2017年02月24日

恨み・憎しみが解放できた話

今年も確定申告の季節がやってきましたね(笑)

例年であれば
今頃そわそわして帳簿入力して
3月頭にはだいたい終わってるのですが・・・
今年は本の入稿と脱稿の時期が重なっており
まだ全然ですがく〜(落胆した顔)


こんな状況のとき、今までだったら焦って
肝心の仕事が手につかないところでしたが
だんだん肝がすわってきたのか
とりあえずやることはやって
あとは大船に乗ったつもりで
流れにまかせようかなって気になっている今日この頃です船

忙しいアピールしたいわけじゃないけど(笑)
それだけ今は仕事が増えてるってことなんだなあ・・・
って思ったら、嬉しいとともに
会計のシステムもそろそろ整えねばと思うのでしたたらーっ(汗)


さてさて 
昨日久しぶりにホメオパシーを飲もうかな、と思って
飲んでみました。

ちょっと体調が悪い時などに利用してるホメオパシーですが
使ってみると、自分の中でフタをしていた感情とかが
ふとよみがえってくることがあるんですよね。

ときどき思い切り泣いたり怒った夢を見て
起きるとめちゃくちゃすっきりしてた、
なんてこともあります。

すると今回は、
これまで消したくてもなかなか消えなかった、
人を恨んだり憎む感情が
モヤモヤモヤ〜っと湧き上がってきたんです。

こんなときに大事なのは

「わきあがった感情をとことん感じること」

なんですよね。

ホメオパシーのインナーチャイルド療法とか
いろんなメソッドにありますけど、

せっかく出てきた感情を否定するんじゃなくて、
その感情を認めて味わうことで
いつか感情が抜けていく

というのが鉄板。

そこで今回も、嫌な自分をそのまま認めて
感情をじっくり味わってみました。

すると・・・忘れてた記憶がよみがえり
自分の中の本当の思いに気づいたのです。

それは、

「あなたをいじめたり悪いことをする人にも
事情がある。
その人にもいいところはあるでしょう?
だから、わかってあげなさい。
あなたががまんすれば済むのだから」

と、親に言われたからか何か覚えてないけど、
いつの頃からかわからないけど多分小さいころから、
自分に対してそう思わせようとしてた、


だからずっと私は、
相手を恨むことはいけないことだからと、
恨みを忘れようとして、
でも忘れようとしても忘れられなかったんだ、

そして忘れることができない自分を
どうしていつまでも恨みを持ってしまうんだろうと
責め続けていたんだ、

だけど、本当は
「忘れなさい」より
「嫌なことがあって傷ついたよね」
って言ってほしかったんだ

でもそう言われなかったから
「傷ついた自分をわかってほしい」
という気持ちでいっぱいになってたんだ

・・・ってことでした。


ずっとずっと無意識にやっていたことだから
今まで全く気が付かなかったんですね。

 
そこで苦しんでいる自分の気持に
心の中で、

「みんなはダメっていうかもしれないけど、
私は何があってもあなたの味方だよ。

相手にどんな事情があったとしても
どれだけいいところがあったとしても
あなたが傷ついたことに変わりはないんだよ。

相手を恨む気持ちを忘れられないだったら
無理に忘れなくていいよ」

と言ってあげたのです。

 
そしたら、なんということでしょう(笑)

長年の苦しみから解放され、
相手を恨む気持ちがふーっと消えてしまったんです。

あ〜やっぱり、まずは自分で自分に許可を与えることが大事なんだな、
人を憎むとか恨むとか、
世の中の人はそんなことしてはダメというかもしれないけど、
人を恨んでもいい、憎んでもいい、
って自分だけは許さないと、
逆にずっとその感情がたまったまま消えないんだな、

って思い知らされました。


子どもって、育ててくれる人がいなければ生きていけないから、
 親や面倒見てくれる大人はとてもありがたい存在ですよね。

でも、だからこそ子どもって生存本能で
保護者に対して、
「この人に嫌われたら育ててくれるかわからない。
自分が無事生きていくためには
この人になるべく気に入ってもらわないと」
と思って、「なんか納得できない」って時でも
「この人の言うことに従わないと」
と無意識に感じてしまうんだと思うんです。
そしていつしか、その親の価値観=生きていくためには大事なことだ、
と思い込んでしまうんですね。

親からしたら自分が何気なくやってることや言ってることばかりで
「そんなことがトラウマになるんだ〜exclamation&question
って思いますけどねたらーっ(汗)
子どもが自分一人で生きていけない以上
親の影響を必ず受けてしまうのはしょうがないのかもしれません。


