2017年05月30日

嫌なできごとはバランスを調整する

5月に入って風邪が治った後、
仕事で良いことと悪いことが波のようにやってきて
落ち込んだりバッド(下向き矢印)急浮上したりグッド(上向き矢印)
なかなか振り幅の激しい毎日を送っていますあせあせ(飛び散る汗)

どうも毎年この時期はそうなりやすいみたいなので、
5月病みたいなものかもしれないですねたらーっ(汗)

ただ、その激しい波に揺られている間に、
いろいろと状況が変わっていって、
これも運命の変わり目ってことなんだろうなと思います。


そんな中で週末はパピヨン静子さんの
ポーセラーツ体験レッスンに娘と行ってきました!

18699896_1421166954607996_8231413247842059703_n.jpg
好きなデザインの紙を食器に貼っていきます

18740283_1421166811274677_2773538621346523846_n.jpg
パピヨンさんのご指導でバランスよく

18767870_1421166881274670_2286374850392054110_n.jpg
私はボウル2個だったのですが、娘のプレートがかわいかったので、
お揃いのデザインにしてもらいました


18767387_1421166734608018_9045474921475007677_n.jpg

参加者の方々が帰られた後も残ってたら、
こちらの3人+子どもたちでアフタースクール会をすることにビール

18698098_1421167027941322_1036045864920644510_n.jpg


パピヨンさんとの出会いは、昨年、
子宮委員長はるさんへプレゼントに2段トレイを探した時に
なかなかかわいいものがなくてどうしようかと迷っていたところ、
パピヨンさんのデザインしたトレイを見つけて、
「コレだ!」と思いオーダーしたのがきっかけでした。

DSC_0319_1.jpg

出来上がった二段トレイははるさんのお家にぴったりぴかぴか(新しい)


DSC_0320_2.jpg
はるさんにも気に入ってもらえました黒ハート
カップは違う方の作品みたいですが、ほどよくマッチしてまするんるん

この出会いからずっと飲みに行こう行こうといいつつ
「行く行く詐欺」になってましたが、ようやく実現。

一緒だった恵美さんはいろんなイベントを主催している実力者で
心屋カウンセラーもされている方。

パピヨンさんはハッピーさんとご縁のある方でもあり、
私にとっては、心屋さんやハッピーさんと交流のある方と
会ってじっくり話しができる初めての機会でしたわーい(嬉しい顔)

私ははるさんの関係者ということで、
裏ゲス夜会(笑)←どんだけヤバいネーミングなんだダッシュ(走り出すさま)

すっかり飲みながらもカウンセリングしてもらってる感覚で(笑)

このとき、いろいろ貴重なお話を聞かせてもらったのが、
今もじわじわと心に沁みています。

ポーセラーツ面白そう〜ってピンときて、
参加してみて、良かった!

・・・って言葉だけじゃ言い表せられないような
大穴で一発当てたレベルひらめき」のラッキーな出来事でした(笑)

で、それ以来いろいろ気がついたことがあったので
今回はそのお話です。

過去を振り返ると、私はシンガポールから帰国した頃、
逆カルチャーショックがひどくて、
フレンドリーなシンガポーリアンに比べて日本人は冷たい
何でもありな南国と違い日本は融通が利かない…etc.
などと、日本人の嫌なところばっかりが見えていましたふらふら

この頃がどん底の時期で、そこからいろんなことを学んで、
「嫌なことばっかり起こるのは、
どうやら自分がしたことが返ってきてるだけだったらしいたらーっ(汗)
ってことを知って、反省しました(笑)

それ以来、自分の置かれてる環境が
がらりと変わりました。
 
どんどん周りから嫌な人が減っていって、
たくさんの人に親切にしてもらって、
特に子どもができてからは、
電車で席を譲ってくれるなんていうのは日常茶飯事で、
日本人って優しいなって思えるようになりましたぴかぴか(新しい)

今でも、人に親切にしたりされたり・・・
とっても良い環境にいて、

何も無理しなくても
自然に任せてるだけで奇跡みたいなことが当たり前に起きて
出会う人出会う人みんないい人ばかり。


・・・とはいっても、やっぱり時々嫌な思いをすることがあるんですね。

悪い人じゃないと思う人が、私が「コレされたら嫌だな」と思うことをするとか
いいことをたくさんしてくれる人が、その反面、嫌なこともするとか。

当たり前といえば当たり前なんだけど、
何もかもが自分の思うとおりに行くわけではない。

ときどき「なんでこんな目に…」って思うことがあるので、
なんでなんだろうなと思っていたんだけど、
今回の出来事(飲み会)があって気づいたんです。

それって、

「えーどうしてそんな都合がいいことばかり起きるの?」
と周りに驚かれることがふつーに起きるようになった反面、

「えーなんでそんなひどいことする人がいるの」
と驚かれるような、晴天の霹靂みたいなこともふつーに起きてるだけ。

 もしかしてそれこそが
「自然の法則」なんじゃないかな?

