2018年02月16日

自分の許しかた

今日は旧正月の元旦exclamation×2 本格的な一年の始まりですわーい(嬉しい顔)

みなさま、Happy Lunar New Year!


DSC_1171.JPG


前の週末は秩父に行って楽しい思いをしたばかりでしたが、
この週末は静岡市に娘と行ってきましたexclamation


編集協力いたしました新刊
も予約受付開始exclamation
の嶋康豪博士のお招きで、
急きょ、静岡市美術館の『駿河の白隠さん』展の関連イベント、
日本ロレックスの社長ブルース・R・ベイリー氏の講演会に参加することになったのです。


DSC_1141.JPG

27545323_1684912028233486_5896061363245365550_n.jpg
館内には大きな白隠さんの書画。
やはり悟りを開いた達人は、精神性の伝わるような
バランスのとれた良い書画が描けるのでしょうか。

DSC_1146.JPG
会場に上がる商業ビルのエレベーターまで白隠さん。
乗るエレベーター、ぜったい間違えないよね。


DSC_1148.JPG
ロレックスの社長さんが白隠さんに詳しいなんてまったく知らなかったのですが、
ベイリー氏は私より日本語上手で、禅への理解が見事すぎでした(←このあたりの日本語が・・・w)
白隠護持会の会長を務められた嶋博士とも親しい間柄とのこと。


その日は初めての静岡市訪問だったので「せっかくだから泊まりたい!」
という心の声に従って一泊することに。

ホテルをネット検索したところ、選択肢は、
駅から遠くて不便そうなビジネスホテルか、
駅前のキレイなホテルしかなかったので、

小市民主婦としては思いっきり悩んだのですが、
やっぱり自分が「ここ泊まりたい!」と思ったホテルを
えいやー!ぽちっ!と予約。

DSC_1162.JPG
そしたら最上階の部屋で、眺めが最高でした。


DSC_1165.JPGDSC_1166.JPG
居酒屋で静岡おでんや黒はんぺんを食べて飲んでたら忍者出てきたビール

翌日は近くに住んでいるアーティストのつぐみさんに案内していただき、
久しぶりに海の近くを散歩したり

DSC_1194.JPG


登呂遺跡で弥生時代の稲作文化に触れてみたり
DSC_1205.JPG
DSC_1214.JPGDSC_1218.JPG


屋上展望台で富士山を眺めたりして、
DSC_1210.JPG

旅を思いっきり堪能して帰ってきました。

充実しすぎたせいか、その後二日ほど頭痛で寝込みましたがふらふら

体調も回復して、昨日は心屋カウンセラーめぐみさんの
ママ楽エンジョイクラブに参加してきました!

この会のことは、また後日レポートしたいと思ってます^^

27752490_920628094766754_2572583466407501645_n.jpg
めぐみさんのFacebookより。



しかも先週から、仕事でも出かけること数回、
楽しみな企画もいろいろ進行中で揺れるハート

ナニコレ、メッチャリア充レポートジャネ?(笑)

・・・と思うくらい、この前の秩父・立春の後から、
気がつけば、昨年の引きこもり生活がウソのように
めまぐるしい毎日を過ごしてます目


周りにも立春から流れが変わったという方が多いようで、

今日は春節・農歴新年・旧正月という、年の節目の新月なので、
世の中の流れも、今日からまたいろいろ変わりそうですよ。

今年一年自分がどう過ごしたいか、
何をしたいか、イメージして、
できればそれを書き留めておくとよさそうですペン




DSC_1188.JPG
船出じゃ船


さて、今日は「自分の許しかた」について、気づいたことをシェアしたいと思います。


先日のブログで「ありがとう」「ばかやろう」を浴びせる実験の話をして、
「ばかやろうが自分の中に溜まると体内が腐りそうだ」という話をしましたが、
何を隠そう、私も怒りの感情を溜めやすいタイプなんですよね(笑)

アンガーマネージメント、なんていいますけど、
ちっともマネージできない、
怒りの感情を消化するのが苦手・・・^^;


