2016年08月31日

テーマパークでお祭りします♪(笑)

最近あちこちで耳にするのが
「人に迷惑をかけるからこそ感謝できる」
という言葉です。

確かに、自分にできることばかりだと迷惑をかけないですが
そのぶんできることをふやすとか、できないことをなくすとか
自分の能力のほうばかりに意識が向きがちですよね。

以前はよく人に迷惑をかけないようにと気を使ったことが
逆に迷惑だって言われてショックを受けることが多かった
リュウメイズ企画のるみです♪

結局どうやっても人に迷惑をかけてしまうなら、
自分はそういう人だとあきらめて感謝したがほうが良さそうです。

最近は仕事にしてもプライベートにしても
本当にできないことばっかりだということを
自覚している私ですが
できないのになぜか仕事を頼まれたり
お金の循環がスムーズにいっています。

そういうとき、できない自分に依頼してくれる相手や
大いなる存在からの愛が感じられます。

「できない自分だからこそ愛黒ハートを感じられる」
ということもありそうですね。


さてさて、10月8日のイベントの詳細が固まってきました。

下記の内容になりそうです。


ーーーーーーーーーーーーー


◎10月8日、オータムフェスタ:音と心と生体、調和の祭典

-------------

国際的ピアニスト津村和泉コンサート
(友情公演.Sei==小滝流水)

基調講演:橋本留美.(翻訳家、出版社編集長、エッセイスト)
上手な生き方は自分自身が知っている.
ゲスト講演:根本和哉.(ネモトカレッジ/ユニバーシティ校長.コンサルタント)
地球・人類の魂の進化と宇宙時代の幕開け
終幕ごあいさつ :大下伸悦.しなやかに、したたかに、じぶんらしく….

-------------

会場;八重洲東京建物ホール(B2F)13時〜17時

開場12:30
第一部
開演13:00〜基調講演.橋本留美
      14:00〜 ゲスト公演.根本和哉
   15:00〜休憩
第2部 オータムフェスタ.ピアノリサイタル
開演15:10〜 ピアニスト津村和泉
友情出演.アーティストSei
同.小滝流水
16:10〜16:30 終幕ごあいさつ.大下伸悦

※ スケジュールは予告なしに変更される場合があります

主催:新日本文芸協会&GOP夢をもって楽しく生きる会

〇プロフィール
・津村和泉
大阪音楽大学卒業、同大学院修了。小林峡介、故安川加寿子、ニキタ・ユジャニン教授に師事
2014年、2016年、ロシア国立サンクトペテルブルグ・アカデミックカペラシンフォニーオーケストラと共演
ロンド ン・フィルハーモニー交響楽団と共演.国内各地のオーケストラ、アメリカ、イギリス、
オーストリア、ドイツ、フィンランド、中国、韓国などで演奏.
卓抜したテクニックと深くて温かい、豊かな芸術性を高く評価されている。

・橋本留美(はしもと・るみ)
翻訳家.出版社代表.編集者.エッセイスト.ライター(リュウメイズ企画代表).
著書『実話 病父を尋ねて三百里』の題材が、小学校道徳副読本で紹介され、
映画化の話も持ち上がっている。
編集翻訳業は、いまや半年以上先まで予約でいっぱいの売れっ子編集者である。
リュウメイズ企画 http://www.liumeis.com/  ブログ http://liumeisblog.sblo.jp/


・根本和哉(ねもと・かずや)
ネモトカレッジ・ネモトユニバーシティ会長.コンサルタントやヒーラーとしても活躍中。
1982年千葉県成田市生まれ。安政2年(1855年)創業の商家に生まれ大学で経営学を学ぶ。
寺田本家23代目当主寺田啓佐氏など様々な成功者と交流、豊富な人脈を持つ。
「地球と人類の魂の進化」に向けて、宇宙の叡智やスピリチュアルメッセージを多くの人々に伝えている。

・小滝流水(大下伸悦)
★GOPグリーンオーナー倶楽部主宰 http://www.gop55.com/
★21世紀幸塾.夢をもって楽しく生きる会専務理事
http://www.saiwaijyuku.gr.jp/
★伊勢神宮の神代文字奉納文保存会会長 http://hounoubun-hozonkai.com/
著書「新時代の食と農へのいざない」.「言霊百神」.「生活費を減らして健康になる』
『親子のかたち』(新日本文芸協会刊)他多数。1949年生まれ。

・アーティストSei
海底にハウスを建てて海底に住んだおそらく世界で初めての家族。
誰もがほんのりしんみりする音楽である。企業家の一面を持ち、美と音楽と健康を探求、
自然体系とともにあるほんものグッヅを紹介し続けている。横浜港北区(綱島)にフロンティアショップを開設.