って。


自然の法則って、いつも書いてるような吸引と放出の法則ですね。
プラスがあればマイナスがあってゼロになる、
この物質界では自然はそうやってバランスを取っている、
っていうテネモスの飯島秀行先生のお話です。

ということは、
自分の置かれているステージが変わったとしても、
プラスがあればマイナスがあってゼロに戻るのを
繰り返しているのは同じだったんだ。

なんだ、ちゃんとバランスが取れてるってことだったんだ!
って思ったんです。

そういえば今までの私、いいことがあると
「私だけこんなに恵まれていいの?」
と、罪悪感めいたものがあったり、

逆に嫌なことがあると、そんなことはすっかり忘れて
「なんで私ばかりこんな目に合うの?」
と、被害者意識を募らせたりしてました(^_^;)

でも本来「私ばっかり」良いも「私ばっかり」悪いもなくて、
結局誰であろうと、自然がバランスとってくれるんだから、

良いことは遠慮なく受け取っていいし
悪いことを理不尽だと悔しがることもないんだ

って思ったらものすごくスッキリ!晴れしてしまいました!

やっぱり、自然の法則を
日々の生活から発見していくのって楽しい〜わーい(嬉しい顔)

以前書いたようにエネルギーは、
吸引と放出を繰り返すことで流れていて

お金が入っても使ってゼロにすればまた吸引されるし、

使わずに貯めてばかりだと、他のトラブルとかでエネルギーが放出されることもあるし、

必ずどこかでバランスを取っているんだと思います。

だから今逆境で苦しんでる人も
いつかそのギャップを埋めるための力が働くと思う。

お金持ちや成功している他人も、どこかで放出してるから、
そういう人を見て恵まれてるなあってうらやましがる必要もない

成功のステップを進むと、出る杭は打たれるんじゃないか、って
恐れる気持ちがあったりするけど、
自然の法則はどのステージでもあるのだから、
だったらどこでも好きなところに行ったらいい。


それから飯島先生によると、エネルギーは圧が高いところに流れるわけで、
その法則を利用しようとして人工的に内圧を上げるのはいいんだけど、
いつも吸引だけはできなくて、その分どこかで放出があるので
それもちゃんとわかったうえでやった方がいいかもしれないですねるんるん


私もそのエネルギーの流れの中で
落ち込んだり喜んだりと、いろいろ感情が揺れ動くわけですけど
これからは、そんな中でも心のどこかで
「自然の法則面白いな〜」って思えるかもしれません(^O^)

おそらく肉体がある限りどんなに悟った人にも
物質界の自然の法則は適用されるけれど、
ただ人間は物質界を超えた5次元以上の生命エネルギーでもあるので、
そちらの側からみたら楽しめてしまうんでしょうね。
・・・というようなことが、これから出る本にも載っています♪

前回のブログでも紹介しましたが
編集協力した新刊のひとつ
高嶋康豪著・ヒカルランドが予約開始しました!

そして次出る本も予約スタートです!


 帯アリ - コピー.jpg


子宮委員長はる著・KADOKAWA





高嶋博士の本とほぼ同時の発売になりそうです。

また詳しい内容などレポートしますねぴかぴか(新しい)


先日高嶋博士からは
「あなたは宇宙の意思を察することができる
根っからのスピリチュアリストだ」
と言っていただきました。

 
私は自分が全然スピリチュアルだと思ってなかっただけに、
そう聞いたら何だか感動してしまいました。

これからもますます宇宙の意思
表現できるように心がけていきたいと思っています。

Love黒ハート liumei

大宇宙の運行は《ゼロ=無限》のエネルギー 地球まるごと蘇る《生物触媒》のサイエンス! 人類に未来を運ぶ《ハイパーイノベーション》の世界

新品価格
¥1,960から
(2017/5/30 12:54時点)



女の幸せは“子宮”で決まる!

