2017年03月31日

あきらめからの感謝。三歳神話の嘘。

誕生日の直前に、自分ががんばっても
評価されないということを認めたとたん
「スッキリ自由」な感覚になったという話を
前回のブログでしましたが、
その後がまたすごかったです。

周りの人がみんな、
自分ができないことを何かしらできている、
っていうことがよくわかるようになって、
みんなすごいな〜!って
心から感じられるようになったんですぴかぴか(新しい)


すべての人が、世の中のために、
私ができないことをやってくれてる、
天使みたい、
って(笑)

自分のダメさを確認したいときに
ダメ出ししてくるコンファーマー(造語)さえも、
私一人ではできないことをやってくれる
ありがたい存在だと思えます。

もっというと、みんなが、
自分の手足となって動いてくれてる
という感覚(って何様だ自分)

今までの私は、親だけじゃなく、みんなが
「他の人ができることが、なぜあなたはできないのか?」
って言い合ってるような世界にいました。

だから、
「他の人ができるのに、できない自分はだめだ」
というほうにフォーカスしすぎて、
「自分ができないことを、他の人ができてるからいいんだ」
っていうほうにあまり視点がいっていなかったんですね。

ところが、
「みんなが自分のできないことをやってくれてる」
と感じられるようになると、
感謝の気持ちがどんどんわき上がって来る来る(笑)

今までは人への感謝も、
意識しないとまた忘れてしまうことばかりでした。

それって、「自分が」「自分が」という
我の方向ばっかり見ていたからだったんですね。

でも、「自分が認められようとする」ことをあきらめて、
自分の好きに自由に生きようと思ったら、
周りの人がいかに自分のできないところを埋めてくれるかがわかって、
意識しなくたって、無意識に感謝が湧き上がってくるんです。

「がんばるのをやめな」「がまんするのをやめな」
って言われるのはなんでだか分かった気がします。

がんばることやがまんすることも、
「我を張る」ためのがんばる、
「我を無理やり抑えつける」ためのがまん、
という「我」からくるものだったら、
自分しか見えなくて
人を見る余裕がなくなってしまうからだったんですね。

何だか視点がガラッと変わった気分です。

といっても人に嫌なことされた瞬間は
そんなのすっかり忘れてちゃんとムカついたりしますけど(笑)
以前に比べてあんまり気にならなくなりましたわーい(嬉しい顔)

これからはもっと、周りの人の素晴らしさに感心するし、
感謝して生きられるような予感がします。

ちょうど3月いっぱいで、娘の学童保育も終わり、
9年にわたる娘の保育生活が終了して、
娘を育ててくれたたくさんの人への感謝をかみしめています。

IMG_20170331_095306.jpg
桜はまだ咲かないけど、もうしばらく行かないだろう学校の校庭。

娘を1歳から保育園に入れた時、
いろんな理由がありましたが、
一番は「毎日ほぼ母一人での子育てが辛い」
というのものでした。

それから保育園生活がはじまり、
たくさんの保育士さんや指導員の方々に
助けられるようになると、
心に余裕を持って子育てをすることができるようになりました。

いまだに仕事中に話しかけられて集中が切れたりすると
イラッとしてしまう私なのであせあせ(飛び散る汗)
もしこの状態をガマンしながら、ずっと娘と一緒にいたら、
娘にキレまくりで、きっと今みたいに
精神の安定した子にはならなかっただろうな〜
と思います。

「三歳神話」っていうのがあるけど、
それは子どもとずっと一緒にいても苦にならず、
穏やかでいられる親に限ったことじゃないでしょうか。

始終子どもといる状態ではストレスが溜まってしまう
私みたいな人が、母親だからって
一人で育てるほうがいいってことは
絶対にありえない、と経験上思います。

もちろん「三歳までは自分の手で育てたい」と思う人は
なるべくそうするのがいいと思うんです。

でも本当は預けたいけど三歳神話が気になる・・・
って人は好きな方を選ぶのが正解だと思います。


たくさんの人に子どもの面倒を見てもらうと、
そのぶんみんなに感謝できるんですよね。

そんな感謝いっぱいの子育てもいいものだぴかぴか(新しい)
って思ってます(^^)