そもそも怒りを感じるはなぜかといえば、
相手の問題じゃなく自分の問題で、
結局自分が許せないから相手を許せないわけですよね。

例えば自分が時間に遅れるのは許せないと思ってたら、
人が遅刻してるのを見て怒りを感じるけど、
自分が遅刻してもOKと思ってたら、他人が遅刻しても許せます。

だから誰かのしたことに怒りの感情が沸き起こった時に、
自分の中の原因を探らずに相手にぶつけても何も解決しない。

ましてや第三者に愚痴や悪口を言ったところで、
怒った相手の行動が変わるわけではなく、
結局は自分の感情は自分でしか解決できないんだと思うんです。

そう思ってるから、グチや悪口ばっかり言い合うような人付き合いは苦手たらーっ(汗)

もちろんわかっちゃいるけど、どうしても怒りが収まらず、
相手にぶつけることや、他人にグチることもありますよ。

でも、結局それで一時的にはスッキリしたとしても、
やっぱり根本的な部分では解決できないんですよね^^;

それで思いっきり怒りの感情を感じるだけ感じきっても、
完全にスッキリさせることは難しい。

たぶん今までの自己肯定感が低すぎて
自分を許せないところがまだまだあるので、
人のこともなかなか許せないんだと思うんです。

そしてそういうどうしても許せない自分の心の狭さが嫌だ・・・
と思って、また自己嫌悪に陥ってしまうという悪循環^^;

自分を許したい、でも許せない 
人を許したい、でも許せない〜るんるん

って演歌の歌詞にでもなりそうだけど(笑)
そうやって解決できない思いで
心が揺れてモヤモヤすることを繰り返してしまう。


だけどあるとき、人に対して「どうしてもあれは許せない」
と思うことがあり、別の人に話したら、

「そりゃあそうだよね。それは怒るよね」

って言ってくれて、すごく救われたことがあったんです。

そのときは、

こんな自分でも許してもらえるんだ・・・

と思えて、ふーっと心が軽くなりました。



よく考えてみると私の場合、昔から、
「自分が傷ついていても、他人に言ったら
お前の方にも非があると言われてさらに傷つくに違いない」
という思い込みがあったようなんです。

子どもの頃からそういう経験が多かったのかもしれません。

まあ第三者が見たら、大体どっちか一方だけが悪いと思わないのはふつうですよね(笑)
私だって誰かのもめごとを見たらそう思うかもしれないし。
丸ごと受け入れてもらえることのほうが珍しいのかも。

それなのに、第三者の人に、

「そりゃあそうだよね」

って批判せず受け止めてもらえて、本当にありがたくて、

「そりゃそうだよね」ってステキな言葉だなって思ったわけなんです。

それで先日、また人のことを許せない自分が嫌になってモヤモヤしたときに、
この時のことをふと思い出して、
「自分で自分にそう言ってみよう」って思ったんです。

そのときの脳内のびたと脳内ドラえもんの会話がこちら。

(昔の子ども)ホンワカパッパ、ホンワカパッパ♪
(今の子ども)しゃらららっら〜♪ ぼくのこころに〜♪

のび太「ドラえもん、ボク、ジャイアンがどうしても許せないんだ。いつも自分勝手だし、すぐ怒るし殴るし」

ドラえもん「そりゃあそうだよ。君がジャイアンを許せないのはむしろ当たり前だむかっ(怒り)

のび太「ううー(涙)ドラえもぉ〜〜ん!(スリスリ)そうだよね、許せないボクが悪い訳じゃないんだよね。わかってくれてありがとう!」

ドラえもん「よしよし(ナデナデ)」

のび太「じゃあドラえもん、ジャイアンをボコる道具ちょうだい〜〜」

ドラえもん「調子に乗るんじゃない!」

プワパッパ♪

・・・と、こんなふうに、自分の中の脳内ドラえもんが
脳内のび太の感情を全部受け止めて許してくれたところ、
すごく救われる思いがしました。

えっ「いい年して子どもかよ」?
まあ頭で想像するだけなら自由ですから(笑)

ポイントはのび太みたいに思いっきり泣きつくことです(笑)