新品価格
¥1,404から
(2017/5/30 12:53時点)




2017年05月17日

生きることは罪であるという洗脳

今年に入って取り組んでいた本の一つの情報が公開されました!

 
71t6Hg9k3NL.jpg

大宇宙の運行は《ゼロ=無限》のエネルギー
地球まるごと蘇る《生物触媒》のサイエンス
人類に未来を運ぶ《ハイパーイノベーション》の世界
高嶋康豪著・ヒカルランド

予約スタートです!

なんでこんなに素晴らしい本ばかり作らせていただけるのだろうと
私自身が感激するばかりの、本当にものすごい内容の本です(^^)/


一度売り切れになると入手困難になることが予想されるので、
ぜひ事前予約をお勧めいたします。

感性の鋭い方ならきっと必ず魂に響くものがあるはずです。


著者の高嶋博士のお名前は
原発事故の後に放射能を無害化する様々な技術を求める中で
行き当った方もたくさんいらっしゃると思います。

私もその一人でした。


それ以来、博士のことを知る方々から「あの方はものすごい天才だ」
というのを聞いていたので、一体どんな方なんだろうと思っていたんです。

で実際にお会いして話をお聞きしたら「なるほど確かに大天才!」と思いました。

高嶋博士が天才だということについては、
藤原直哉先生や高橋呑舟先生などもお墨付きなんだとか。


どんなふうに天才かと言いますと・・・
この世の中の仕組みや宇宙法則っていろいろな方が教えてくださってて、
きっと既存の偉大な宗教家の方々もそうだったでしょうし、
実際に現象で証明している方もたくさんいらっしゃいます。

でも、それを現代科学の理論できっちりと説明できる方は、
おそらく高嶋博士ぐらいしかいないだろうと思われるのです。

もちろんその理論を、現象によってちゃんと証明もしてます。

これは別に理論で説明できる人が
現象で証明している人より偉いとかそういう意味ではなく、
役割が違うだけで、どの分野でも
唯一無二の結果を残している方は皆すごいと思います。

そのうちアカデミック分野においては高嶋博士が最高峰ということです。


実際に最新の宇宙天文学や物理学や生物学など科学の分野では、
今まで「スピリチュアル」「オカルト」と
言われていた分野をどんどん証明できるようになっているんですね。

私なんかとにかく最新の宇宙の話なんてまったく知らなかったので、
まずそこを教えていただいた時から感動の嵐でした。

例えばこの宇宙では物質世界が5パーセントで、
残り95パーセントは正体不明の暗黒物質と暗黒エネルギーであることが
今では明らかになってるんですね。

だとしたら、物質社会で見えないものは信じないっていうのは、
残り95パーセントを否定して生きてるようなものなので、
これからはその方が「非科学的」といわれるようになっていくと思います。


見えない働きを解明するものとして、
最近量子力学や量子医学が注目されていますが、
量子力学はまだまださわりだったらしいことも知りました。

それのもっと本質の部分があるんですね。

これはぜひこの本で感じてみていただけたらと思いますわーい(嬉しい顔)

しかも人間ってやろうと思えば誰でも、
感覚で本質をつかむことができるんですから、
人のもつセンサーってすごいと思います。

奇跡のようなことだって起こせるのも当たり前で、
しかもその仕組みがこれからもっともっと科学で解明される と思うと、
本当に楽しみな時代になってきたなと思います。



たとえば2012年にアセンションがあって次元上昇してどうのこうの、って話、
その前まではかなり話題になっていたけど、
結局、皆が予想していた人類滅亡の危機のような現象はなかったので、
あれはウソ、スピ好きのたわごとだった、なんて言われて
すっかり下火になりましたよね。

私もすっかり忘れてましたけど(笑)

でも私たちが考えていた次元上昇とか現象ではないけど、
確かに人類はその頃から5次元以上に目覚めはじめていたようです

それはどういうことかというと、
2000年代に入って、
宇宙が「5次元以上」の
多次元構造になっていることが確実視されるようになったり、

昨年にはアインシュタインの予言した重力波も観測され、
「時空は一定じゃない」ことがわかったりして、

今までの3次元+時間を入れた
4次元の常識がどんどん崩れ始めて、

限られた次元に囚われていた人間が
5次元以上の宇宙エネルギーに目覚めはじめた、

ってことなんですね。

その5次元以上のエネルギーの利用が
やっぱり2012年頃からスタートしていたようで、

これから人間が使いこなせるようになれば、
地球を平和な星に変えるのも夢ではないようです


で面白いことに、実際に今私のいる出版業界でも、
そのエネルギーを感じて実践されている方の本は
2012年頃からどんどん売れ始めてるんですね〜。


詳しく知りたい方はぜひこの本をぜひ読んでみてくださいね。


さらに私にとって、すごく大きかったのは、
高嶋博士のお話で5次元エネルギーの仕組みを知った時に、
タイトルのような「洗脳」が解けた、ってことでした!