 でも、大人になったら、もう自立していいんですよね。
「私の考えは親の考えと違う」と思ったら、
自分の考えで生きていいんです。

親との価値観の違いが大きいと
わかりあえないことがつらいと思ったりしますが、
それでも、せめて自分だけは自分の味方にならないと、
どんどん自分を苦しめてしまいます。

親だって子どもを苦しめるために言ったわけじゃないんです。

親にとっては、子どもが自分と違う考えで生きてても
結局子どもが幸せだったらそれが一番なんですから。


 
それにしても、
自分の感情に気づいて解放するためには
ホメオパシーの力はやっぱりすごいな〜
と思い知らされた出来事でしたぴかぴか(新しい)

 

 愛の時代.jpg
私が感情解放について由井寅子先生に教えてもらった時の話を
小冊子にしています。
下記『子宮委員長はるの子宮委員会』
『幸運でいっぱいになる本』と合わせて読んでいただくと
よりいっそう効果的ですexclamation


かわいいお知らせかわいい
※4月1日、16日ヒカルランド主催
の後に、菅原克行さん講演会が開催されますexclamation
お申し込みは『幸塾・夢をもって楽しく生きる会』まで。

このブログで何度も紹介している、飯島秀行先生の
圧やエネルギーの仕組みを理解したい方には
大変おすすめのセミナーです。

会場はこちらのヒカルランドミラクルショップですぴかぴか(新しい)
IMG_20170130_160809.jpg


かわいい好評発売中! リュウメイズ企画編集協力の本かわいい

Attachment-1 (2).jpg

418pmRJBBxL__SY498_BO1,204,203,200_.jpg




池川明・未来見基著(新日本文芸協会)
ハッピー子育てカバー表1.jpg

51AFQA04RcL__SX338_BO1,204,203,200_.jpg

『笑うお産』
(池川明著・KADOKAWA)
笑うお産 カバー表1 0617.jpg

2017年02月17日

ダイヤモンドの光はココから観る

一連のニュースを聴いて
「マレーシアのポリス、ちゃんとお仕事できてるのかな」
と別の意味でドキドキしています。

 

IMG_20170208_170034.jpg
春ですねえ。


先日子宮委員長はるさんにお会いしたとき、
最近始められたという「〇〇こ霊視」をしていただく機会がありました。


「〇〇こ」ってアメブロだと絶対削除なNGワードみたいですね。

昔はるさんの本の打ち合わせで
「〇〇こちゃん」ってキャラ登場をさせたらどうか?
ってひらめいたのですが当然却下でしたw

そんな強烈ワードなのでここでは「アレ」と言うことにします。

でもその強烈ワードの一般的イメージとは裏腹に、
はるさんがアレを霊視して感じたイメージは

自分の本質そのもの!

自分の魂そのもの

で、感動と笑いしかありませんでしたわーい(嬉しい顔)

はるさんも書かれてますがほんとにアレって、
びっくりするほどその人の本質を表してるんですねexclamation

はるさんと出会ってから
「性と魂の深いつながり」を知るようになりましたが
これほどまでつながってるんだ!って改めて感じました。

まさに「性は聖」なんですね。

その性のことをワイセツなイメージで隠してるのって
「わざと子育てのしにくい価値観を広げる」のと同じく
少子化促進日本国民滅亡のためという
陰謀説もあながち間違いではないのでは?
とつい思ってしまいます(笑)

ともかく、事前のはるさんの話では
自分の本音本望を無視してる人はヤバいみたいで
「自分もヤバかったらどうしよ〜」ってドキドキしました。

でも結果は全然逆でした。

はるさんによると、
「私のアレは、私が本音や直感の声を聞いて
行動してくれてることを、とっても喜んでくれてる」
んだそう。

それを聞いてほっとしました。

私自身、ヒマラヤ聖者の瞑想を実践するうちに
「マインドのエゴの声」と「魂(子宮)の声」の区別がつくようになり
「魂の声」にしたがってきたつもりでしたが、
ただ自分がそう信じてるというだけで
正しいかどうかなんて誰にもわからない話でした。

ましてや自分の信じる道を歩もうが目をそむけて歩もうが、
この前のブログで書いたように嫌われるときは嫌われるし
うまくいかないときはうまくいかないものなので
その道でOKかはあくまで自分の主観でしかなかったわけです。

でもそれでOKだって初めて他人の口から言ってくれたのが
はるさんでした。

「あ、やっぱりこれで合ってるんだ」って安堵しました。

はるさんによると、私のアレは
「好奇心いっぱいで、何でも体験したい」
タイプの、「大きいアレ
なんだそうです!!