【会場】東京建物八重洲ホール
〒103-0028 東京都中央区八重洲1-9-8ヤエスメッグビルB1-B2
・地図:http://yaesuhall.co.jp/wp-content/themes/yaesu_oc/pdf/yaesuhall_map.pdf

【参加費】
● 講演会
・予約:一般4,000円・会員3,000円・当日参加:5,000円 ※ 小学生以下無料
※ 会員とは、登壇講師の関連会員と芸術文化情報センター関連です。

【参加申し込み、お問合せ】※ 参加費は事前にお振込みください。

申込先: 夢をもって楽しく生きる会
★件名を「1008オータムフェスタ」と明記ください。
★氏名(フルネーム・ふりがな)
★性別
★所属の会名
★ご連絡先

● 夢をもって楽しく生きる会、フロンティアショップ・カムナカフェ実行責任者Sei
  メール: http://fij.jp/def-cgi/cmail.cgi?id=fshop-01
↓携帯版メールフォーム↓
https://s508.asuka.jp/fij.jp/cgi-bin/m_support1.cgi?BasketSessionID=
Fax:  020-4664-1131または045-642-4647
電話: 045-520-4044または045-642-4657


-------------

いよいよ、根本和哉さんの活動テーマである
地球と人類の魂の進化」のお話が聴けるというので
私もとても楽しみにしていますわーい(嬉しい顔)


13015469_1060601243997904_4138138294631192774_n.jpg
根本さんのインタビューが掲載されています。

私のお話も、今回は和哉さんに近い感じになるかもしれません。

よくお仕事させていただく池川明先生は
「魂にとってこの世はテーマパークみたいなもの。
そこでいろんな体験をしたくて生まれてきた」
といいます。

私はそれを聞いて、確かに嫌な体験をして「もういやだ」といいつつ
心のどこかでそういう体験を望んでいたもう一人の自分がいたなあ・・・
と思いました。

ジェットコースターやお化け屋敷はスリル満点ですが
私たちはそこに行きたくて行ってるし
無事帰ってこれるってわかってるから楽しいんですよね。

でもジェットコースターの設計大丈夫かな、落ちないかなとか
点検してばっかりいたら営業時間は終わってしまいます。

でそのテーマパークってどこ?
っていったら、この地球。
今「地球が危ない」なんて言われてますけど、
テーマパークが「不具合が多くて閉鎖」となくなっちゃったら
悲しむのはいったい誰でしょうか?


この日もオータムフェスタって言うくらいですから
テーマパークならではの楽しいお祭り。

講演者の役割って、そこでどう楽しむかを教える
インストラクターみたいなものかもしれませんね。

皆さんぜひ楽しんでくださいねわーい(嬉しい顔)るんるん

61IB5qVuCnL.jpg
☆最新編集協力作品☆
(マリア著・KADOKAWA)
詩集カテゴリーでAmazonベストセラー1位です!ありがとうございますぴかぴか(新しい)
posted by liumei at 11:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 新日本文芸協会

2016年08月29日

ずっと呪いにかけられたと思ってた。

この秋、ずっと怖くてできなかったことをやる決意をしたら
バンジージャンプの台の上に立ってる夢を見ました。


(一度こういう書き方してみたかった)

長かった娘の夏休みも終わりましたリゾート

今年も夫の休みの週末&お盆を中心に
いろんなところに行きました♪

 DSC_0878 (2).jpg
キャンプ。

 13901311_1126475780743783_2006107592456119750_n.jpg
スカイツリーアゲイン。

13906869_1126475814077113_2196213164333668892_n.jpg
最初は怖い床窓も
何度も見てると慣れてしまうことを知りました。

DSC_0038.jpg
 夜の動物園。

13939351_1128729980518363_1974646374524024045_n.jpg
都内で この方 や この方にお会いして
ケールのビール飲んだり。

13895302_1132198623504832_5411353425533961678_n.jpg
今年もハワイアンズ♪

14040199_1133870953337599_4710310040561581557_n.jpg
お盆には常陸太田の道の駅で
臼杵グッズを見かけて感動。


おかげさまで7月に三刷重版出来となりました!