今の私たちの日常って、普通に生きて生活しているだけで、
罪を覚えることが多くないでしょうか?

例えばゴミを捨ててるだけで、処理できないゴミの山が増えてしまうから、
悪いことをしてるように感じませんか?

生活用水を無駄に使ってると、水はなくなるし、排水の処理が大変だし、
電気を使いすぎたら石油が枯渇したり原発を稼働させるかもしれないし、と、
何かいけないことをしているように思いませんか?

あるいは、肉を食べるのは残虐なことだと思って、
野菜を食べていたら、「植物にも意識がある」とわかって
「じゃあ全部殺害なら、生きるために食べるだけで罪なのか」と思ったりしませんか?



究極的には、今の人口では地球上の資源が枯渇するし、
地球外に住もうと思ってもそれは汚染を広げることになるから、
と思うと、生きていることや子どもを産むことさえも
はばかられる気がしてしまったりして・・・

「今のままでは大変なことになるから人口を削減しよう」と
なんてことを支配者やお金持ちの一部が言っていて
庶民からは大ブーイングを浴びていますが、
そういう方々も実は真剣に地球と人類の未来を考えた末に
結論を出しているのだという説もあります。

もしそういうことを何も考えないようにしようとしてても、
何となく、普通に生きてるだけで、
まわりに迷惑をかけてるようで申し訳ない、
という罪の意識がどこかにあったりしませんか?

でもそれってどうやら、根本から間違ってるようなんです。

本当は5次元以上のエネルギーが使いこなせたら、
何でもリサイクルできるし、有害なものは無害化できるし、
エネルギーだって枯渇しないし、
汚染された環境を元通りにすることだって可能なんですね。

もしエネルギーも資源も全部リサイクルできて
地球を汚染しないのだったら、
使うことに罪を感じる必要はないし、
人間同士が限りある資源やエネルギーや空間を
奪い合って戦争しなくたっていい、ってことになります。

将来、人が地球外に移住することができたとしても
今までの技術ならそこを汚染するしかなかったけど、
クリーンな状態で移住することだって可能になるんです。

出生率も基本的な生存が確保できる地域ほど下がる傾向があるので、
人口爆発も落ち着くかもしれません。

それに、確かにせっかく生きている動植物を無駄に殺すのは良くないとは私も思うけど、
かといって、「生命エネルギーは有限だ」という考え方もまた違うようなんです。

ともかくそうやって、5次元以上のエネルギーを使って
すべてをリサイクルできて環境も汚染しない方法は、
今高嶋博士はじめいろんな方が開発しているので、
それを取り入れていけば何の問題もないはずなんです

ただ単に、今の社会では採用されないというだけなんですね。

それは世の中を牛耳ってる人たちのせい、
って思いたくなりますけど、それよりも前に、根本的には、
私たちみんなの意識が3次元だけにとどまってるから進まない、
ということがあるようです。

だからみんなが洗脳を解いて5次元以上の世界に目覚めることができたら、
無限にエネルギーがリサイクルできるクリーンな社会になってしまうんですね。

それこそが真の意味のアセンションなんだと思います。
(忘れてたくせに言うけど…)


「そんなこといったって、リサイクルするからなんでも好きなだけ使ってOKなんて言ったら、
人間は貪欲にいくらでも限りなく欲しがるんじゃないの?」
って思う人もいるかもしれませんが、
本来人間の欲望や欲求なんてそんなに無限にあるわけじゃないと思うんです。

人って、足りないと思う、不安になる、満たされないと思うから
どんどんほしくなるんですよね。

しかも欲を持つのがいけないことだと我慢していると
逆にいつまでも欲が捨てられない逆効果になります。

その満たされない気持ちの根本には、
今の自分を愛することができない、というものもあると思います。

今の自分を愛することができない理由の一つに、
「生まれて生きてることへの罪悪感」というものも入るんじゃないかな?って思います。



この辺のことはあくまで今の私の感覚なので信じなくてもいいですが、
ただ、誰もがせっかくこの世に生まれて生きているのだから、
それに罪を覚えるよりも、
健全に人生をまっとうできたら、素晴らしいことじゃないでしょうか?