 
かわいい好評発売中! リュウメイズ企画編集協力の本かわいい

Attachment-1 (2).jpg

418pmRJBBxL__SY498_BO1,204,203,200_.jpg




池川明・未来見基著(新日本文芸協会)
ハッピー子育てカバー表1.jpg

51AFQA04RcL__SX338_BO1,204,203,200_.jpg

『笑うお産』
(池川明著・KADOKAWA)
笑うお産 カバー表1 0617.jpg


2017年03月25日

他人の評価を求めないとき、人は本当に自由になれる

17353399_1347493571975335_1451385431389948776_n.jpg

春分の日に、菜の花畑でピクニックして風邪をひきました。
リュウメイズ企画のはしもとるみです。


それについてちょっと補足です。

「あなたのここがダメだよね」って言ってくるような人の話ですけど、
「世の中にはそういうひどいことを言う人もいる」
っていいたいわけではなくて

(まあ、言われた時には感情が出てきて
「なんてひどい奴だ」って思ったりしますけどね・・・笑)

そういう人がでてくるっていうのは、
自分自身が「私はダメなやつだ」と思ってるからだ、
ってことです。

無意識にダメであることを確認したいと思っているから、
その役をやってくれてる人が現れる んですね。

自ら「指摘してくる人」を呼んでるんです。

確認する人だから「コンファーマー」ね(造語)

そんでもってコンファーマーたちに「ダメだ」と言われては
「やっぱり私はダメなんだ」ってダメさを確認する。

「一人コント」と言いつつちゃかり
脇役(悪役)を連れてきてるんです(笑)

実際に、今までちょっと「自信がないなあ…」
と思っていた時には、恐ろしいくらいに
もれなくほぼ100%そういう指摘がありました。

だから「自分がダメだと確認したい」という
「一人コント」をやめることで、
コンファーマーもだんだんいなくなるんですよね。

もし何かいう人がいても
「ふ〜ん」で終わりで「ダメさ確認」には至らないんです。

 
それを考えると、わざわざ
周りの人に「あなたのココがダメ」ってダメ出しして
皆に嫌われてしまう方がたまにいますけど、
いろんなところで自ら脇役(しかも悪役)を買って出ててるわけだから、
すごいボランティア精神の持ち主だな〜と思います(笑)

その他人のダメ出しも含めての「一人コント」で、
結局、自分がダメかどうか
決めてるのは自分しかいない、
ってことを言いたかったのでした。


さらに・・・自分の情けなさに涙した、
ってことを書きましたが、
結局あれだけでは終わりませんでした(笑)

その後またどんどん
「自分は生まれてこなかったらよかったんじゃないか」
「生きている価値ってないんじゃないか」
というような存在意義を疑うような気持ちが浮上してきて
またそれをとことん味わう作業をすることになったんですたらーっ(汗)

その作業の過程で突然はっと思い出したことがありました。

それは、私が過去のある出来事からずっと
「仕事で認められることで、存在意義を得ようとしてきた」
ってことでした。


前にも書きましたが子どもの頃から
できないことがいっぱいあった私は、
よく周りからダメ出しされてきてて、
人に評価された記憶があまりありませんでした。

だから自分に自信がなくて
「自分はだめな人間」ってずっと思いこんでたんです。

そこで、評価されて自信をつけようと頑張ったんだけど、
結局望むような結果は得られてきませんでした。

大学受験も、勉強頑張ろうとしたけど頑張れず
兄の入ったような有名私立大学とは雲泥の差(笑)

その後、もっと別の学校の大学院に何とか入ったけど
そこにはもっと自分より優秀な人ばっかりで
コンプレックスが逆に大きくなりました。

大学院では開発協力の勉強をして、
国際協力の仕事をしたかったのだけど、
働いたNGOでは
「英語も全然ダメ」
「仕事未経験で事務処理まったくできない」
って先輩たちにダメ出しされる日々で、
この頃はもう将来がまったく闇の中で見えず(笑)