14054029_1140173582707336_84633524043270640_n.jpg
成田に行くついでにいった海。

 14045604_1145104718880889_5057207779276685201_n.jpg
そしてこの週末は情熱大陸で初の夏フェス!
夏フェス=雨の中で合羽着るイメージが強くて
イメージ通り降られましたが雨
それでも楽しいものだってことがわかりましたわーい(嬉しい顔)

13769357_1122683764456318_291138554620009272_n.jpg
地元や夫の実家のお祭りにもいきましたexclamation

子どものリクエスト場所が多かったけど
親が行きたかった場所にも娘を引き連れて行きました(笑)

後半は娘が「宿題終わらないから」と学童をよく休み
私もなかなか仕事に集中できませんでしたが
おかげで朝も目覚ましかけずに起きたり
のんびり娘と過ごすことができて
それだけで贅沢な気分になれました揺れるハート

ちなみに、8月中にやる予定だった仕事に必要な資料が入っていたCDが
どこを探しても見つからなくて
それもやる気が出ない理由の一つだったのですが、
なぜかさっき、何度も探したはずの場所から出てきました・・・exclamation
「絶対誰か置いたんでしょ?!」って思うくらいありえない目

これはもう8月は休めってことだったのか・・・たらーっ(汗)


「私はがんばらないと価値がない人間」と思っていた
がんばる教」信者の頃の私だったら
こんなのんびり過ごす許可を自分に与えることが出来なくて、
休めずにいたか、休んでいても落ち着かなかったと思います。


すっかり「できないことがいっぱいの、そのままの自分に価値がある」という
「ありのまま教」に足を踏み入れつつある今日この頃ですが(笑)
おかげで今年は実家に帰った時も楽でした。

いままでだったら、お盆やお正月に実家に帰る度に
親がガンガンダメ出ししてくるので、毎回傷ついては、
「もう帰るのやめようかな・・・」とゆううつになってたんですがふらふら
今回は、うるさく言われても
自分でもびっくりするほど響かなくて
平気でスルーできたんです。

なぜかというと、これまでは誰よりも自分自身が
ダメなところを認められなかったから
そこを突かれると痛かったんですよね
だから実家に行く=攻撃されるもの、
という感覚があったんです。

ところがこの一年ぐらいで
どんどん「そのままの自分に価値があること」を
認められるようになって
何を言われても
「親の価値観ではそうかもしれないけど
私は私で違う考えがあるから」
と自信を持って思えるようになったんです。

(昔いた団体のトップは「あなたとは違うんです」って言った首相のパパ首相でした♪)

そして親の言う事がいちいち気に障っていた頃よりも
親の気持ちも理解できるようになりました。

やっぱり自分を受け入れれば受け入れるほど
人を受け入れられるようになるものですね。

子宮委員長はるさんとのお仕事の中で
「親に呪いをかけられるっていうけど
呪いをかけさせているのは自分であって
それは自分で解けるもの」
ってお話しをよく聞かせていただくのですが
本当に自分次第で、
誰でも自分で呪いを解くことができるんだっていうことを実感しました。

 
これまで「親のせいで私は傷ついた」って思ってたけど
でも傷をつけることを選んでいたのは自分でした。
まあ、これまで傷つかない方法を知らなかったこともあるけど、
まさしく「親のせいにするな」でした^^;

といっても最初から「親のせいにしちゃダメだ」と
頭で考えて感情を抑えても意味がなくて
とことん親のせいにする自分の気持ちを認めていくことで
はじめて呪いを解くことができたわけですけどね。

