2018年07月13日

ポジティブ思考で病気になってる場合じゃない


全国的に大雨の被害がひどいようですね。

被害に遭われた方にお見舞い申し上げるとともに
一日も早く日常生活が戻ることをお祈りしております。

SNSなどでいろんな情報が流れていますが、
現地の方が否定しているデマやウソ情報などもあって、
どれを信用していいのかわからないですよねふらふら

しっかり確認しつつ、今後、自分のできる支援をしたいと思っています。



さて、10周年を迎えたリュウメイズ企画が制作に携わりました
記念すべき第1作目が発売になります!


です!!!!

 IMG_20180711_213226.jpg

見本が届きました〜〜!!
7月20日発売予定です!!

DSC_2394.JPG

 DSC_2395.JPG
ポップなデザインとイラストでわかりやすい本になりました!

岡田さんが言いたいことをドンピシャで的確に表現してくれたイラストレーターは永井あづみさん。

下手なラフをお見せしたら、わかりやすくポイントを押さえて描いていただくという、
脱帽もののプロの技を見せていただきました!(^^)


著者の岡田さんは、ご存じの方も多いと思いますが、
私が同じKADOKAWAで二回ほど本を編集協力させていただいた
子宮委員長はるさんのもと旦那様です。

岡田さんの本を出版しようという話は
はるさんと初めてお仕事させていただいた頃からちらほらとあり、

ボツ企画となった本の中でお二人の対談なども
させていただいて、すごく面白かったんですけど、

なかなか出版にまで至らず、
3年ぐらい経ってやっと形になりました!

はるさんも岡田さんも大好きなので両方の本が作れてとっても嬉しいですわーい(嬉しい顔)NEW

この本の中では人が行き詰る原因や、
自分の本当の望みを叶えていく方法が

とても分かりやすく具体的に解説されていて、

同様のテーマの本の中でも多分ここまで実践的な内容って珍しいと思います。

 DSC_2396.JPG
社会人、主婦、いろんなケースを具体的に書いていただきました。

DSC_2387.JPG
地球には地球のルールがあるからそれを守らないと大変なことになるかも、
とか、自分に正直に生きるのと他人を責めることは違う、
といった具体的な例も。


今、たくさんの本の中で、著者の方々が
それぞれの体験をもとにそれぞれの言葉で
「無理せず幸せに生きられる宇宙の法則」
の話をされていて、

それってシンプルにいうと
「自分を丸ごと受け入れて愛し、
自分の魂の声を聴いていく」
ということになると思うんですが、

それに対して、
「分かってるけど、実践するのが難しいんだよね〜」

って思ってる方も多いと思います。

そんな方にも、この本は誰でもしっかり実践できるところまで
落とし込んでありますよ〜〜(^^)


岡田さんのこの数年の発信の総まとめ的な内容でもあり、
一冊の本でそれが全部読めるのはすご〜〜〜くお得です!(^o^)丿


しかも今まで私がはるさんの本を
「男性にも当てはまる内容なんだよ」といくら言っても
なかなかわかってくれる方が少なかったんですが、
岡田さんの本は、男性でもとてもわかりやすいと思います。

なので、男性の友人の皆さん、
とくに行き詰ってることがある方は、ぜひ読んでくださいね!(^^)/


なんで私がこんなに岡田さんやはるさんの本を
自分とご縁のある方々に強くおすすめしたいかというと、

私自身がお二人と出会って、
人生の行き詰まりを解消することができたからです

お二人のそれぞれの経験と自分の経験とが
重なる部分も多かったんですが、

特に岡田さんは、自己啓発業界にいた頃のお話が
「心当たりがありありだな〜〜〜」と深く共感し、心に刺さりました。

この本にも紹介されているのですが、
岡田さんは自己啓発業界で仕事をされていた頃、

無理やりポジティブな状態に自分を持っていこうとして
鬱になったり精神的に病んでしまう講師や関係者などをたくさんみて
ご自分でも体調が悪くなってしまったそうです。


私自身も、今となってはお恥ずかしい限りですけど、
事業やプライベートがうまくいかない頃に
いろんな成功法則などを学ぶようになり、それ以来長い間、

「どんなことでも良いようにとらえよう」
「なりたい自分を想像してみよう」
「まずは言霊! 言葉をポジティブなものに変えよう」
「泣きたくても元気に振舞おう」
「アファメーションを唱えよう」
といった
「無理にでもポジティブにもっていくこと」が
正しいんだと思い込んでましたたらーっ(汗)


ところが、それで確かに最初はうまくいったんだけど、
だんだん無理やりポジティブぶるのが辛くなってきたし、
なんかうまくいかなくて、行き詰ってる感じになってきたんですねふらふら

しかも・・・周りにもポジティブ思考を
良しとする方々が集まっていたわけですが、

あれ、なぜか心を病んだ人が多くない?
病気になったりなかなか治らないって人が多くない?
事業や仕事がうまくいかなくなる人が多くない?
プライベートでトラブルが増えてる人が多くない?