ところが・・・その後アジア就職を夢見て渡ったシンガポールで
受け入れてくれた会社がヤバかった(笑)
中国語でいうと厉害!(→日本語で「ヤバい」っていい意味で言うのに似てる)

まったく何もできない私が
何とか頑張って仕事をこなしてるだけで、
上司やみんなが認めてくれたんです。
しかもお給料まで上げてくれて(笑)

このとき、生まれて初めて
「あれ、私ってダメ人間じゃなかったんだ」
って思いました。

それまで何をやってもダメだと思ってた自分が
人から認められるってことが
どんなに嬉しかったか・・・涙

・・・が、そのときに、
「あ〜こんな私でも、
ただ仕事を頑張るだけで、認めてもらえる。
だったら仕事を頑張ろう
と思ってしまったんですね。

もともと、新しい事を覚えるのは好きだったし、
海外でいろんな人と会える仕事も楽しくて、
「働く楽しさ」にも目覚めた私は、
仕事が生きがいになりました(笑)

ところが・・・頑張れば頑張るほど
なぜか体に無理がきて
逆にどんどん迷惑な奴と思われてしまう、
という悪循環にはまってしまい、
結局ギブアップ。

だけど、「頑張ればこんな私でも認めてもらえる」
という自己洗脳はなかなかとけずに(笑)

その後も仕事を頑張ろうとして、でも無理で
何度も何度も失敗を繰り返して、
何度も何度も悔し涙を流して、
でも何とか頑張ろうとして・・・

っていうのを、
ホントについ最近までやってたんですね・・・わーい(嬉しい顔)

そうやって、さんざんもがいたけど、
この度やっと、悟ることができました。

「あ〜私は頑張ったからって
認められるような人間じゃないんだ」
ってことを(笑)

そういうと、「どうせ私なんか」って
拗ねてるように思われそうですが
そうじゃないんです。

「私は頑張ることにより、評価を得る事はできなかったし、
これから体力の落ちてくる年齢になるので
ますますそうなることが予想される」
というありのままの事実を
しっかりと自覚した、っていうことです。

・・・まあ、それが「自分は生まれてこない方がよかったのでは」
「自分に生きている価値はあるのか」という
存在意義を疑う気持ちにつながったわけですけどたらーっ(汗)

逆にその気持ちをとことん味わったら
ふっきれてしまって(笑)

「そうはいっても、こうして生かされてるわけだし、
人の評価を得ようと頑張ったところで
認められないんだったら、
もう人の目を気にしないで、
とことん好きなことをすればいいじゃん!!」

って思ったんですひらめき

そしたら、
この上なく自由で
すがすがしい
メッチャ風通しのいい感覚
になりました(笑)

不思議とそう思うことによって、
逆に、働く楽しさだったり、
仕事の面白さが、
どんどん味わえるようになった気がしますわーい(嬉しい顔)

それに、頑張っても頑張れなかったし
うまくいかないことも多かったけど
なんだかんだ言って
「海外就職」「翻訳」「書籍編集」といった
興味を持っていた仕事は全部やることができて
結果どれも楽しめていたわけで・・・

そんな自分のラッキーさも実感することができました(笑)

「頑張んなきゃ」と思うほどに「頑張れない自分」を知って
落ち込んでいた、これまでの私はなんだったんだろう・・・笑

今はこれまでの自分に、こういってあげたいです。

人から評価されたい気持ちを
さっさと手放してしまえば
こんなに自由になれるよぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

って・・・揺れるハート揺れるハート



誕生日直前に、大きな思い込みを一つ手放して、
さらに自由になった私(^o^)

「がんばる教からの完全脱却マニュアル」を作りたいくらい(笑)

仕事もこれからはもっともっと楽しくやっていきまするんるん

ちなみに、編集の仕事をするようになってからは
基本的に好きな本しか作っていないので
今までの出版物も強力お勧めです(ここでCM)