71t6Hg9k3NL.jpg



大宇宙の運行は《ゼロ=無限》のエネルギー
地球まるごと蘇る《生物触媒》のサイエンス!
人類に未来を運ぶ《ハイパーイノベーション》の世界



2017年05月12日

仕事のできない編集者・ライター


GWは風邪気味だったところ、
原宿に行って

18301194_1398970290160996_7111211253198254934_n.jpg
タイガービール飲んで、

18275240_1398972280160797_4618694476934993214_n.jpg
ラクサ食べて、

代々木公園に行き
カンボジア&ラテンフェスで
ソムタム(青パパイヤのスパイシーサラダ)をつまみに、

18274796_1398970846827607_5549823132284457100_n.jpg
アンコールとプノンペンというカンボジアのビールとか、

18301596_1398971313494227_2207084805289512194_n.jpg
おそらくラオス旅行した20年前から飲んでいないであろうビアラオとかシンハーとか、

18268636_1398971820160843_1356818460819556155_n.jpg
ビアチャンとか飲んでいたら、

・・・この数時間後に発熱しました(笑)

おかげでGW後半は何もできず寝てました眠い(睡眠)

その間、
夫に看病してもらい家事もやってもらっていたら、
夫の作ってくれたごはんが
だしのないうどんからだしの染みた美味しいうどんへ
味のないだし汁が美味しい味噌汁へと進化していって
感激しました黒ハート

だいぶ良くなったところで、
昨日は久しぶりに日帰り出張してきました。

 18341664_1406078976116794_3040931477726538304_n.jpg
漁港取れたての新鮮な海鮮丼とか

18342769_1406078996116792_6120172015402414471_n.jpg
快適な新幹線で風邪にも優しい旅でした(笑)

出張先の著者さんはめちゃくちゃ頭のいい
大天才で大人物!の本当にすごい方。

だから私ごときが用意した原稿を
気にいってもらえるとは思ってなかったんですが、
幸いにも大絶賛してくださって、
ある意味、まるで月影先生に
「恐ろしい子…!」と言われたときのマヤ状態(笑)

「あなたすごいよ!
よく私が言いたかったことを本にしてくれたね!
あなたならもう少しで超一流のルポライターになれるよ!」
なんて言ってくださったものだから
もう天にも昇る気持ちでした〜ハートたち(複数ハート)

実は数週間前にも「昇天」しそうなことがあったんですよね(笑)

先日、子宮委員長はるさんの原稿を作っていたのですが
それを読んだはるさんから、
どれだけ子宮委員長はるを理解してくれるのかが伝わってきて感激しましたもうやだ〜(悲しい顔)
っていうようなメッセージをいただいたんです。

のこれ、私(笑)

そんなことを言われたらこちらこそ感激ですよ揺れるハート

以前から、著者の方に、
「私が言いたいことはまさにそれです」
って言ってもらえることは多かったんですけど、
作ってる途中は合ってるのかどうかわからないので、
合ってるって言われると心から安心します。

それに今回の著者さんもはるさんも、
日本を変えるくらいの
ものすごい大人物として尊敬してるので、
そんな方から絶賛されたらホント
歓喜のあまり天に昇るしかないですよね(笑)


といっても、不思議と、「私ってすごいでしょ」っていうような
エゴ的な優越感にはならないんですよね。

きっと昔の自分だったら「どうだわたしの実力は」みたいに
イタイ天狗野郎むかっ(怒り)になってた
(そして長く伸ばした鼻をまたポキッとへし折っていた)
と思うんですけどね(苦笑)


私はただ、
尊敬する著者の方々が考えて実践してることを聞いた時に、
「あ〜それわかるわかる」
って理解したことを言葉に表現していっただけなんです。

それが合ってるって言われるということは、
私の思ってることにも「正解!」をもらった気がして
とっても嬉しいなって思いますハートたち(複数ハート)

だけど別に私がメチャクチャ理解力に優れてるわけでもなく、
私の実力がすごいからではないっていうのは、
心の底から理解しています(笑)