この場合、自分の主張に正当性があるかどうかは関係なくて、
わき上がる感情は自分にとってはすべて正しい。
そう思って、まずは受け入れてしまうこと。

これなら、なかなかできなかった「自分を許すこと」ができて、
「他人を許す」ということもできそうですハートたち(複数ハート)



それで思ったんですけど、
もし自分が自分を許せないからといって、
外の人にばかり「何でも許してくれるドラえもん」を求めてたら、
いつしかその他人のドラえもん様に依存してしまい、
他人様に右往左往されてしまうかもしれません。

私も前は自分じゃなくてまず他人に許しをもらおうとしてたかも・・・って思います。

でも、人がどうこうではなくて、まず
「あの人のことが許せないって? そりゃあそうだよ。そんなの当り前だよ」
って自分に言って、とことん自分を許す。

誰かに無償の愛をいただく前に自分に無償の愛をあげる。

というようにしたほうがいいかもしれませんねわーい(嬉しい顔)

私的にはヒットしたドラえもんメソッド、
気になる方はぜひやってみてください。

どんどん自分を許して人を許して、
素晴らしい新年を過ごしましょうわーい(嬉しい顔)


新年快楽黒ハート



2018年02月06日

感謝のウソ

週末は節分、立春でしたね。寒さの中にも春が感じられるようになりました。

立春の日はたまたまシンガポールから帰国した友人と会う日で、
家族とともに秩父にドライブしてきました!

DSC_1090.JPG

着いたのがお昼頃で、夫が「友人Sさんのおススメのお蕎麦屋さんに行ってみよう」
というので、「花いかだ」さんというお店に行ったところ、
お蕎麦が絶品でexclamation

DSC_1014.JPG

DSC_1017.JPG

どこに行くかは道路の残雪状況を見てから決めようと思っていたら、
店主の町田さん一家が「この時期は寳登山神社がおすすめですよ」
と教えてくださったので、

寶登山神社に行ってみたら・・・

DSC_1037.JPG
絶景ポイントだらけで、行ってみて大正解でしたexclamationexclamation

DSC_1029.JPG

DSC_1043.JPG

寳登山神社からロープウェイに乗って、
寶登山の山頂まで登ってみたら・・・

DSC_1131.JPG
見事な雪山の風景が広がってました雪

DSC_1109.JPG

DSC_1086.JPG

ちょうどろうばいの季節で黄色い可憐な花から良い香りが漂って

DSC_1081.JPG

DSC_1091.JPG
神社の奥宮もあり、とにかく空気が澄んで清々しいぴかぴか(新しい)

DSC_1129.JPG

DSC_1118.JPG

昨年痛めた膝がまだ完全に治らず、歩いて山登りなんてできないし、
山の上のほうなんてまだ雪が残っていて車でも行けなかったので、

あまり歩かずロープウェイで山頂まで行って絶景を拝めるってことが
いかにありがたかったか揺れるハート

良い立春詣でができて、これから一年良い年になりそうですわーい(嬉しい顔)

DSC_1103.JPG

DSC_1105.JPG


秩父に行ったらお昼に「花いかだ」さんに行けば、

その時オススメの観光スポットを教えてくれそうですわーい(嬉しい顔)



この日友達が帰国してなかったら、

夫が運転してくれなかったら、

Sさんの紹介してくれたお店に行こうって言ってなかったら、

Sさんが花いかださんを教えてくれなかったら、

花いかださんがここを教えてくれなかったら、

さかのぼって友人のTさんがSさんを紹介してくれなかったら

こんな絶景を見ることはなかったわけで、


そこにいたるまでのご縁に心から感謝しかありませんぴかぴか(新しい)



何だか最近、心の底から感謝の気持ちがじわ〜〜っとわきあがることが多い気がします。


年をとったせい?・・・もあるかもしれませんけど(笑)