インスピレーションで思いついた言葉を
その都度アップしています。

そのときのひらめきでいろいろですが、
心が軽くなりそうな言葉が多いです。

せっかくだったら、リュウメイズ企画を応援してくれる人に
特別に言葉のプレゼントしたいな〜と思って
企業ページのみで更新しています。

個人ページには当分紹介しない予定なので、
チェックしてみてください。

真多蝦
Liumei

 
かわいい好評発売中! リュウメイズ企画編集協力の本かわいい

Attachment-1 (2).jpg

418pmRJBBxL__SY498_BO1,204,203,200_.jpg




池川明・未来見基著(新日本文芸協会)
ハッピー子育てカバー表1.jpg

51AFQA04RcL__SX338_BO1,204,203,200_.jpg

『笑うお産』
(池川明著・KADOKAWA)
笑うお産 カバー表1 0617.jpg

2017年03月14日

生まれて初めての方向転換!・・・1人コントが停滞の原因でした。

前回の続きで、最近の落ち込みから立ち直った話です。

なんで落ち込むことになったかというと、
仕事上お付き合いのあった方々が
次々離れることになったこととか、
青色申告の決算書を作っていて
出てきた収支額に愕然としたとか(笑)
自分が世の中に対して何もできない
ってことを思い知ったこととか・・・
そういうことがいろいろ重なったんですね。

この時期は震災を思い出す上に、
卒業シーズン、確定申告シーズンでもあって、
ある意味、要注意ですね・・・

(まあ、確定申告は前々からやらないのが悪いんだけどね)

ちょうど昨年も今頃、
決算書をみて落ち込んでたんですよね。

昨年の場合は、「このままの状態だったら
お金が無くなってしまう。どうしよう…」ふらふら
という、独立して以来ずっと持ち続けていた
不安と恐怖が浮上してきて、
その恐怖の感情をひたすら感じ切る作業をしていました。

するとその後、恐怖を感じることはほとんどなくなり、
「なんとかなるさ〜いい気分(温泉)っていう開き直りと安心感が生まれました。

それ以来、立て続けに仕事の依頼が来るようになり
結局、一年間仕事が途切れることがなくて
「想いが現実をつくる」っていうけど
本当だったんだな〜と実感しました。

とはいっても、私にとっては、
「引き寄せの法則があるからいつもご機嫌で♫」
なんて思って、感情にフタをするのは
かえって逆効果でしかなく、
やっぱりインナーチャイルドの自分と仲直りしたり、
感情をとことん感じ切って、
「自分らしく生きる上でいらないもの」を手放していくことが
「良い気分」になれる最善の方法だったわけです。


おかげで今年は、お金が無くなる恐怖はもうなかったんですけど、
今度は、過去に「将来の自分はこうなっている」と想像していた自分と、
現実の自分とのあまりのギャップに気づいて驚嘆してしまいました。

「いつかはこうなりたい」と思ってた自分に全然なってないじゃん・・がく〜(落胆した顔)
っていうのに気づいてショックだったとでもいいましょうか。

ですがこんな時は、子宮委員長はるさんから教わったように、
一度、現状の自分の姿をありのまま直視するのが大事だと思って、
その全然結果を出せてない部分を一つずつ振り返ってみました。

そしたら、自分との約束をまったく果たしていない自分が
情けなくてふがいなくて・・・・
自分に申し訳ない気がして
悔し泣きしてしまいました。たらーっ(汗)

でも、そこでやめずに、情けない気持ちを
とことん味わってみたのです。

すると感じるだけ感じ切ったあと、
「あれ、何か流れが変わった?」と思う瞬間が訪れました。

今までの自分は、
少しずつ本当の自分を認めることができるようになっていたとはいえ、
ついつい、欠点やダメなところ、失敗したことなど、
マイナスを埋めようとする思いグセが抜けなかったんですけど、