と、気がつけば周りにやはり比較的行き詰ってる人が多い気がして、
「あれ、無理やりポジティブにするのって何かおかしくね?」
って違和感を感じるようになってきたんです。

そんな中で、違和感の答えを教えてくれた方が
はるさんや岡田さんだったんですね。

もちろんこれはあくまで私個人の経験なので、
「私はこれでいいんだ。全然辛くない」
「私の周りはうまくいってる人ばっかりだ」
っていう方がいたらそれはそれで全然いいと思います。

だけど、同じようにポジティブ思考で行き詰ってる方がいらっしゃったら・・・

あなたに必要なのはこの岡田さんの本かもしれません!!!(笑)


無理やりなポジティブ思考だと
なんでうまくいかなくなるのか?っていうのは、
この本に詳しく解説されていますから、
読めばきっと行き詰まりの原因がわかるんじゃないでしょうか。



個人的にそのことをフリーエネルギー研究家の
故・飯島秀行先生が教えてくれた自然の法則で説明すると

「この世界は、圧を上げたり下げたりすることで
エネルギーを吸引したら、また放出し
プラスマイナスゼロになることを繰り返してる

圧を上げたら下げないと
エネルギーが流れない

ということは、人間も
ポジティブ思考で意図的に
自分にエネルギーをたくさん吸引しようとすると、
放出するエネルギーもその分多くなる」

ということだと思ってます。

自己啓発業界でいうなら、吸引=引き寄せ、
と思っていただくといいかもしれません。

さらに無理やり説明するなら、
「たくさんのものが欲しくって部屋に入れてばっかりいたら
その分だけ捨てるのにもエネルギーを使うよ」
って感じでしょうか(笑)


それが正解かどうかはわからないけど
少なくとも今までの私については、
自然のサイクルを無視して
いつもいつも意図的に吸引しようとして
放出を避けようとしてたから
疲れちゃってたし、うまくいかなかったのだ、
という(痛い)確信がありました^^;

ただ、いつも圧を上げてばかりでは疲れちゃうとしても、
放出が大きいかもしれないことを覚悟しつつ
たくさん吸引するのもいいと思うし、
たまにそういうことが必要な時期もあると思います。

それに自分が自然と心からポジティブに思えたらそれが理想ですよね。

でもそうじゃなくて、ただ常に意図的にポジティブだけを受け入れようとして
ネガティブから目をそらし、
無理やり自分をポジティブな感覚に持ってこようとしても、
たぶんどこかで辛くなってくるんじゃないかなと思います。


そんなふうに意図的にコントロールしようとするよりも、
この本で岡田さんも言っているように、

ネガティブもポジティブも受け入れて、
吸引と放出の二元の世界を楽しむ

ということができれば、無理せず、楽になり、
しかもなぜか自分に必要なものが
必要なだけ入ってくるようなサイクルになったりして
人生はすごく楽しくなると思います!(^^)


それと、なぜポジティブな成功法則にハマるかというと、
本当の自分が嫌で自信をつけたいから、
人に賞賛されたり認められたい、
という「隠れ自己否定」があるからだったりします。

自分の本音の、性格悪いところとか、ネガティブなところ、
世間から見てダメなところを認めたくなくて

あるいは、

人に賞賛される人間になりたいから、
ダメな自分を人に見せたくなくて、

本当の自分を出せないでいるうちに

やがて自分が本当は何をしたいのか、
本音さえもわからなくなってしまう・・・

・・・真面目な感じに言ってますけど
自分の数々の失敗経験から書いてます(笑)

DSC_2399.JPG

逆にダメダメでもいいから本当の自分を認めて、
常に自分の本当の声を聞いて生きると、
なぜか人生はうまく廻り始める、

というのが、はるさんや岡田さんが
今まで実践されてきたことなんですね。

「自分らしく生きるとうまくいかなくなるんじゃないか?」
っていうのは、子どもの頃の経験などからくる単なる思い込みで
実は逆のほうがうまくいったりするんですよね。

しかも、今まで私はさんざん病気になったり治るしくみを探求してきたんですが、

ありのままの自分を認められず自己否定したり、
本当の自分の声を無視して生きていると、
病気になったり、治りにくくなる傾向があるんですね。

これはあくまで私自身の個人的な感想で
因果関係が証明されてるわけではありません。

でも本当の自分を生きられないって身体にも相当
ストレスがかかるのかもしれませんね。

自分が嫌いで、自分らしく生きられなくて、
あげくには病気だなんて、何だか悲しくないですか?