単純に、このブログでもよく書いてるような、
宇宙の仕組みとは何か? 
生命とは何か?
人が生まれて生きるとはどういうことか?
というような、本質の部分に関することが理解できれば、
誰でもできると思えることばかりなんですよね。

それをたまたま私は恵まれていて
教えてくれる人が何人もいて
自分で実感できるようになったというだけ。

ただ一つ言うならば、
マインドのエゴの声ばかり聴いていると本質がわからなくなるので、
理解しにくくなるのかな〜とは思います。

「だれでもできる。
けどエゴにふりまわされて本質を見ないとできない」
とでもいいましょうか。

その、どうやってエゴの声じゃなく魂の本質の声を聞くか?
という話がこのブログで今まで書いてきたことなんです。



でこれまで何度も書いてきたように、私って本当に
仕事ができないことには自信があるんですよ(笑)

編集の知識やスキルも中途半端。
編集一筋何十年って方のスキルは本当に素晴らしいと思う。

文章力も表現力もない。
作家の方々みたいな美しい文章を書いてみたいものです。

やりたくないこと・できないことはホントにいつまでもしないしできないし、
やりたいことでもエンジンかかるの遅くて、
体力もなくて作業も遅れがち。
やるべきことをちゃんとできる真面目な日本人からはほど遠い存在。

一応これまでの人生経験の中で培った、
法律や外国語の知識や翻訳のスキルは役に立ってるけど、
逆に普通の日本語だったら厳格に考えなくてもいい文法なんかでも
崩す加減がわからなかったりして・・・たらーっ(汗)


・・・仕事のできない編集者・ライターって、
つまりタイトルは私のことだよ(笑)


ですが唯一、魂で感じたことを、一字一句違わずに
表現してみたいという気持ちは強くて、
それだけは常にブログでも仕事でも考えています。

結局私にできるのはそれだけ、なんですよね。

だけど、ひたすら自分の好きなことを追求していれば、
オンリーワンの魅力ができて、
誰か必要とする人が出てきてくれるみたいです。

今まではいろんなことができない、ということが
私にとってコンプレックスでしかなかったけど、
仕事のできない私が実際に
こんなふうに受け入れてもらえるということは、
できないことはできなくてもいいのかもしれない。

はるさんの過去のブログに「自分業」の話があったけど、
結局どんなに同じ職業の人がいて、
自分より優秀な人がいたとしても関係なく、
誰でもどんな仕事でも「自分業」を極めればうまくいくのかもしれません


そんなわけでこの前まで
「この仕事終わったら次どうなるか不安。
でもなかったらなかったでのんびりしようかな〜」
なんて思っていたのがウソのように
あっという間にまたスケジュールが埋まってきちゃって
のんびりはできなそうですが^^;
ありがたく受けとめてもいますぴかぴか(新しい)



 
過去にあたったTDLのプロジェクションマッピングひらめき



先日facebookでお誕生日にお祝いメッセージを下さった方々に、
お礼に私の感じたその方へのメッセージを一言ずつお返ししました。

そうしたら、一部の方から「今の私に必要な言葉でした!」
とすごく喜んでいただきました。
多分、全然ピンとこない方もいたと思うけど・・・(笑)

初めてやってみたけど、直感でピンと来たメッセージがあって、
後で否定しようとしても「絶対これだ」って確信があってそれを伝えざるを得ない感じでした。

そのとき私が相手に対して感じたことって私の中にもあることで、
魂が共鳴した部分がメッセージになっているという感じでもありました

後で考えたら、それと本作りってまったく一緒だなと思いました。

私にはわからない部分もその人にはあるのだろうから、
私が言ったことがすべてではないとは思うんですけど、
必ず自分と相手との間に共鳴するものってある。
私はそれを表現してるんだなって思ったんです。

「人って深い部分でだれとでも必ず共鳴する部分がある」、
それをスピリチュアルな世界ではワンネスっていうんだなって、
私なりに確信しました。

だけど人はみなこの世でそれぞれ違う個性を持って生まれて、
同じワンネスであっても表現する方法はまったく違うわけですね

だから人と自分は同じではない。
人と人は共鳴できるけど同化はできない。
自分の個性を殺すのではなくて、
自分の個性で生きれば逆に
他人との共鳴が生まれるという、
この世にはそういうパラドックスがあるんじゃないかなって気がします。