過去に「どんな状況でも感謝しなければ」と思っているときは、
「ねばならない」と思えば思うほど、心からわき出る感謝とは遠ざかっていたんですよね。

とくに強烈に覚えてるのが、ワンオペ育児がつらい中、頑張ろうとしていたときのこと。


その時「感謝すれば乗り越えられる」と思っていた私は、

「つらい状況でも感謝できることがあるから、感謝しよう」

と思おうとしたけど感謝できず、


「そう思えなくても、言葉では感謝と言えるはず」
と思ったけど口にすることさえできず、


「人は本当につらいときには感謝なんてできないものなんだがく〜(落胆した顔)
というのが身に染みたのでした。



だけどありがたいことに、その後、


どんな感情も否定せず、自分の感じるままに行動して、

嫌なことも一度口に出して、とことん感じるだけ感じきったほうがいい、


いうことをたくさんの方に教えていただき、

「自分に素直になる」と決めて、感謝できなければ謝意を表すのを止めました。
私、シャイなんで…(寒い)

ときに思わず「感謝なんてできるかF×××」なんて心の中で毒づいてみたりして(笑)



愛の時代.jpg

寅子先生にはこの本の中で、病気になる人が

本当の自分を否定していることを教えていただきました。




怒りや悲しみなどネガティブな感情も、感じるだけ感じてるうちに、

その感情の奥にある自己否定ぐせに気づくようになり、

そう思うきっかけになった過去の出来事を思い出してトラウマを解消できるようになり、


自己否定的のどん底まで感じた後は
どんな自分でも素晴らしいと心から思えるようになり


やりたいと思ったことをやり、やりたくないことをやめるのが恐くなくなり、


消そうとしても消えなかったネガティブな感情も、すぐに消えていくようになり
別にポジティブシンキングを心がけなくてもふつうにポジティブに考えられるようになって


ふと気づくと自分を温かく受け入れてくれる周りの人の優しさに
心からの感謝の気持ちがどんどんわき上がるようになったんですぴかぴか(新しい)


61IB5qVuCnL.jpg

 

マリアさんのこの本にも「感情を受け止めて感じ切るワーク」を掲載しました。


仕事も勉強も家事も育児も好きなこと・好きな時だけを心がけ、

今ではワンオペ育児に頑張っていたのがウソのように

すっかり「マイクロズボラ」w



秋山さんリスペクトでマイクロズボラ母の会を作りたいw 

秋山グッズが高速の海老名パーキングに売ってたのを見た時、買おうか本気で迷いました。


マイクロズボラになればなるほど、

温かく見守ってくれる家族や周りの人たちへの感謝は増える一方。


さらに心からの笑顔が増えて、娘といつもふざけて笑いあってます。

先日こんなブログを目にしましたがすごくよくわかります。

私もつらくて大変な時は本当に心から笑えず、家の中真っ暗にしてましたから。
・・・いやまじmother f×××××(-_-;)


今のほうがぜんぜん無理してないのに家の雰囲気がメッチャいいw


ワンオペ育児で感謝できなかった頃の自分にこう言いたいくらい。


「偽りの感謝を述べるより、

周りに感謝できるような生き方をせえや」


って。



しかも心からの感謝が増えると、現実にもどんどん感謝できる状況が増えていくようですわーい(嬉しい顔)


過去に手掛けた本では、

だからいつも.jpg

この本で福田純子先生が、



51AFQA04RcL__SX338_BO1,204,203,200_.jpg

この本で子宮委員長はるさんが言ってたのですが、


いのり=意乗り


言霊=霊(魂)からの言葉を発すること。


だとすると、


いくら祈っても、意が乗っていなければ叶いづらい
言葉にエネルギーがあるといっても、魂からの言葉じゃないとエネルギーが宿りづらい。

だから魂の叫びと言葉が不一致だと願いはなかなか叶わなかったり、

長つづきしなかったりする、

という仕組みなのかなと思います。



少なくとも私の経験ではそうで、他の方はどうかわかりませんが、

自分のすべてを肯定し、自分に正直に生きられるようになった結果、

病気が治る人がいる、という話は

いろいろなところから教えていただいたことがあります。

食べ物も「ばかやろう」「愛してる」の言葉を浴びせると「ばかやろう」が先に腐るのであれば

自分に対して「ばかやろう」と思ったり、言えなかった「ばかやろう」を飲み込んだりしていたら、

その方が先に体がダメになっても不思議じゃありません。

無理に思うのは「偽ポジティブシンキング」で、
自然なポジティブシンキングじゃないとやっぱり続かないのかもしれないですね。



帯アリ - コピー.jpg

こちらの本もおすすめです。

もう子育てに悩まなくても、頑張らなくても

私みたいなマイクロズボラでもうまくいくから大丈夫だと思える本です。




81Acs8unSbL.jpg

新刊の予約もAmazonで始まりましたわーい(嬉しい顔)