なに?大きいアレって!!(爆)
でも、それって器が大きいってことみたいですわーい(嬉しい顔)

たしかに自分の本質って、
「好奇心旺盛で知りたがり」だし、
その分、「なんでもアリ」だから、
めちゃくちゃあたってるんですよね〜。

で、私の人生もその時の興味であれやこれやと手を出すので
何にも極められない回り道人生だなあ・・・って思ってたんですけど
「普通の人と違う道でいい、それがあなたの道だから」
ってことを言ってもらえて、
また「あ、これでいいんだ」と安堵でした。

いろんな人と会っていろんな体験をして
どんどん「何でもあり〜」と器を大きくしていくのが
私の人生なのかもしれません(笑)

確かに今の仕事は自分の想像を超えた面白い人や
興味深い考えに次々と出会えるのが本当に楽しいんです。

はるさんも、一緒にお仕事をするようになってもう2年ぐらいなりますが、
次々と自分が想像もつかないことばかりされるし
考えつかなかったことも教えてくれて
いつも「面白いなあ〜」って感動することばかりなのです。

他にもお仕事でフィーチャーしてる方々は
なぜかネット検索すると「〇〇さん 宗教」って出たり
炎上になる方とかもいらっしゃるんですけど、
皆さん「え〜面白いじゃん」って思う方ばかりなんですよね。

これからももっともっと面白い人とつきあいたいし
好奇心の赴くままに行動していきたい、
って思いました!

それからはるさんに言われたのは
「スピリチュアル能力が高いから、
その能力に自信を持って。
直感や本音で思ったことは人に伝えて。
それが人のためであり世の中のためになるんだよ」
ってことでした。

確かに私、もともとカンが鋭くて、
見えないものを敏感に察知する
(想念の波をキャッチする)ところがあるのは
自分でもわかってたんです。

また人に対しても「この人にはこういうメッセージを伝えたらいい」って
ひらめくことが多いんです。

で、「気のせいじゃないか」って疑ってみても
いや合ってる」って確信が強くなるばかりで(笑)


ただ物質的に幽霊が見えるとかじゃないので
本当かどうか証明できるわけじゃないし、

ことさら誰かに「能力があるよ」って
言うものではないと思ってたんですよね。

だって人間一人一人を動かす宇宙エネルギーが
魂であり神と言われるものだと思ってるから、
もともとスピリチュアル能力は誰にでもあるって思うんですよ。

なのに時々スピ系でカン違いしてる方がいらっしゃるのを見てて

「私は神だ」って言われても当たり前やん、みんなそうでしょ、
「神的な能力が使える」?当たり前でしょ、みんな持ってんだから、
ましてや「自分がどう思うかより私の言うことを信じなさい」って何様ですか、
皆が「自分自身」を信じたらええやん、

・・・って感じで、どうしてもスピリチュアル能力を使うことと
人を依存させてしまうのが紙一重になってしまう感じがして、
能力があるって言うことに抵抗があったんです。
(幸い私のお付き合いのあるスピの方々にはいませんが)

だけど、私がはるさんに言われたときのように、
もともと自分がうすうすと感じてたことを
他人に言われて確信もてるってこともあるんだなあって思いました。

それから、過去に私がつい本音で言ってしまい
人を傷つけたというトラウマが大きかったようで、
「私のいうことは相手にグサッと刺さる、
他人を傷つけるものだから、あまり言っちゃいけないんだ」
っていう思い込みがずっとあったみたいです。

だからはるさんに言われた時に思わず
「本音を言うと人を傷つけてしまう」と
言ってしまいました。

はるさんには「伝え方も大事。
悪気なく素直に思ったことを明るく伝えればいい」
って言ってもらいました。

たしかに、「これ言ったら傷つくんじゃないか」
って心配しながら言ったらそう受け止められそうですよねたらーっ(汗)

人を傷つけるのが怖いのは、
私自身が自己否定しすぎですぐに傷つくために
「同じことを他人にもしたくない」ってことと、
「人を傷つけて相手に嫌われたくない」ってことが
あったからなんだと思います。

だけどたとえその言葉が相手に刺さったとしても、
何かに気づくきっかけになるかもしれない
と心のどこかで信じてるところはあるんです。

だからこれまでは「相手に失礼じゃないかな」って気にしちゃうときも多かったけど
今後は自信持って素直に伝えてみようかな、って思ってます。
(誰でもわかるし自分の気持ち優先という大前提で)