一言メッセージ、とてもいい体験だったので
今度は本を買ってくださった方への
お礼にやろうかな〜って思ってます。

そのうち告知します(^_^)v


 既刊本のリストはリュウメイズ企画のサイトをご覧くださいるんるん
一部電子書籍ありです。
購入した本の写真とか、買った時のレシートやメールなど、
取っといてくださいね。






「自分業」はじめよう♪

 
安心安全で美味しい野菜づくりを応援してます(^^)/



2017年05月02日

ブロックがあるとお金が入らない

めずらしく4月はまったくブログを更新してませんでした。

その一カ月の間、めまぐるしく状況が変化して
まだ気持ちが追い付いてない感じです^^;

おかげで気がついたら花見をしないうちに
桜の季節も終わってました(笑)

4月前半は、2月末から作り始めて
なかなか終わらなかった本の原稿がようやく完成しました。

またまたすごい内容の本なので
発表をお楽しみに揺れるハート

で終わったとたんに別な本の編集が再スタート。

さらにその間休止していた英語の通信教育も再開しました。

それからずっとパソコンのメンテナンスしないとやばいのを知りつつ
知らないふりしてたのですが、
とうとう不具合があれこれでてきて
メンテナンスもしないといけませんでしたーー;

リュウメイズ企画の公式サイトもデータが行方不明で焦ったのですが
なんとか見つかって、最近の出版物も全部リストアップしました。


・・・がっ!それだけでは終わらなかった!
衝撃の展開?が私を待ち受けていたのですexclamation×2

 

以前撮ったシンガポールのイルミネーションなどの動画を
ぼちぼちとyoutubeにアップ中ですわーい(嬉しい顔)


大下伸悦さんによる
の出版記念講演会が4月中に2回ほど発売元のヒカルランドで開かれ、
編集協力者として参加させていただいたのです。
 
そしたらこれがものすごい内容だったんですexclamation目

17952523_1377714422286583_2602845877958420473_n.jpg
おかげさまで2回とも満員御礼でした!


「農業をやっても赤字になるから、
みんな自然農や有機農が良いとわかってても
なかなか踏み切れない。
だったら先に黒字にしちゃおう」

というのをモットーに、大下さんが、
90代で何百万稼いでる農家のおじいちゃんとか
最低で年収数千万のリタイヤされた方とか、
そういう例をいろいろ紹介してくださったのです。

さらに2回目の講座では、現在テネモスで活躍中の
菅原さんの講演会もありました。

17904358_1377714452286580_1401326993008480840_n.jpg
 ヒカルランドのヒーリングルーム「みらくる」にて。こちらも満員御礼でした。

この2人(大下さんと菅原さん)と私と夫が久しぶりに会って、
12年ほど前に夫と私が出会った土浦市のイベント以来の
深い絆を再確認する場面もありましたハートたち(複数ハート)


そして、「先に黒字から始めるプロジェクト」、
すごく興味があって、綱島のほうの会にも参加してみました。

でいざ行ってみると本当に面白くって
新しい世界が急に開けた気分ぴかぴか(新しい)になりました、

「好きなことをただやるだけじゃなくそれでしっかり稼ぐ」
っていうのはこんなにワクワクするものなのかと思いました(笑)

「夢をもって楽しく生きる」ってまさにこういうことなんですねわーい(嬉しい顔)

まだまだプロジェクト続行中なので
今後も参加しようと思ってます。

18198622_1393340300723995_1514436469236049995_n.jpg
綱島のプランター野菜も元気に育ってます。



だけどこれに参加するのって、実は
自分の中ではちょっと恥ずかしかったんですよ。

最近は念に数回しか行ってなかった綱島のイベントに、
お金のことになったら足繁く通うのって
何かあからさまじゃね?って感じで(笑)

今までブログでつづってきたように、
人にどう思われてもいいからやりたいことやる、
って覚悟ができたから良かったようなもので

これがもしほんの数か月前の自分だったら、
「お金を稼ぎたいって言うのって、
がっついてるみたいでカッコ悪い」
という見栄が邪魔をして行けなかったと思うんです。

だから、急に仲間内でお金の話になったようだけど、
実は自分の中のお金のブロックが外れたことが先決で、
ブロックを外すことができたからこそ、今こういう状態になってるんだろうな
って感じがすごくします。



