから割とドラマチックな描き方なのかと思ったら、
淡々としてたし、主人公の2人がめっちゃクセあるキャラでよかった(笑)

2人の話し言葉の対比も英語の勉強になりました。
テーラーのオッサンがドクターシャーリーに
You are not allowed って言ったの日本語訳よりメッチャキツくね?
と思ったので、これから見る人はちょっと意識してみてください。

DSC_0477.jpg
キングダムも見ました。中国の話をこのスケールで日本映画にしちゃうおどろき。

DSC_0493.jpg
映画の後で娘の友人家族と一緒にお散歩。緑が気持ちいい季節になりました(#^.^#)

後半はハマグリの放出される場所に潮干狩りに行く予定が、
アントラーズ渋滞にはまってできませんでしたが、

DSC_0506.jpg
おなじみ、鹿島のらーめん青龍さんでラーメン食べて、



DSC_0539.jpg

DSC_0537.jpg
姉の家にお邪魔して、春高バレー経験者(夫)指導でビーチバレーしたり、温泉行ったり。

遠くにはいけなくても、ちょっとお出かけして自然に触れるだけでも気持ちいいのがこの季節のいいところですね(*'▽')

10日間、なるべく仕事をしないようにしていたら、終わってから急にやる気が出てきた感じで、
やっぱり休むって大事だなって思いました(^-^)ノ

DSC_0513.jpg


・・・という3か月間、ブログで告知もしてなくて、だいぶ前のことになってしましたが、
ダヴィンチニュースに、初めて名前入りで『あの世とのおしゃべり』に関する記事を書かせていただきました(о´∀`о)



実はここで本にどんな内容が書かれているか、全出ししてるので、読んでみて損はないと思います( ・∇・)

あの世とのおしゃべり、重版になり、
amazonでも高評価いただいてます!ありがとうございます*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*



そんな日々でしたが、春、特に3月はいろいろなことがあって気分の浮き沈みが激しくなるのか、
落ち込むことも結構ありました(´Д⊂ヽ

とくに、今の自分は何かとうまくいかないことが多くて
自分が本当に情けなくて悔しくて何度も涙が出ました(´;ω;`)

そのときによくわかったのが、私、魂の望みを全然叶えられていないじゃんexclamation×2 ってことです。

人間は魂がマスターで、体とマインドはそのサーバント、
魂が運転手なら体や心はその乗り物だといいますが、
それならばマスターである魂が本当に望んでいること、
本当にしたいことを叶えるために、体と心を使うべきなのに、
今の私はその真逆で、サーバントのほうに振り回されっぱなしだったようです・・・Σ(゚д゚lll)

もちろん生きてる限り人間には心と体の欲求があるがあるわけで
それを体験するのも生きる目的だと思うから、
心と体の執着を無理やり取ろうとしなくていいと思うんだけど、
だからといって、心と体の望みを叶えるだけでは中途半端で
それらは最終的に魂の望みを叶えるための通過地点だという気がするんです。

だからこそ、魂の望みを見ないふりしたり、
ちゃんと叶えようとしてないと、
人生が思うようにいかなくなったりする。
今の私はまさにその状態だったに違いない、とめちゃくちゃ腑に落ちてしまいました_| ̄|○


それは自分の中では痛い発見ではありましたが、逆に、
「あーやっぱり、人生の苦労って全部、
自分が魂の望みを叶えて、幸せになるために起こってるんだ」
っていうふうにも思えて、うまくいかない中にも希望が見えてきました(*´?`*)


きっと誰でも、自分の魂の望みを叶えて幸せになるまでの道は必ず用意されている。

だけど、その道を進むときには、勇気とか努力とか、いろんな乗り越えなきゃいけないことがある。

それを乗り越えたら必ず道が開けるのに、乗り越えるのは大変だと思うと面倒になっちゃって
「もう今のままでいいや」とか「本当にこの道であってるかわかんないし」
って自分をごまかして諦めようとする

でも魂はやっぱりその道に行きたいから、
他の道に進もうとしてもうまく行かないようにして、
無意識にその道に進まざるを得ないように仕向けていく・・・

ということになっているんだな・・・って実感できました。

まさに今の私はそのパターンに陥って、
乗り越える前のところでいつまでも止まってウロウロしていたような気がします( ̄▽ ̄;)

それでうまくいかなくて諦めそうになってたけど、
今までの人生でさんざん苦労したのも、魂の望む道に進むためだから、
ここで諦めちゃったら今までの苦労が水の泡になっちゃうじゃん!
と思い直しましたd( ̄  ̄)



まあベタな自己啓発的かもしれませんが、
レモンをレモネードにするという表現がありますよね。

酸っぱくてそのままじゃ食べられないレモンが
レモネードにしたら甘酸っぱくて美味しい飲み物になるように、
苦い経験も酸っぱい経験も、本当はどれも、工夫して活かすことにより
甘酸っぱくて美味しいものにできるってこと。

DSC_0299.JPG
カイルアタウンのポケとレモネードおいしかったなリゾート

ただ、「レモンなんか酸っぱくて全然飲めないよ」ってあきらめるか、
「いやこれも絶対に美味しくできる」ってあきらめずに、
工夫してレモネードにする道を探すのか、
それを選択するのも、自分にしかできないこと。

そこを私は
「ちゃんとレモネードになるなんて保証も何もないし、
そんなの難しくて無理だよ」って
いつしかあきらめて、挑戦するのをやめ、挙げ句の果ては
「だって私のレモンはみんなのより酸っぱいししょうがないじゃん」
って言い訳をしてばっかりだったようです・・・ヽ(;▽;)ノ


そして、「なんで人にはレモンをレモネードにする経験が必要なのか?」
ってことなんですけど、
「美味しいレモネード屋さんを作ってばんばん儲けるため」
なのはもちろんですが(笑)

酸っぱいものも必ずレモネードになるって知ることや、
レモネードになるまでに協力してくれる人の存在、
導いてくれる見えない何かを感じることによって、
愛を感じることができ、
自分が愛されている存在なのだと知ることができるから。
その愛を、実際の体験を通して感じて知っていくことが
生きていく中でとっても大切だから。
ってふとひらめきました。

世の中を見ても、今、国が国民に、
めっちゃ酸っぱくてマズくて腐りかけたレモンをバンバン殴りつけてないか?って思える状況で、
私も「なんだこんなの、飲めるかー!」って文句言ってばっかりだけど、
国にレモネード作ってもらうのをまってたら一生台なしにして終わりそうだし┐(´д`)┌
国民自らが少しでも自分の手で良くなる道を探して進んでいくしかないのだろうなーと思います。

あ、令和といえばレモネードより梅酒かな(笑)
令和と言う年が、食えない梅から美味しい梅酒を一人一人が
作っていく時代になるかもしれませんね*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*

私もこれからは「梅なんて食べられないじゃん!」と文句ばっかり言うのをやめて、
あきらめずに行動していこう!
と決意を新たにた令和元年でした( `ー´)ノ