あまりに情けない自分の姿を実感することにより、
逆に開き直って、そのマイナスを埋める思いグセから、
卒業できた感じがしたんです

するとその時に、今の何もなくて情けない自分への
本当の自信というものが現れて、
「これからの私はもう、マイナスを見る方向じゃなく、
どんどんプラスを見る方向に行ける」ぴかぴか(新しい)
ってふと思えたんです。

飯島秀行先生がおっしゃっていたように
放出と吸引でいうなら、
今までの人生で放出しきったので、
今度は吸引の流れに行くしかないって感じです(笑)

さらに、流れが変わった感覚になった後に、
はっと気がついたことがありました。

それは、「私はこれまで、自分から進んで、
自分のダメなところを探しては落ち込んでたんじゃないか?」がく〜(落胆した顔)
ってことです。

たとえば、出版の仕事をしてると
「この本のここがよくない」とかいろいろ、
言う方々がいるわけです。

だけど私の中では、今まで作ってきた本で
素晴らしくない本はただの一冊もないと思ってるんです(笑)

必要な人にとっては絶対に貴重な内容だということには
自信があります。

ただやっぱり技術的にはどう完璧を目指しても
100%完璧はあり得ずに、
できあがったものを見て、
あ、ここ失敗だった・・・思うところは
必ずといっていいほどあります。

でも、確かに失敗はあったかもしれないけど、
「ものすごくいい内容である」という自信までもかき消すことはないのに
失敗したという事実のほうばっかりに気を取られてしまって、
肝心の自信まで喪失してしまっていたんですね。

なんというか、わざわざ自分の欠点を
自分で掘りにいって
「ほらやっぱり私はできない人間なんだ」
って悲劇のヒロインになって、
その欠けた部分を必死になって埋めようとしていた・・・という。

これじゃあ、いくら土をかぶせても
地上に新しいものを作り上げることはできませんよね(笑)

「一人コント」って話には聞いてたけど
こういうことか〜〜〜あせあせ(飛び散る汗)って初めて実感できました。

ただこれまでは、いくら
「できないところは気にしないようにしよう」と
頑張って思おうとしても、なかなか難しかったんですよね。

ところが、自分の現状をとことん思い知って、
落ち込んで落ち込みきることで、
やっと一人コントがやめられた感じがします。

しかもマイナスを必死で埋めようとしているときって、
どれだけ「恵まれてることに感謝しよう」と思っても、
プラスの方向に視線を向けてないから、
なかなか良いところがわからないんですよね。

それがマイナスを埋めようとすることをやめると、
やっと、たとえ自分が欠点だらけでも、
結構許されて生きてられて、
恵まれてるってことが実感できて、
周りの人にも心から感謝の気持ちがわいてくる。
そ〜ゆうものなんだなあ・・・って思いました。


IMG_20170311_151052 (1).jpg
夫の運転で再び麻賀多神社にも行けたし。


思いが変われば現実が変わるとするなら、
これで現実がどうなるのかわかりませんが、
今までおそらく生まれてからずっと、
45年以上(笑)マイナスの方向を向いていたのが
今後プラスの方向を向いた時にどうなるのか、
楽しみでもありますハートたち(複数ハート)

IMG_20170311_172308.jpg
月を飛び越えてゆこう♪


それと、気分が前向きになってきたら、
いろんな方と建設的なビジネスの話をして、
コラボとかしてみたいな〜と思ってます。

もう少ししたら、
ゆるゆる起業家ミーティングみたいなことをしてみたいな〜
って思ってます。



IMG_20170312_092305.jpg
すっきり吹っ切れた後、成田でハローと声をかけられる私(笑)

「これまで、どれだけ自分に自信を持とうとしても持てなかった」
って方がいたら、参考にしていただければ幸いです手(チョキ)


ひらめきFacebookのリュウメイズ企画のページで、インスピレーションのわいた言葉をその都度アップすることにしました。
フェイスブックをしていない人も、公式サイトの小窓からみれると思います。