頭で考えて「親に感謝しないと」とか
「大人なんだから子供のことのことは忘れよう」
とかしようとするのは逆効果でした。

前に「エネルギー泥棒って言うけど
圧を下げてエネルギーを放出しているのは自分なのでは?」
と思った話を書いたと思うのですが、
そんな感じで
すべては自分次第なんだと思います。

それがわかったら、
いつまでも人に振り回されていられない。
自分を変える、というか、自分に戻っていくことを
実践していくしかないですね。


 

61IB5qVuCnL.jpg

傷ついた心を癒して、自分らしく生きられるようになる本です!
最新編集協力作品
(マリア著・KADOKAWA)
詩集カテゴリーでAmazonベストセラー1位です!ありがとうございますぴかぴか(新しい)

2016年08月24日

人の本質は思考に支配されたくない

8月に入っていろんな所に行って
いろんな方にお会いできたので
また詳しくご紹介したいと思うのですが・・・

久しぶりにお会いしてお話できてうれしかったのが
阿見町で自然農をしている浅野さん!

昔からブログを読んでいる方はご存じかと思うのですが
以前竜ヶ崎市の「海老原商店」さんで紹介していただき
一時は浅野さんの敷地を借りて農業をしていました。

なかなか畑に行けず枯らしてばかりだったけど・・・(笑)

 DSC_0082-1.jpg
さっきゆでたばっかりの浅野さんのオクラ。
買ってから2週間経ってもみずみずしい(^O^)/


浅野さんは毎週木曜日、
海老原商店さんで野菜を販売しています!

前回のブログで「頭で考えてコントロールしようとする」という話をしましたが、
考えてみたら浅野さんの農業はその真逆を行くやり方なんですよね。

その土地や季節など、自然の流れに合わせて、
野菜を育てていく。
自然環境を変えようとしない。

先日、ベストセラー作家のさとうみつろうさんが
ブログで見てびっくりしたんですが
そのわけがわかったひらめき気がします。

この前、みつろうさんのバシャールとの対談本を読んだんですが
その本に出てきた「ワクワクする生き方」
農業で実践してるのが浅野さんだったんです。
だから引き寄せ合ってしまったのではないでしょうか。

浅野さん、今まで「私の農業の師匠」と言っていたけど
農業じゃなくてもはや生き方の師匠です。わーい(嬉しい顔)

 13895374_1131334560257905_6723565776573002096_n.jpg


で、この「頭で考えてコントロールしようとする」というのが、
先日、娘とみた映画「インサイドヘッド」のテーマになってて、
子ども向け映画と思っていたのに深くてびっくりしましたexclamation

 DSC_0044-1.jpg

※ここから先、ネタバレ注意。

例えば
「ネガティブなことを考えるとネガティブな現象を引き寄せるから、
何とかして良いことを考えよう」
と無理に楽しいことを考えようとして、
そのうち頭の中が混乱してしていったり
だんだん苦しくなってしまう。
(現実には自律神経が乱れるとか?)

本当にネガティブ感情を感じない人生がいいんでしょうか?
って話ですね。

 
もちろん決して感情をコントロールするのが悪いというのではなく
自分はそれでうまくやっている、という人は、
そのまま進んでいただければいいと思うんです。

ただ私自身はそうしようとして失敗した経験があって、
自分には向いていないとわかった、ということです。

つまり、誰よりも私自身が、
思考でコントロールしようとして
ずっと無理をしたあげく行き詰ってしまったんですわーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)

「潜在意識を活用すれば夢が叶う」と思って
ムリにポジティブに考えようとしたり
「良い行いをすると良い行いが返ってくるから
良い行いができる人になろう」
なんて思って、自分を犠牲にしてしまって、
どんどん苦しくなっていました。

そんな中・・・7,8年前、「楽しく生きる会」で
「ヒマラヤ聖者に学ぶ会」の主催をすすめられ、
ヨグマタジ(相川圭子先生)やパイロットババジと出会ったわけですが、
最初は
「自分自身に戻っていくのが人間性の進化であり
幸せになりすべてがうまくいく秘訣」
とか、
「魂(人間の本質)が運転手で
マインド(思考)と体はその乗り物だから
うまく乗りこなすことが大事」
という話をきいても、全然意味がわかりませんでした。