この中に「政治も宗教も、教条主義にとらわれるとうまくいかない。

日本を戦争に導いたのも教条主義だった」という話が出てくるのですが、

それがすごく頭に残ってるんですね。

ネットによると・・・

教条主義=状況や現実を無視して、

ある特定の原理・原則に固執する応用のきかない考え方や態度。

個人の生き方でも、「○○すべき」というような「ルール」で

自分が本当は何をしたいのか?どうしたいのか?

というような本音を無視していると、

これから先はどんどん苦しくなっていくかもしれませんね。



DSC_1042.JPG

立春も終わり、旧正月ももうすぐで、本格的に新しい年が始まります。

良い新年をぴかぴか(新しい)



リュウメイズ企画で今まで手掛けた本はこちら。

2018年02月02日

夢をあきらめたくないなら、あきらめなくていい

先週、昨日と関東は雪つづき。

先週の雪は家のほうでは30センチぐらい積もり、
ずっと解けずに残ってます。

IMG_20180122_182000.jpg

DSC_0968.JPG
関東では雪がこんなふうに木に残ってるって珍しいですよね。

北海道のような美しい雪景色が楽しめてお得です(笑)



昨日は仕事が一段落したので、買い物に行こうと車を走らせたら、パラパラと雨が降って来たので、雪になったら運転がヤバイと思い、家の近くで進路変更して引き返してきました。車(RV)ダッシュ(走り出すさま)

すると、その途中で初めて通る道があり、雰囲気良さそうな温泉施設いい気分(温泉)を発見!

さらに家に帰ってその施設をネットで調べてるうちに、近所に居心地良さそうなカフェ喫茶店も発見!

雪で最初の目的は果たせませんでしたが、そのおかげで、温泉好き&カフェ好きの私にとっては小さな発見がいろいろあって、部屋で一人でネット見ながら喜んでました(オタク)ひらめき

ホントにささやかなことなんですけど、

「人間はこの地球での生活を楽しみたくて生まれてきた」というけど、
こんなふうにささいなことでも、一瞬一瞬の楽しさをかみしめることが、
今のこの生を楽しむってことなのかもしれない。

・・・なんて、なぜかネットサーフィンしていてふと感じました(笑)



この前の記事で、最近「妖怪かわいそう進化系」から卒業した話をしましたが、「かわいそう」と思わなくなることで、今のこの一瞬の幸せがより感じられるようになった気がしますぴかぴか(新しい)

また自分の思いが変わることで、少しずつ現実も変わってきてるような感じもします

先週はその発端かと思えるような出来事がありました。

それは、一昨年末に始めた児童英語教師の通信講座で、半年コースのところを1年かかって、何とか合格できたこと!

その時にfacebookにはこんな記事を書きました。


 

合格しました! passed the exam to be a english teacher for kids


2016年末にスタートした児童英語教師養成コース。先ほどメールがきて判定を見たら、なんと合格してました〜\(^^)/


本当は半年コースで、英語のテストは難なく間に合ったんですが、サンプルレッスンプランの提出っていうのが難関で…...


