2017年11月30日

やりたくないのは自己否定してるから

という記事を書きましたが、その続きで。

「光が濃くなると影も濃く見える」っていいますよね。

それでいうと、

周りにリア充で輝いてる人がいると
それまで向き合いたくなかった
自分のダメダメな部分が
はっきりと見えてしまい、落ち込む
んだと思うんですね。



今まで私は、自分の時間と労力を捧げて
嫌いな他人のアンチ行為をしてる人が謎だったんですが、
そういう人たちは、光に照らされてしまった自分の影を
必死で消したいのかもしれませんね。


でも今まで見たくなかった自分の姿が見えるということは、
その部分に向き合って解放していくチャンス
でもあるんだと思うんです。

「ダメな自分でも素晴らしい」と悟ったときに
その影の部分も解放できるのだから
誰かを否定することに時間と労力を使うよりも
自分を肯定することにフォーカスしたほうが良さそうです。


23659689_1595642953827061_6414976246911233852_n.jpg
暗闇でこそ輝くイルミネーション


・・・そんな「ダメな自分も素晴らしい」と思えるまでの私、
とにかく「やる気が起きない病」になって、
事務作業とか編集の細かい作業に拒絶反応が起きてしまい
やる気になるまでやらなかったわけなんですが、
じゃあ、やりたくない=嫌い、かといえば、
そういうわけではなくて、
やればやったで楽しいんですよね。

なのになんでやる気にならないのか?
というのが、先日急にわかった瞬間があり、
Facebookにこう書きました。


事務仕事ってやれば楽しいのになかなかやりたくないのは何でだろう?って思ってたら、

よく間違えるのでミスしないよう必死に気を使うのが疲れるし、
それでもミスして指摘されるとガッカリ感が半端ないからだって気づいた!
ミスする自分でもいいじゃんって認めたら楽になった



つまり、作業自体が嫌いなわけじゃなくて、
「失敗するのが嫌」っていうのがストレスの一因だったんです

たとえば、編集の仕事でどれだけ何度も細かくチェックしてもミスを指摘されることがあるし、
どれだけ完璧ないい本だと思っても批判されることもあるんですよね。

そんなとき、すごく労力を使っただけにがっかりしてしまうから、
次は失敗しないように頑張って、
それでもミスして、
またがっかりして・・・

そういうことを繰り返してるうちに疲れちゃってたわけなんです。

じゃあなぜ失敗するのが嫌だったか?というと、
背景にあるのが「自己否定」だったんですね。

きっと「失敗しても出来なくても自分は素晴らしい」って思えていたら
失敗しても気にしなかったと思うんです。

でも今まではそう思えなかったので、
ミス→自己否定
人の期待に応えられない→自己否定
というように、
失敗しては自己否定することを繰り返していて、
情けない気持ちになってたんです。

でもそうやってると、だんだん楽しかったことも楽しめなくなってしまうんですね。

たとえば純粋に英語の勉強が好きでも、
TOEICでいい点とれない私はダメ…ってイチイチ落ち込んでたら、
勉強するのが楽しくなくなってきますよね。

走るのが好きでも、遅いからダメだって思ってたら、
走るのが楽しめなくなってきますよね。


だから、何かをやりたくない!というとき、
今回のように一度やめてみるのもいいと思うけど、
その「やりたくない」の理由を突き詰めてみるのもいいと思うんですね。

そうすると、やりたくないのは
自己否定が原因だったりして
本当に嫌いなわけじゃないんだ、
ってわかることもあるみたいです。

私もやっと失敗する自分でも素晴らしいんだって思えるようになってきて、
「やりたくない病」から少しずつ抜け出せてきました。


自分って素晴らしい! って思えるかもしれない、




2017年11月16日

素晴らしくない人間なんてこの世に一人もいないんだよ

すっかり秋深くなってきましたねえ。

DSC_0471.JPG

月日が経つのがあっという間すぎて
あと1か月半で今年も終わりなんて信じられません。

珍しく長い間、ブログもまったく書く気になれませんでした。

何だかんだとこの1年ぐらい仕事がダラダラと続いていたんですが、
それが一段落したとたんに「燃え尽きた」感じになってしまったんです。

さらにこの数年、更年期症状で
3か月ぐらいなかった経血が一度にどっと来る時期があって、
その時にひざが痛くなったり、10円〇ゲになったりしてたのですが、
今回もだるくてなんとなく調子が悪くて・・・

「とにかく何をするにもやる気が起きない」状況が続いてました。

とくに事務仕事とか編集の細かい作業については
なぜか拒絶反応がひどくて・・・
「絶対やりたくない〜〜〜〜。やらないぞ〜〜〜〜」
ってずっと思ってましたあせあせ(飛び散る汗)

そんなとき、別に今すぐ絶対やらないといけないことがなくても、
なぜかダラダラしてるだけで罪悪感がでてきてしまったんですけど、

そんなときはその罪悪感を感じるだけ感じ切ってみることにしました

すると・・・
「今やらないといけないことがあるわけじゃないのに、
自分の時間を自由に使ってなんでいけないのか?」
って言葉がふっと湧いてきて、

「確かにそうだ、自分を束縛してるのは自分だったがく〜(落胆した顔)
ってなんだかすごく納得。


それですっかり開き直っていたら、
見事なまでにやりたくない仕事が全然来なくて(笑)
自分がやる予定だったこともなぜかやらなくてもすむような状況になってました。

休んで罪悪感を感じてた時は
やらざるを得ないことが必ず入ってたんですけどね・・・
やっぱり自分の感情がそういう状況を作ってたんでしょうねたらーっ(汗)