でもせっかくご縁をいただいたし
ヨグマタジがとても素敵な方だったし・・・
というのがあって
すすめられた瞑想を始めるようになって・・・
それから「あら本当だったわ」って気がつきました(笑)

この区別がほんとにわかってなくて・・・
ずっとマインドでコントロールしようとしてたんです。

でも、自分の本質(魂)はマインドでコントロールされたくなくて、
抵抗していた。
だからうまくいかなかったたわけですね。

今考えると原因がよくわかるんだけど
ずっと真面目にやってました(笑)

さらに私は、20代の頃から
原因不明の体調不良に悩まされているうちに
さまざまな自然療法で治る人たちのことを知り、
それ以来、
「どうして人の体は病気になって
どうして治るんだろう?」
というのに興味を持って自分なりに探求していました。

その時に、
「ホメオパシーというすごい療法があるらしい」
「日本にホメオパシーを持ち込み
どんな難病の人も元気にしてしまう
由井寅子先生というすごい人がいるらしい」っていうのを知り、
これもまた「楽しく生きる会」絡みのめぐりあわせで
寅子先生の本をつくることができたんですね。

その時に先生がおっしゃっていた、
感情を抑圧してるから病気になるんですよ
という話は自分にとっては目からうろこでした。

ホメオパシーで自分の「インナーチャイルド」に気づいて
手放すことができるようになり、
自分を丸ごとみとめられるようになると、
そうすると体も自然治癒力が発揮できて健康になるようなんです。

それまで自分を責め続けていた人たちが
寅子先生のカウンセリングを受けて
ありのままの自分を認められるようになり
元気になって行く姿をDVDで見ては何度涙したことか・・・もうやだ〜(悲しい顔)

このインナーチャイルドを癒やすプロセスは
ヨグマタジ伝授の瞑想をしているときに自然に起こってくるものでもあり、
言葉はいろいろ違うけど、
魂の声に従い自分に戻ることが大事なんだ、
というのがやっとわかってきました。

・・・でそんな中、昨年出会ったのが、
「魂の声100%」で生きているすごい方。

それが、子宮委員長はるさんです。

その頃の私は、魂とマインドの声の区別もわかるし、
感情解放と心身の健康の関係も理解出来ていたので
はるさんの子宮メソッドの原理はすごく納得できました。

ただ私自身は昔から比べて
だいぶ自分らしく生きられるようになっていたけど
はるさんの生き方を知って、「自分は全然、まだまだだなあ〜あせあせ(飛び散る汗)」って
思い知らされました。

はるさんと比べ、私はまだまだたくさんの感情を抑圧してるし
マインドのエゴに振り回されて
自分を生きられていないことばかりでした。

それではるさんをお手本に、
感情を感じ切って解放し、
100%今の自分を肯定して
本当の自分の声を聞いて、
「やりたいことをやる」「やりたくないことをやらない」
をがんばってきました。

…そのような経験を経て
今の私がどうなったかといいますと・・・

何日も寝込まないといけなかったPMSは
ホメオパシーや瞑想に出会ってからというもの、
ちゃんと日常生活を送れるくらいに改善されていき、
今となっては「ちょっとだるいかな」くらいになってきました。

特に昨年の終わりごろからちょっとしんどい時期があり、
それまで体調が悪くて休みたいと思っても、
「大したことをしてないのにすぐ疲れて休んでしまう自分はいけないんだ」
と自分を責めていたのですが、
「どんなにダメな自分でも
自分が自分の味方でいよう」
と心に決めて、自分を責めるのをやめるようにしました。

それ以来、
自分でもびっくりするぐらい
どんどん元気になっています。

また以前の私は、
「ダイエットのため」「健康のため」
と思って、ストイックに食事制限をしようとして、
我慢しきれなくなって過食するというパターンが
ずっと治りませんでした。

ところが、少しずつ自分を認められるようになり、
開き直って好きな時に好きなものを食べるようにしていった結果、
過食症がいつの間にか治っていましたexclamation