そういえばなぜかカウンセラーでもない私のところに
いろんな方が相談を持ちかけてくださるので、
「こっちは無料カウンセリングなんてしてる暇ないのに〜」
って思うときもあったんですが、皆さんもしかして無意識に
インスピレーションからくる言葉を待ってたのかもしれないですね。

私の感覚ではなんとなく、
マインドにふりまわされて魂の声が聴こえなくなり
こじれちゃってるのかな・・・って感じる時も多いので、
少しでも皆さんが魂の輝きを感じるお手伝いできたら本望です。

それでもし嫌われたとしても、
前のブログで書いたように「嫌われる覚悟が強まった」ので
怖いものはないですしね(笑)

あ、もしかしてそのための「嫌われる事件」だったのかもしれませんね。



というように、はるさんのアレの霊視は、
自分がうすうす思っていた方向性があっている、
って太鼓判を押された感じで、
とても嬉しい体験でした。

とてもわかりやすくて私も好きなんですけど、
はるさんの霊視も、その人本来のもっている
ダイヤモンドの光をみてるんだと思いました。
機会があればぜひ多くの人に体験してみてほしいです。

ということはつまり、
アレにはダイヤモンドの価値があるのかな!?
男性も女性も。

そのダイヤ=本当の自分自身を私たち、
「卑猥」「卑しい」「汚いもの」って思ってるとしたら・・・
恐ろしいっていうかもったいないっていうか
究極の自己否定かもしれないですね(笑)

まさに昔の自分もそうでした。
全然わかってなかったですね、私。

神社のご神体とかによく男女のアレを模したものがあり、
「子孫繁栄の願い」「陰陽結合の象徴」などと言われますが、
それよりももっと前に「人に神が宿る場所はココだよ」
と言ってるのかも?と思いました。

IMG_20170204_165355.jpg
男体山、女体山といえば筑波山

それから、以前から「病気はどうしたら治るのか?」
をいろいろと研究してるうちに、
本音とやってることとのずれ」と、
病気とがすごく関係してそうだって感じたんですが、
はるさんの霊視の後でふと考えたんです。

もし魂の立場で考えてみたら、(ってのも変な言い方かもしれないけど)
肉体に宿った後にあっちの世界に帰りたくなるのってどんなときだろう?って。

もしこの世で体験したかったことをすべてやりきったら、満足して帰れるかもしれない。

でも逆に、この世で体験したいことがあるのに
心と体が自分の思う通りに動いてくれなかったら?

例えば、仙台行きのバスに乗ってたのに
運転手が「いろいろ調べたんですけどね、
やっぱり日本では大阪こそがベストだって
皆さんがいうもんですから、
これから大阪行きに変更します」
って勝手に大阪に行こうとしたら?

乗ってる客は、仙台にいくつもりだったんだからびっくりですよね。
きっと運転手さんに仙台に行ってもらおうといろんなことをすると思います。
最終的にハンドブレーキを引いちゃうこともあるかもしれません。

それでも運転手がどうしても大阪行きをやめようとしなかったら、
「わかりました、もう私途中で降りますから」
っていいたくなりませんか?

それと同じことを、魂がやるってことが、
もしかするとあるかもしれない・・・

もちろんこれが正しいかどうかなんてわからないけど、
私の中ではかなり納得いく感じがしました。

※あくまで個人の感想です(笑)

ただ、体の声も心の声も否定すると逆に大きくなってしまうので
ちゃんと認めしつつ、魂の声を聞くってことが大事ですね。

私もこれから実験してみたいと思います。

かわいい私のひとことリーディング体験してみたい方がいましたら
下記出没イベントにてお知らせくださいかわいい

※4月1日、16日ヒカルランド主催
GOP・幸塾主催の大下先生の講演会は満席が続いているので、
ぜひお早めにお申し込みください。


かわいい好評発売中! リュウメイズ企画編集協力の本かわいい

「こんなやり方があったのか!」感動の声続出
『スーパー微生物農法丸わかり実践ガイダンス』
大下伸悦著(ヒカルランド)
Attachment-1 (2).jpg

418pmRJBBxL__SY498_BO1,204,203,200_.jpg




池川明・未来見基著(新日本文芸協会)
ハッピー子育てカバー表1.jpg

51AFQA04RcL__SX338_BO1,204,203,200_.jpg

『笑うお産』
(池川明著・KADOKAWA)
笑うお産 カバー表1 0617.jpg

2017年02月15日

笑いなはれ、嫌いなはれ

あっという間にコンシーファーツァイ(春節)も節分も立春もSt. Valentine's dayも終わり
日差しがすっかり春らしくなってきました。

バレンタインにシンガポールでお花もらったことないので
チョコもらわなかった男子の寂しさ、わかるよ・・・(笑)