そこで、お金のブロックが外れるまでのプロセス、
ちょっとまとめてみました。









私の中でこれまで、お金を持つことをブロックしてたのは、
「今の自分にはお金を持つ価値がない」

といった、自分への無価値観でした。

「今の自分ではダメだから」
努力して苦労して立派な自分にならないと、
楽してお金を儲けてはいけない、
と思い込んでたんですね。

だから、これを「自分はお金を稼いでもいい」にするには
まず「ダメな自分でも価値があると認めるところから
はじめないといけませんでした。

いわゆる心屋仁之助先生の言う「存在給」を高めるということですね。

そうして起こったことは逐一このブログでも報告してきましたが、
私の場合、インナーチャイルドを癒やしていって
ダメなところにも全部OKを出すようにして、
「本当の自分」を知り自分に返ることを繰り返すうちに、
徐々に価値を見いだせるようになりました。

買う時は値段で選ぶんじゃなく
ワサワサとしながらも
自分がときめくものに楽しくお金を使う、
というのを意識してきました。

それでもうまくいきそうでなかなか
うまく運ばないこともありましたが、
そこから、
「自分が思い描いていた姿と今の姿とのギャップをしっかり自覚し、
情けない自分に絶望するもうやだ〜(悲しい顔)
という段階を経て、

「他人にどう思われてもいいから
本当の自分を貫こう」

という覚悟ができてきたわけですね。

だからこそ、先ほどもいったように
「お金が儲かるよ」というところにホイホイといくのって
なんかがっついてるみたいでカッコ悪いなあ〜っていう
「カッコつけ」「見栄」による、
「お金を稼ぎたい」と言うことへの抵抗感を超えることができたんですよね。

まあ、本当はそうやってカッコつけてる姿こそが
他人から見たら一番カッコ悪いんですけどね・・・たらーっ(汗)

で、実際に行って話を聞いてたらそれだけで楽しくてワクワクして、
これが自分が望んでいないことのわけがないんだと思いました(笑)

危うく見栄のために本当の自分のしたいことを見失うところでしたあせあせ(飛び散る汗)

それから「がっついてるのが嫌」っていのは、
お金のために人を裏切ったり利用する人に痛い目にあってきたから、
そういう人と同類に思われるのはいやだっていう気持ちもあったからです。

でも痛い目に合ったのはなぜかというと、その奥には
「自分が自分を大切にできなかったから、人にも大切に扱われなかった」
という背景があったんだと、今になってみればよくわかります。

だけどよく考えたら、自分だったらどんなにお金に目がくらんでも
自分の良心に背くようなことは絶対しない
という、ヘンな自信だけはあるんですよね

もし自分が「金のために人を裏切る」ことがないのだったら、
どんなにそういう人のように見えようとも、
まったく気にする必要はないんじゃないのかな
って思いました。

・・・そんな自分の体験を振り返ってみて、感じたのが、
世の中のために良いことをしようと思ってたり、
精神的・スピリチュアルな充実度だけを考えてると、
お金を稼ぐということにヘンに抵抗してしまうものだなあ、
ってことです。

でも、結局人はこの物質世界を体験したくて地球に生まれてきてるわけで、
たとえば「結婚したい」「お金持ちになりたい」「〇〇したい」「〇〇がほしい」
っていうのは正確に言うと、全部、「結婚してみたい」「お金持ちになってみたい
「〇〇してみたい」「〇〇を持ってみたい」というような、
体験欲なんじゃないかな?
と思うんですよね。

そういう意味で、体験に失敗はないし、
お金についても、稼ぎたい欲ってあって当たり前なんだって思います。


というように、自分の体験を振り返ってみて、
いろんな方が言ってるように、
やっぱりお金の問題=自分の中の問題
なんだろうな〜というのを今ものすごく実感してます。

・・・そのあたりは今作っている本でも
著者の方が教えてくれているので、
そちらもお楽しみに揺れるハート

では皆様素敵なGWを!(^^)/

かわいい好評発売中! リュウメイズ企画編集協力の本かわいい

Attachment-1 (2).jpg

418pmRJBBxL__SY498_BO1,204,203,200_.jpg




池川明・未来見基著(新日本文芸協会)
ハッピー子育てカバー表1.jpg

51AFQA04RcL__SX338_BO1,204,203,200_.jpg

『笑うお産』
(池川明著・KADOKAWA)
笑うお産 カバー表1 0617.jpg

 書店でご注文ください♪