これもはるさんが言っている通りで、
睡眠や食欲など、欲も思考で「いけないものだ」と思って
我慢するとどんどん大きくなっていくのですが、
逆にそれらを全肯定すると、不要な欲はなくなって
いい感じに収まっていくんですね。
だから欲を思考でコントロールしようとしてはいけなかったんだと実感しました。

もちろん体のことだけではなくて、
自分に寛容になると
驚くほど他人にも寛容になれてしまうから
精神的にもストレスがなくなってきますわーい(嬉しい顔)


先日も「自分を生きていないと病気になる
って記事がfacebookでシェアされていたのですが
まさにそれをヨグマタジや寅子先生、
はるさんが私に教えてくれていたんです。

図らずも真実を伝えてくださる方々と出会えた
自分の運命に心から感謝したいです(笑)

ただこれはあくまで自分の経験だけの話なので、
万人が思考でなく魂の声に従えば必ず健康になるのかどうかといったら
私にはわかりません。

でも私が見る限りではやっぱり病気は
感情抑圧や、自分の魂の望みと実際の生き方のずれに
少なからず関係しているように思えてしょうがありません。

・・・ただ、感情放出といっても
その原因にある自分の心の傷を見ようとせず
外側にぶつけるだけでは
解決にはならないと思うんですけどね。
その辺はまた機会があれば掘り下げていきたいと思います。

それで、以前から言っているように、
もし病気が治らなかったとしても、
自分の本音で生きて、心から望むことをしていくことで、
後悔しない生き方ができるんじゃないのかな?
と思うんです。


・・・そういう生き方をすることを神様たちも望んでますよ、
といっているのがこの本。

 
61IB5qVuCnL.jpg

ひらめき本日発売! 編集協力作品
(マリア著・KADOKAWA)
詩集カテゴリーでAmazonベストセラー1位です!ありがとうございますぴかぴか(新しい)



お盆に実家に帰ったら
親戚や近所にたくさんの新盆があって・・・
中には従兄や幼なじみなどまだ若かった方もいらして
改めて命や生き方というものについて考えさせられました。

あとどれだけ命が残されているかは誰にも分からない中で、
皆さんは、これからの人生を、どう生きていきたいでしょうか?







2016年08月23日

結果コントロールへの抵抗感

8月に入って、急ぎの仕事がなくなったため
ストレスフリーで娘と夏休みを楽しんでいますわーい(嬉しい顔)晴れ

あちこち遊びに行ってリゾート
家でも娘と一緒に読書本したり
レンタルDVDで映画映画を見たり♪

こんなのんびり気分で過ごせたのは
学生の頃以来かも・・・^^;

今までもやろうと思えばできたはずなのに
きっと自分に許可していなかったんですよねたらーっ(汗)

その間にまたいろんな出会いがあり、
気づきもあったので
またぼちぼちアップしていきたいと思います。

つい最近では、10月8日に開催予定の
成田の根本和哉さんにお会いしてきました。

10月8日は和哉さんと私の講演がある予定なのですが
自分が言いたいことがうまくまとまってなくて・・・ふらふら
でも和哉さんはさすが講演のプロ、
私の話を整理して流れを考えてくださいましたわーい(嬉しい顔)


で、そこでまとまった話をまとめてみると、
要はこういうことなんですよね。

ーーーーーーーーーー
人って、自分の本音に従って生きていれば

勝手に自分のミッションに導かれていくし

勝手にすべてがうまく行ってしまうしまう。

一見うまくいかないように見えることも、

実はうまくいっている途中経過である。

なのに人は自分でなんとかうまくいかせようという

エゴで下手に手を出してこじらせてしまう。

人が変えられるのは原因の世界なのに

起きた結果を変えようとする。

自分の内面を見つめれば原因がわかるのに

起きた結果である周りの状況を変えようとして

うまくいかないと嘆く。

今まで自分が自分の頭で考えてコントロールして

うまくいったのはそのおかげだと思っていたから

だからその手綱を手放すのが怖い。

でも本当は思いきってコントロールを手放して

魂=自然=森羅万象に委ねれば最善の道を歩める。

ーーーーーーーーーー

結果を手放せばうまくいくというのは、
例えば、やかんに水を注いで火にかければ
あとはお湯が沸くのを信じて待っているのが最善の道なのに
「なんで早く沸かないんだ」ってイライラしたり、
「もう沸かないんじゃないだろうか」と不安になってみたり、
「まだかな〜」って何度もフタを開けて温度下げてみたり、
「もっと早く沸かないものか」と余計な手を出して邪魔してしまうような感じですねいい気分(温泉)