旧正月は(たまたまただけど)ジバニャンやコマさんと幕張メッセでお祝いしたズラよ〜。
IMG_20170128_135006.jpg

IMG_20170128_171602.jpg

立春は(たまたまだけど)つくば市の友人の新居にお邪魔して、
フランスから帰国した友人などとも久々の再会ができました。
IMG_20170204_165640.jpg


お正月のあとブログ記事を上げようと何度か下書きを書きながらも
一番自分の言いたいことじゃない気がして更新できない日々が続いていました。

しかも文章を練ろうとすると時間がかかってしまい余計アップできないので
これからは書きなぐりで行こうと思います(笑)

その間の気持ちの変化の上で一番大きかったのは、
心にぽっかり空いた穴に時々はまってしまってた、
ってことでした。

生きてれば人との出会いも別れもあるものだけど
とくに昨年の末から
親せきや知人が亡くなったり、
よく一緒にいた人が遠くに引っ越すことになったり、
精神的に縁が切れる人が出てきたり、
ということが立て続けにおこって、
激しいミッシング&ロス感覚に襲われてしまったんです。

誰しも人との別れの辛い経験があると思うんですけど
新しい別れのたびに過去の別れの感情が呼びさまされる感じがします。

私の場合だったら、進学するときに友達とみんな離れちゃったとか、失恋とか、
シンガポールから日本に帰った時に現地の友人と音信不通になって
一生会えないと思ってたとか・・・(まさかのその後の再会がフェイスブックであった)
震災とか、この世を去って行った方々との別れとか・・・・
いろんな別れで味わった、つらすぎるロスのあの感じがよみがえってきました。

だけどこの感情もじっくり味わおうと思って
無理に気分を変えずにどっぷりつかってました。


またちょうど年末ごろから、人が自分を嫌っていることがわかって
「ああ、もう縁を切るしかないんだな」
って思うことが何度かありました。

良く考えたら私って
誰かに嫌われてはいると思うけど面と向かって「お前嫌い」って言われたことは多分ないし
もしトラブったら真正面からケンカして最後に相手と仲良くなるタイプだし
コッソリ陰で悪口言う人はもちろんいると思うけどその声がこっちに届くことはなく
どちらかというとあんまり人に嫌われない人だった気がします。

自分からも人を嫌うことがめったになくて
(よく知らない芸能人とかを雰囲気で嫌いっていう人が謎だった)
誰が言ったか「O型は、好きな人と合わない人しかいない」ってまさにそれ(笑)

振り返ってみたら、今までの私は
ものすごく「嫌われ慣れ」してなかったようです。

言い換えれば「嫌われることへの免疫がない無菌状態」
だったんですね。


だけど最近、「私は人に嫌われている」という
今まで見たくなかった現実を突きつけられたんです。

といっても、相手がだいたい「いやこっちも別にあなたと仲良くしたいと思わないし
って思う人ばっかりなので、「そんな人に別に好かれる必要なくね?」って思うんだけど、
嫌われるという現実を目の当たりにしたときはつらいと思ってしまいました。

 
本当の自分に自信を持ってたら「勝手に嫌ってろ」って思えるのかもしれませんが
まだまだ自信が持てないってことなんでしょうね。
自己肯定が不足してるから他者に否定される事実が受け入れがたいんです。

なんでそんなに嫌われ慣れしてなかったかというと、これまでの私は、
人に嫌われるのが怖くて、嫌われないようについ気を使ってしまってた、
というのがあったんですね。

つまり自分から殺菌滅菌対策してた、ってこと(笑)


誰とも仲良くなるなんて無理なのに
「嫌われてはいけない」「なるべく誰とでも仲良く」という意識が働いてたようです。
それは親子や友達など人との関係でこじれた過去のカルマからきてるみたいでした。

もともと、自分の中の本心では「本当はみんな仲良くなれるんだ」と信じてる、
というのはいいんだけど、
そこに偽善の「みんなと仲良くしたい」が入ってややこしくなってた、
って感じがします。