とにかく教える経験がないので、どうレッスンを展開したらいいのかまったく見当がつかず、結局手をつけられないままコース期間を半年延長。


それでも何もできずにいるうちにあっという間に半年近く過ぎてしまい、
期限ギリギリでやっと本気で取り組み始めて何とか提出したのが昨年末(^_^;)


コース延長は一回だけ、しかもレッスンプランは不合格なら一回再提出できたんですが、ギリギリでもう再提出は不可能なタイミングになってしまい、不合格ならもうあとがない崖っぷちだったんです。


最後は何度も「どうせムリなんじゃないかな」と思っては「ダメもとでやってみよう」と思い直す日々で、自分との闘い(^_^;)


でもどうやったら面白くなるかなあ?なんていろいろ考えながらプランを考える作業はとても楽しかったです(^^)


英語も文法はすっかり忘れてて点数低かったものの、結果的になんとか全部のテストで一発合格できて、英語学習の楽しさをあらためて思い出しました。


何よりあきらめずに最後までやれば、ムリじゃないこともあるんだと知る貴重な経験となりました!


これからの予定は未定ですが、とりあえず英語勉強したいと言ってる娘を実験台にして教えようと思います♪


昨年末に課題提出してから、結果が出るのを今か今かと待っていたんですが、その日はやたらネットで英語に関する記事が目について・・・

「もしかしてお知らせでは!」と思ってメールをチェックしたらホントに判定が来てましたわーい(嬉しい顔)

Screenshot_2018-01-23-17-17-16.png

Facebookではおめでとうのメッセージやいいね!を
たくさんの方からいただきありがとうございました揺れるハート



人の嬉しいできごとを快くお祝いしてくれる方々が、
世の中にはこんなにも多いのか・・・と思い、心から感動していますもうやだ〜(悲しい顔)

ここに書いた通り、何度も「もうダメだ、あきらめよう」と思ったのですが、
そのたびに、「でもやっぱりやってみよう」と思いなおすことを繰り返していて、

結局最後に問われるのは精神力だな・・・と思いました(笑)

前のブログに書いたように、自己否定から失敗が恐くて一歩を踏み出せなかったり、
やってみてうまくいかないと、すねて、途中ですぐあきらめてしまっていた自分でしたが、

自己否定グセが減ったおかげで、ダメもとでやろうという気持ちになれて、

そのおかげで、新しい勉強のスタート時の面倒臭い時期を乗り越えられて、

そしたら勉強するのがすごく楽しくなって、

最後には「結果がダメでも、たくさん学べたから合否はどうでもいい」
と思えるようになって、

結果的にこの講座を最後まで続けられましたぴかぴか(新しい)


良く考えると、今までの私って、自分の希望通りにサクサクと物事が進まないことがあると、
「希望通りにしたいというのはエゴの執着なんじゃないか」とか
「前に進めないのは自分の行くべき道じゃないからなんじゃないか」
なんて思って、

あきらめられなくても無理にあきらめようとするところがあったと思います。

でも自分の気持ちの上であきらめたくないならあきらめなくていいわけで。

あきらめずにもがいてるうちに、自然と「もう十分やったから結果はどうでもいい」
というように、いつしか執着がなくなってくのであって、

あきらめずにその道を進もうという決意は、

結果をコントロールしようというエゴとは違うのだ、

ということが身に染みてわかりました。

英会話スクールを開くあてもなく、ただ勉強してみたくて始めた講座でしたが、
思わぬ貴重な体験ができて本当に良かったと思いますぴかぴか(新しい)


DSC_0977.JPG

文法&表現力テストの結果。
文法はすっかり錆びついていてイマイチだったものの一回で合格、
表現の方は三つのテストで×一個だけで、
一瞬「もしかしてチョロイ?」と思ったのが甘かった。

その後、レッスンプランで奈落の底に突き落とされることになるとは・・・orz

DSC_0985.JPG

DSC_0990.JPG
一年間私を悩ませたレッスンプラン。

最後すごい時間がかかりましたが、考えていたらすごく楽しくなってきて、
なんとかAとA−いただきましたわーい(嬉しい顔)


せっかくなのでこれを機に英語を習いたい人たちと何か面白いこともやりたいです。

この数年は編集・ライター業ばっかりで英語の翻訳の仕事は全然やっていなかったんですが
やっぱり語学にはずっと触れ続けたいなあって再確認しました。

私の「語学愛」についても書きたかったんですが、長くなりそうなのでまた今度。



本思うような現実を創りたいけどどうすればいいの?という方は、