私もつい結果が出るのか不安になって余計なことをしてしまうタイプですがたらーっ(汗)
やっと信じて待つことが少しずつできるようになりました。

 
それでどんどんうまくいくようになってきたので、
オータムフェスタの話題でもあげられたらいいなと思っています。

今週KADOKAWAより発売予定のマリアさんの新刊
にも、そのようなメッセージがちゃんとありましたよー♪


DSC_0079-1.jpg

DSC_0078.jpg


・・・最近、このことをまとめていたら、
わかったことがありました。

今まで、例えば誰かに
「〇〇したいので協力してください」とか
「〇〇したいのですがどうしたらいいですか」と言われて、
相談されるのは嫌じゃないんだけどなんだかモヤモヤとすることがあったんです。

で、なんでそれでモヤモヤするのかがやっとわかったんです。

ひとつは、私がこれまでブログでも何度も何度も
自分の本当の声に従って生きようよ」とか、
そういう本をつくってきたから読んでね、
そうすればうまくいくよ、とか言っているのに、
そこをスルーで要求や質問をされたときです(笑)

うつみん先生がよく
「俺の本読まずに質問するな○ス♪」といってて
「何もそこまで言わなくても…」とは思うのですが、
気持ちもわからないでもないです。

それって、相手によくなってほしいという気持ちがあり、
根底に愛情があるからなんですよね。
まあ、こちらが「こうするとうまくいくよ」といっても聞かない相手に
困ったときだけあてにされてがっかりする、
というのも、自分勝手なエゴなんでしょうけどね。

ただ、自分の言っていることに関心のない人を友達とも言い難いわけで、
そこで「友達だから助けなきゃ」っていうのも違うかもしれないな・・・
とも思います。


 
そしてもう一つ。

それは、私がモヤモヤする時というのは、どうも
「この人は頭で考えて結果をコントロールしようとしてる」
と感じているときのようだ、というのがわかりました。

だとしたら、そんなときに相手の望みがかなうように協力するというのは、
相手の本心(魂)が望むことではなくて、エゴを満足させて
やがてこじらせるために協力しているようなもの

私の本心は、「それに協力するのが本当の優しさではないよ」とわかっていたんです。
だけど私は「相手に嫌われたくないから」というエゴで協力してあげようとか、
自分の心に反することをしようとしていたんです。

自分がずっと感じていたモヤモヤはそれを教えてくれたんですね。

やっぱり自分の本心に背いてはいけないな、と思いました。

なので、これからも誰かから相談を受けても、
答えはその人のエゴが満足することじゃないかもしれないよ、
ということをあらかじめここで言っておきます(笑)

自分が「この人にはこうしてあげよう」とか
「こう言ってあげよう」とひらめいたときだけ
対応していこうと思ってます。

結局どんな問題でも、
「自分の本音に従って生きたら?」
「結果をコントロールしようとするのを止めたら?」
ということに尽きてしまうんですけどね。

私自身も実践の途中なので、答えは正確には
「自分の本音に従って生きようよ」
「結果をコントロールしようとするのは止めようよ」
ですね♪

13092075_1060601217331240_6092032271683304449_n.jpg
10月8日のオータムフェスタで共演予定の
根本和哉さんと♪
(4月のきものふーるさんでの講演会にて)

61IB5qVuCnL.jpg

ひらめき明日発売! 編集協力作品
(マリア著・KADOKAWA)


14102278_1140173606040667_947941044050953142_n.jpg
打ち合わせの日に
読書普及協会チーム茨城時代の仲間、鹿嶋のサトケンさんのお店「青龍」で、
絶品ラーメンをいただいてきました!

〆はラーメン♪・・・ありがとうございましたぴかぴか(新しい)