しかも「感情は感じ切ることが大事」ってわかっていても、
「罪悪感を感じちゃいけない」って逆に否定しようとしてたから
いつまでも罪悪感が消えなかったんだ、ってことにやっと気づきました^^;

自分のことってなかなかできないものですね〜。


それ以来、湧き上がってくるネガティブ感情を
いろいろ感じ切って認めるようにしてみたんですけど、
それとともに、どんどん自分の考え方に変化が訪れるようになりました。

で、あるとき、
「どんな自分でも自分は素晴らしい」ぴかぴか(新しい)
って思いが心の底からわきあがってきたんです。

これ、自慢じゃないですよ(笑)

自分と他人とを比べて、
「〇〇ができるから素晴らしい、〇〇を持ってるから素晴らしい」
ていうのだったら自慢になっちゃいますけど、

はっきりいって普通の人より劣ることだらけの
ダメダメな最低な自分に対して、
素晴らしい、って思えたんです。

「何もできない自分でも完璧なんだよ」
って人に聴いてもなかなかそう思えなかったのが、
やっと心から思えた感じだったんですね。

あんなに無価値感や自己否定感が高くて
自分が素晴らしい存在だなんて全然思えなかった
今までの私から見たら考えられない出来事で、

まるで天動説が地動説に変わるレベルで
パラダイムシフトがおこったみたいでした。


そして、こんな自分でもすばらしいんだって思えたたら、
周りのどんな人でもみんなすばらしいし、
この世に生きとし生けるものすべてすばらしいんだ、
って思いも自然とわきあがってきました。

・・・とかいってもまだまだ後ろからあおるドライバーとかに
ムカつくこともありますけどね(笑)


それだけじゃなく、自分がこれまで世に生み出してきた本は、
どれも素晴らしいんだけど、必ず売れるとは限らなくて、
評価されずがっかりすることもあったんですけど、
「何部売れたかとか、何刷になったかとか、
周りの評価とは全然関係なく、
素晴らしいものは素晴らしい」
と堂々と胸を張って言えるようになりました。



思い起こせば10年近く前、
現在テネモスネットでご活躍中の菅原さんたちと、
活動に参加するようになってから、
「いや〜この人本当にすごい、人類の宝だわ目って思うような、
それまでの人生では出会うことのなかった
神レベルのものすごい方々」と出会うようになったんですよね。

しかもその後、イベントを開催したり、出版に携わるようになると、
その神レベルの方々と、普通ではありえないくらい親しくなる機会も増え、
その方々の考えに直接触れることが多くなり、
自分の中にも落とし込めるようになったのは
幸運以外の何物でもありませんでしたぴかぴか(新しい)

ただその反面……自己否定グセが抜けない私は、
よせばいいのに、ついつい神レベルの人たちと自分とを比べてしまい
その方々のカリスマ性やリア充ぶりに比べて
なんて自分はさえなくてリアダメなんだろう〜
と思っては自分がみじめに思えて、落ち込んだり
拗ねることもたびたび。

しかもそんな自分に自信を持ちたくて、
〇〇ができる、という条件や他人の評価から
自分が素晴らしいと思おうとしては、
もっとすごい条件の持ち主がでてきてはまた
自分を情けなく思ったりして、
条件付きの自己評価に終わりはないんだってことを
つくづく実感してました。



ところが今回、人生最低のリアダメ状態だったにもかかわらず、

「リア充な人に比べてリアダメな人が劣ってるわけじゃない、
皆それぞれ等しく素晴らしいんだ」ぴかぴか(新しい)

って、何の根拠もなく思えるようになったら、
どんなすごい人に対しても「人は人、自分は自分」
ってあっさり思えるようになってしまいました。



考えてみたら、
人に限らず、この世の存在はみな、
いわゆる神の化身とか、創造主の分け御霊だとかいいますよね。

こういう言葉が宗教くさいようであれば
この前の嶋博士の本のように、
「微生物はブラックホールとビッグバンの先の
95%の暗黒物質と暗黒エネルギーの宇宙の
エネルギーと情報を持っているから
微生物と共生している存在には必ずゼロ→1にする力がある」
と言ってもいいんですけど。

そういう意味で、皆が神的な存在である
ということは、
誰もが素晴らしくないわけはないんですよね。


ところが、自分の素晴らしさを否定してしまうと、
自分が神的な存在であることも否定することになり、
その力を発揮させなくしてしまうんじゃないでしょうか。


私もあなたもみんな素晴らしい存在であって、
素晴らしくない存在なんてこの世には一つもない

それこそがこの宇宙の真実なのかもしれない、って今は思っていますわーい(嬉しい顔)

23031278_1578077065583650_40680862925483611_n.jpg
素晴らしい出張で食べた素晴らしいお寿司♪

23316553_1584152331642790_1939004665736557089_n.jpg
素晴らしい出張で食事をとるために高速のパーキングに寄ったのに
なかなかできず、3つ目のパーキングで車を止めたら素晴らしい数字
(ポッキー)




続きを読む