・・・で、こういうことを一番ばっちりやっちゃってきてたのが
まさに自分だったわけです(^_^;)

だからこそ、今つらい思いをしていたり
何か行き詰ってる方には、ぜひこの本を読んでいただいて
「本当の自分の声を聞いて生きる」ことを実践してほしいんですよね。


しくじりまくっていた私も、はるさんや岡田さんと出会ってから、

少しずつネガティブな自分も受け入れられるようになって
自分の気持ちを大事にできるようになって

ポジティブ思考に囚わていた頃と違って全然無理をしていないのに、

その頃よりずっと仕事もうまくいってるし
前よりもずっと体調も良いしというか第一体調が悪いときがあっても不都合なことは起きないし
何よりも、その頃より格段に幸せぴかぴか(新しい)
って思えるようになってきましたから。


しかも、自分の全部を認め、自分の望みを自分で叶えてあげて
ネガティブな気持ちも吐き出したり感じきることができるようになると、
なぜかあんなに無理やりやろうとしてもできなかった

ポジティブ思考が自然に身についてきて、
自然と愛や感謝も湧いてくるから不思議です(笑)

人を愛したかったらただひたすら
自分のことを愛していくしかないのかもしれません。



だから皆さんが少しずつでも本当の自分の声を聞いて
本当の幸せを手に入れることができたらいいなって思うんですね。


DSC_2400.JPG
たとえ人に嫌われても大好きな人狼ゲームをして幸せそうな方。



いつもブログを読んでくださる方はご存じだと思いますが、
こういう話は私も何度も何度もしています。

それでも、まだまだ他人が言ったことを良しとして、自分の本音をないがしろにし、
どこか辛そうだったり行き詰ってる方がたくさんいらっしゃるのを見ると
余計なお世話かと思いつつも何だか悲しくなってしまって
ついつい何度でも言いたくなってしまうんですよね^^;

そういう方を見ると、過去の自分のように、
「今あなたの魂が泣いてるんじゃないですか?」
と感じて反応してしまうのかもしれません。


まあ、私の言ってる話じゃよ〜わからんし、
世にいう成功者じゃないから説得力ないよ、
って思う方も多いと思うので、
ぜひ岡田さんの新刊を読んでみてくださいね!

私も制作にかかわる中で、多くの方にわかってもらえるように
精いっぱいのことをしましたので(^^)/


35132851_1835479223186469_2391346432163446784_n.jpg


岡田哲也さん著・KADOKAWA、ただいま予約受付中です!

2018年07月05日

a decade 〜ぼちぼちと10年。


最近すごくびっくりしたことといえば
ビクトリアスとサム&キャットのキャットが
アリアナグランデだったってこと(笑)

教育テレビでやってた毎週放送してるアメリカのシットコムシリーズは、
ちょっと前まで毎回見ていたのに、
何で今まで気づかなかったんだろう?
言われてみれば確かに声、同じじゃんって思いました(^_^;)

あんまり顔をよく見てなかったこともあるけど、
天然のティーンエイジャーのキャットと、
セクシーセレブっぽい感じのアメリカを代表するシンガーで
キャラがまったく違う感じがしてたんですよね〜
(もちろんドラマでは役柄を演じてるわけだけど)

同じ人でも、印象って全然変わるし、変えられる

っていうのがよくわかりました!(笑)

本当に同じ人なのか?と確かめようとして
アリアナグランデの動画いろいろ見てたら
その音楽にすっかりはまってしまった、
編集・ライター・翻訳のリュウメイズ企画はしもとるみです。



・・・またまたブログ更新も久しぶりになってしまいましたが、
その間、土日も頑張って仕事して一冊校了後、
数日お休みを楽しんで、また次の仕事に集中してました。

昨年体調が悪かった状態から回復してくるとともに
しっかり仕事が入ってきてありがたいです(^^)/


DSC_2149.JPG

DSC_2124.JPG

DSC_2143.JPG

DSC_2140.JPG
休日は家族で奥多摩をドライブ車(RV)