ともかくいままでは嫌われないように気を使っていた私だったので、
「本当の自分を出したら、それまで偽りの自分を好きだった人には嫌われることもある」
ってあまり知らなかったんですよね。

自分を出したら嫌う人もいるって当たり前って言えば当たり前なんだけどね、
多分これが初めての経験だったんです。

だけど、
自分を偽ってると、嫌われちゃうんですよ、
一番大事な人=自分に。


でこの数か月、人に嫌われてつらいという気持ちにじっくり向き合ったおかげで
やっぱり私には、他人に嫌われないように自分を曲げるのはムリだわ」と開き直ることができました。



それから最近、もう1つ開き直りがあったんです。

相変わらずホルモンの変化に振り回されて
この前はPMSが3週間ぐらい続いたような状態になり
なかなか思うように仕事もはかどらなくて、また
「私ってやっぱりダメ人間だ」落ち込んだんです。

だけど自分を責める感情と向き合ってみたら、
「ダメ人間でもこうして生きてるってことは生きる価値があるんだ。
誰にも文句言われる筋合いはない」って開き直ることができたんです。

人って一度「底」にどっぷり浸かると開き直るしかないのかもしれないですね。

で自分なりの心の整理がついた後に
心屋仁之助先生の武道館独演会があって
恐ろしいくらいタイムリーでした。

心屋先生が「あーその考えでいいんだわ」って
私が考えてたことを全部肯定するような
言葉を歌に乗せて届けてくれたんです。

武道館という巨大ステージを使ったヒーリングに
もう大号泣でした。

おかげで私も誰かに良く思われなくていいって覚悟ができました。
その覚悟ができると本当に人って自由になれるものですね。

私を嫌うやつは嫌えばいいし
責めたいやつは責めればいいし
蔑むやつは蔑めばいいし
笑いたいやつは笑えばいいさ

っていう史上最高の開き直りの境地で
今はもう生まれ変わった気分です。(笑)


結局大きな落ち込みも、大きな転機をくれる出来事だったんだ、
ってことがわかりました。

IMG_20170208_201602.jpg
結局ネガティブなまんまでOKなんですよね。(拡大してみてね)


今年は、落ち込んだ時の神頼みなのか?
いい雰囲気の場所にひかれる気持ちと
運動不足解消欲がマッチして
何かあるごとにパワースポットに出かけてます。

IMG_20170129_164543-EFFECTS.jpg

IMG_20170202_144456.jpg


IMG_20170208_122618.jpg

もともと神社やお寺ってエネルギーの良い土地に建てられているみたいですしね。
雰囲気の良さそうな場所で静かに自分と向き合うと、
インスピレーションがわいて言葉がひらめきます。
誰でもできるお金がかからないセッションみたいなものですね(笑)


武道館に行く前は椿山荘でミーティングでした。
IMG_20170208_165428.jpg
仕事でも一つの企画や縁との別れのあと
新しい企画がやってくるんですね。

IMG_20170208_124307.jpg
その前に行ったお隣のカトリック東京カテドラル関口聖堂。

IMG_20170208_123906.jpg
ルルドの泉のレプリカだそうですが、かなり古いようで雰囲気抜群。

聖堂の中も静かに自分と向き合うのに最高の場所でした。
IMG_20170208_123625.jpg

内部が△になってるのがエネルギーを呼び込むのに一役買ってるみたいです。

私はFree Thinkerで何かの信者じゃないので
宗教を「宇宙エネルギーの解説」的視点から「面白いな〜」
って解読するオタク趣味を楽しんでます(笑)

で聖堂で瞑想してるときに「魂を解放する時代がきた」って思ったんです。

魂の解放って何かっていったら、
後に行った武道館で心屋さんが言ってた(歌ってた)ことそのものでした。


IMG_20170208_190035.jpg

しかも私も人の魂の解放のお手伝いをしてきなさいよ〜って
ぼんやりとそういわれた気がしました。


IMG_20170201_161012.jpg
意外にもスノーデンのテーマも共通だった!

IMG_20170130_160755.jpg
ココもパワースポット、
ヒカルランドのヒーリングルーム。

大下伸悦さんの『スーパー微生物農法まるわかり実践ガイダンス』
に出てくる微生物農法の野菜販売がここで始まりそうです。

IMG_20170130_160809.jpg
4月1日と16日は出版記念講演会でも
ヒーリングルーム見学があるかもしれません。

最後まで読んでくださったアナタも一緒に。

嫌われてるままで幸せになろう。
ダメなままで幸せになろう。

それぜったい
誰でもできるから。

best wishes
rumi