 
かわいい好評発売中! リュウメイズ企画編集協力の本かわいい

Attachment-1 (2).jpg

418pmRJBBxL__SY498_BO1,204,203,200_.jpg




池川明・未来見基著(新日本文芸協会)
ハッピー子育てカバー表1.jpg

51AFQA04RcL__SX338_BO1,204,203,200_.jpg

『笑うお産』
(池川明著・KADOKAWA)
笑うお産 カバー表1 0617.jpg

2017年03月13日

小さくてみえないものに力はあるのか。

今年も3月11日がやってきました。
東日本大震災からもう6年も経つんですね。

普段はついつい忘れがちですけど、
毎年この日が、過去を振り返って
思いを新たにする良い機会になります。


当時娘は4歳になったばかりでしたが、
この前、何かの特集で
同い年ぐらいのお子さんが震災で亡くなったという話がでてきて、
「そうか、うちの子はもうだいぶ大きくなったけど、
亡くなった人たちはあのときから時が
止まったままなんだ・・・」
と実感させられました。


あの頃は原発事故で自分たちも
死ぬんじゃないかと本気で思っていたので
以来6年も自分や家族が生きているのが
ありがたい以外の何物でもありません。

それに今考えると震災後はほぼ半年ぐらい
心が沈んでて半分うつ状態だったので
自分がそこから立ち直って元気になれたことも嬉しくて
生きていると良いこともあるものだな・・・
とも思っています。

それから、震災のおかげで、
「口で言ってるだけで何も行動しない自分」を
少しずつ卒業していって、
自分の想いを実現するために行動できるようになったので、
その機会をあたえていただいたことに、
心から感謝しています。

小さなことでは断捨離レジスタードマークができるようになりました・・・


自分たちが幸せになることが、のこされたものたちのつとめ。

今はそう確信しています。


亡くなられた方々のご冥福をお祈りするとともに、
被災された方々がこれから、
幸多き人生を送られますよう心より祈念いたします。



今年の14時46分は
震災の日のように関東平野を車で走っていて、
夫の運転だったので車の中で黙とうしました。

向かう先は成田の麻賀多神社。

 IMG_20170311_153448.jpg

麻賀多神社は8年ぐらいまえに訪れて、
素晴らしい世の中になるようにとお祈りしていたんです。
(あ、もちろん自分の幸せを祈ることも忘れてませんけどね、笑)

IMG_20170311_151326.jpg

普段霊感は全然ない私ですが、
当時、この神社に行ったときだけ明らかに体が軽くなって、
その後寄った近くのコンビニで
またどーんと重くなったのがはっきりと感じられる、
という不思議な体験をしました。

神様、せっかくなら現実社会に戻ってからも
体が軽くなったままにしてくれていいんですけど・・・(笑)

それ以来また行ってみたいと思いつつなかなか行けず、
でも最近パワスポめぐりが楽しくなったおかげもあり、
今年こそ行こう!って決めて、
都合がよかったのがちょうど3月11日。

しかも予定では午前中に参拝して
その時間にはゆめ牧場にいるはずだったのに
モタモタ準備していたので全然間に合わず、

結果的に震災の起きた時間の直後に到着。

これも何かのお導きなのかな・・・
と思わされました。

今回は特別不思議なことは起きませんでしたが、
境内に入ったら、ちょうどぼーっとしていたのもあって、
完全に思考停止、マインドの入る余地なしの状態になり
お参りした後スッキリ。