『空飛ぶタイヤ』も見てきたよ〜
池井戸作品らしく、ちょっとベタだけど現実にあり得る話で
くじけそうな時にはとっても励まされます!
DSC_2330.JPG


お休みの時は、仕事を気にせず好きなことしよう!
と思って、「でも今お金ないしな〜」なんて思ってたんですが、
その間自分がやったことややりたいことって

・映画→会員割引で1,500円(日によっては1000円)
・ヒトカラ→昼間だったら2時間で1000円
・CDレンタル→5枚で1000円
・近所の温泉施設→入浴料は千円代

・・・て感じで意外と安かった(笑)

この価格で楽しさや感動がいつまでも残るわけだから
言い訳してないでやりたいことはさっさとやろう!

って思いました(^_^;)


で、そんな毎日を過ごしていたらすっかり過ぎてしまったのですが、

5月末でリュウメイズ企画も開業から10年となりました!
(パチパチ)

自分自身、毎年全然意識してないので
まったく気づかず、数日すぎてたまたま娘の保育関係の書類に
開業日を書いたときに、初めて気がついた次第です^^;

10年といえば一つの歴史、A DECADEですよ(*_*)

と言っても・・・その前に会社を共同経営して
ちゃんとスタッフも雇っていた頃とはまったく違って

ずっと事業形態は全く変わらず、
個人事業で一人、のんびりゆっくりぼちぼちと、
ただ続けてきただけ
なんですけどね・・・^_^;

それでも振り返ってみると、今、
開業当時は考えもつかないことをしてるなあ・・・
と思います。

開業当時は翻訳の仕事がメインで、
編集やライターが本格的にできるとは思っていなかったし、

注文販売の本や冊子を細々と作って販売していた頃は
書店では本は置いてもらえないし、
どれも販売部数が1000部〜6000部ぐらいだったけど、

今では、手がけた本が書店で平積みされて、
何万人もの方が読んでくれるのも普通になりました(*^_^*)

決して万人受けする本ばかりじゃなくて
評価は人それぞれだから気にしてないけど、
気が付いたら
amazonのレビューでどの本も☆4〜5
ばかりになってたのも嬉しいです。


特にこの本とか


61IB5qVuCnL.jpg


この本のレビュー
レビューを書いてくださってる方々の熱い思いが伝わってきてとっても嬉しいです(;_;)
519vExix1nL__SX344_BO1,204,203,200_.jpg
どちらも著者の先生方が「レビューでいい評価つけてね」とファンに頼んだわけではないですよ。


ここ数年は、出版事業者として本や冊子を自ら出版販売する活動を中止して
(自分がやってるのと違って)ちゃんとした出版社さんの
本の編集やライティングを中心に行っていますが、
今の私にとっては現在の活動スタイルが合っているようです。

皆で知恵を出し力を出し合うことで、一人では作れない本が作れるし

自分が苦手なことやできないことは他の方がしてくれて、

例えば間違ったところはちゃんと訂正してくれる人がいるし
作った本を販売したり書店さんに届けてくれる人がいるし、
イベントとか自分で開催しなくても主催して盛り上げてくれる人もいる。

そして何より、私の場合、

編集やライティングの作業中は過集中してしまって
他の事務的な作業がまったくできなくなってしまうのでふらふら

別の方々がそれを担当してくれるということがどんなにありがたいか・・・ぴかぴか(新しい)

そこのところを「自分でも頑張ればできる」と思って
無理するとまったくうまくいかない、
ということが今までの経験でよくわかったので、

出版販売業のほうはこれから縮小し、
とくに出版事業者としての新規出版は当面行わない予定でいます。

その分得意なこと、好きなことでもっともっと力を発揮していきたい、
と思っています(^^)/

どうかこれからもリュウメイズ企画をよろしくお願いいたします!

あ、せっかく10周年なので、1年以内には何か記念企画を実施したいと考えてます。

またブログの方をチェックしてみてくださいね(^o^)丿




どの本も自分が納得でき、共感できる、世の中に必要な情報や智恵を盛り込んだ本となりました。

出版作品.jpg

編集協力作品.jpg

ではでは、
これまで応援し、支えてくださった皆さまに
心からの感謝と愛をおくります揺れるハート