2017年03月31日

あきらめからの感謝。三歳神話の嘘。

誕生日の直前に、自分ががんばっても
評価されないということを認めたとたん
「スッキリ自由」な感覚になったという話を
前回のブログでしましたが、
その後がまたすごかったです。

周りの人がみんな、
自分ができないことを何かしらできている、
っていうことがよくわかるようになって、
みんなすごいな〜!って
心から感じられるようになったんですぴかぴか(新しい)


すべての人が、世の中のために、
私ができないことをやってくれてる、
天使みたい、
って(笑)

自分のダメさを確認したいときに
ダメ出ししてくるコンファーマー(造語)さえも、
私一人ではできないことをやってくれる
ありがたい存在だと思えます。

もっというと、みんなが、
自分の手足となって動いてくれてる
という感覚(って何様だ自分)

今までの私は、親だけじゃなく、みんなが
「他の人ができることが、なぜあなたはできないのか?」
って言い合ってるような世界にいました。

だから、
「他の人ができるのに、できない自分はだめだ」
というほうにフォーカスしすぎて、
「自分ができないことを、他の人ができてるからいいんだ」
っていうほうにあまり視点がいっていなかったんですね。

ところが、
「みんなが自分のできないことをやってくれてる」
と感じられるようになると、
感謝の気持ちがどんどんわき上がって来る来る(笑)

今までは人への感謝も、
意識しないとまた忘れてしまうことばかりでした。

それって、「自分が」「自分が」という
我の方向ばっかり見ていたからだったんですね。

でも、「自分が認められようとする」ことをあきらめて、
自分の好きに自由に生きようと思ったら、
周りの人がいかに自分のできないところを埋めてくれるかがわかって、
意識しなくたって、無意識に感謝が湧き上がってくるんです。

「がんばるのをやめな」「がまんするのをやめな」
って言われるのはなんでだか分かった気がします。

がんばることやがまんすることも、
「我を張る」ためのがんばる、
「我を無理やり抑えつける」ためのがまん、
という「我」からくるものだったら、
自分しか見えなくて
人を見る余裕がなくなってしまうからだったんですね。

何だか視点がガラッと変わった気分です。

といっても人に嫌なことされた瞬間は
そんなのすっかり忘れてちゃんとムカついたりしますけど(笑)
以前に比べてあんまり気にならなくなりましたわーい(嬉しい顔)

これからはもっと、周りの人の素晴らしさに感心するし、
感謝して生きられるような予感がします。

ちょうど3月いっぱいで、娘の学童保育も終わり、
9年にわたる娘の保育生活が終了して、
娘を育ててくれたたくさんの人への感謝をかみしめています。

IMG_20170331_095306.jpg
桜はまだ咲かないけど、もうしばらく行かないだろう学校の校庭。

娘を1歳から保育園に入れた時、
いろんな理由がありましたが、
一番は「毎日ほぼ母一人での子育てが辛い」
というのものでした。

それから保育園生活がはじまり、
たくさんの保育士さんや指導員の方々に
助けられるようになると、
心に余裕を持って子育てをすることができるようになりました。

いまだに仕事中に話しかけられて集中が切れたりすると
イラッとしてしまう私なのであせあせ(飛び散る汗)
もしこの状態をガマンしながら、ずっと娘と一緒にいたら、
娘にキレまくりで、きっと今みたいに
精神の安定した子にはならなかっただろうな〜
と思います。

「三歳神話」っていうのがあるけど、
それは子どもとずっと一緒にいても苦にならず、
穏やかでいられる親に限ったことじゃないでしょうか。

始終子どもといる状態ではストレスが溜まってしまう
私みたいな人が、母親だからって
一人で育てるほうがいいってことは
絶対にありえない、と経験上思います。

もちろん「三歳までは自分の手で育てたい」と思う人は
なるべくそうするのがいいと思うんです。

でも本当は預けたいけど三歳神話が気になる・・・
って人は好きな方を選ぶのが正解だと思います。


たくさんの人に子どもの面倒を見てもらうと、
そのぶんみんなに感謝できるんですよね。

そんな感謝いっぱいの子育てもいいものだぴかぴか(新しい)
って思ってます(^^)



 
かわいい好評発売中! リュウメイズ企画編集協力の本かわいい

Attachment-1 (2).jpg

418pmRJBBxL__SY498_BO1,204,203,200_.jpg




池川明・未来見基著(新日本文芸協会)
ハッピー子育てカバー表1.jpg

51AFQA04RcL__SX338_BO1,204,203,200_.jpg

『笑うお産』
(池川明著・KADOKAWA)
笑うお産 カバー表1 0617.jpg