IMG_20170311_152019.jpg

やっぱり神社って誰でも楽しめるヒーリングスポットです。

 IMG_20170311_152921_BURST001_COVER.jpg

このようなお告げをいただきました。


その日は成田のホテルに一泊。

IMG_20170311_172840.jpg

ホテルの窓から夕焼けを眺めました。
まさか6年後にこんな日を過ごしているなんて感慨深い。

飛行機の離着陸風景がめちゃくちゃ好きなので空港見物は欠かせません飛行機

IMG_20170311_201751.jpg

ロビーにだれもいないところ、初めて見た・・・。

IMG_20170311_212515.jpg



外国人ばっかりのホテルで従業員さんにハローと話しかけられる。

IMG_20170312_091951.jpg

気分だけは海外旅行のワクワクが味わえます。

IMG_20170312_083237.jpg

これは夫の朝ごはん。


そして昨日は、寺田本家のお蔵フェスタに参加してきました。

 IMG_20170312_135413.jpg

たくさんの友人たちと久々の再会を楽しみ、

試飲で寺田本家さんのお酒を飲んでほろ酔い気分になったら
嬉しくて楽しくてありがたいって気持ちしかおきなくて、

幸せいっぱいの一日を過ごさせていただきましたわーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)

IMG_20170312_121524.jpg

年々人が増えてるそうですが、そりゃあこれだけ楽しかったら
みんな来るよね〜って思います。

微生物の力はすごい。

IMG_20170312_211605.jpg

お土産は、寺田さんのお酒のほか、
茨城の自然農家の浅野与五右衛門さんのお野菜や
鹿島パラダイスさんのパラダイスビール(全種大人買いビール

手前のひょうたんマラカスは娘がワークショップでつくったもの。

なんと今、このブログの最初の頃に貼りつけた写真が出てきたexclamation×2
寺田さんの火祭りのときと、鹿島パラダイスの酒造りをしたときわーい(嬉しい顔)

IMG_1670.JPGIMG_1886.JPG

こう見ると長いお付き合いですね・・・揺れるハート

ご縁とは不思議なもので、私は
寺田啓佐さんの小冊子『発酵する生き方』を出版して以来、
発酵に関する本のお仕事をたくさん頂くようになりました。

しかも、この数日は微生物のことでいろんな面白い出来事があり、

先日はヒカルランドのショールーム「みらくる」で
「ここは微生物たっぷりの空間です」という石井社長のお話を聞いた直後、
寺田さんの小冊子の注文をいただき、ついに完売。
(また後日増刷いたしますexclamation
今まで手売りだけで6000部ほど販売することができました。

またここ数日、自分のふがいなさを思い知って、
めちゃくちゃ落ち込んでいたのですが、
とことん落ち込みきって抜けたところで、
お蔵フェスタや寺田さんの関係で、
友人たちからほぼ同時に連絡がきて、
急に立ち直りました(笑)

大下伸悦さんの『スーパー微生物農法まるわかり実践ガイダンス』では、
「微生物というみえないもののはたらき」とは何か?が解説されていますが、
ホントに微生物というみえないものに応援されてる感じがしています。

私なんかつい「たくさんの人が知ってるもの」「権力があるもの」
のように、人から偉大だと思われるもののほうが
すごくてエライように錯覚してしまいますが、
じゃあ、小さくて見えないものには力はないのかっていうと、
実はそういうものにこそ、底知れぬ力があるんだ
ということを実感します。

「小さいものはとるに足らない」って意識は
変えないといけないな、って思います。

もちろん私だけではなくて、みんなひとり残らず
みえないものに応援されているはず。


・・・でなぜ最近落ち込んでいたかという話をしたかったのですが、
うまくまとめるのに時間がかかりそうなのでまた今度。

IMG_20170311_171438.jpg
さあ行こう、今までに見たことのない世界へ。




ひらめきFacebookのリュウメイズ企画のページで、インスピレーションのわいた言葉をその都度アップすることにしました。


フェイスブックをしていない人も、公式サイトの小窓からみれると思います。

Line公式アカウントも設定予定です。でき次第告知いたします。

かわいい好評発売中! リュウメイズ企画編集協力の本かわいい

Attachment-1 (2).jpg

418pmRJBBxL__SY498_BO1,204,203,200_.jpg




池川明・未来見基著(新日本文芸協会)
ハッピー子育てカバー表1.jpg

51AFQA04RcL__SX338_BO1,204,203,200_.jpg

『笑うお産』
(池川明著・KADOKAWA)
笑うお産 カバー表1 0617.jpg