2020年03月28日

わるものさがしより、ハッピーエンドを思い出そう

「一緒にタピオカ飲みましょう」を茨城弁で言うと
「タピっぺ」
になると気づいて感動しているリュウメイズ企画はしもとです。


コロナウイルスで外出制限、やっぱり来ましたね。

前に書いた通りうちでは食品の備蓄はしてあって
食材の宅配もあるので、全然心配はしてなかったんですが、
ちょっと足りないものを買いにスーパーに行った直後に、外出自粛要請の発表。

マスクやトイレットペーパー同様、一歩手前のタイミングで
激混みのスーパーで並ぶようなことがなく済みました(;・∀・)

この前も言ったけど、ピンときたらすぐ準備しておくのがいかに大事かと思いました。

ただ、今のところばたばた人が倒れるという情報は聞いていないのが幸いです。
これからもその状態を保ってくれることを祈ります。


昨年のブログにも書いてましたが、
現在世の中の支配構造にDS vs Q という図式があると言われていて
私もそういう情報は興味深くモニターしつつも、
「裏ではそういうこともありえると思うけど、
どうせ一般ピーポー(←死語?)が目に見える形では出てこないんだろうな」
とずっと思っていたんですが・・・

ここ最近、「あれ、もしかしてその通りなの?」
って思うような事実がどんどん出てきてて
めちゃくちゃ興味深いです。

興味のある方はぜひご自分で調べていただきたいと思うのですが、

かいつまんでいうと、

一部の既得権者たちがコロナウイルス攻撃を仕掛けたんだけど
その人たちのあまりに一般人をナメたやり方に憤慨している新興勢力の方々が、
その攻撃計画を利用して、既得権者たちの悪行を成敗している

というのが今起こっている状況だということ。

※いつも言ってるように、信じるか信じないかはあなた次第ですw


陰謀論的な人気ブログなんかだと「コロナウイルス攻撃」のところで話が止まってることが多いんだけど、
それだと、何で裏でそれを仕掛けてる側って言われてる人たちがコロナに?ってところで説得力ある説明ができないし
今、既得権者側と噂されてるセレブの人たちがしている発信もいかにも怪しいんですよね(;・∀・)

その情報からすると、これからもますますセレブが感染したというニュースが出てくるだろうと言われていて、
世界の動きに目が離せません。(あと有名人の引退)

また、追い詰められた既得権者側が何をするか危険なので、外出自粛を要請しているともいわれるし、
海外逃亡できないように国境封鎖とか、国境や空港に軍隊を派遣しているとか、という話もあります。

その辺の本当のことはこれからも表には出てこないかもしれないけど、
日本の政治家たちも既得権者側からの指示で動いてると言われるので
これからはその人たちのすることが変わったり、人事異動があったりと、
あれ? 何か変わった?って思うことが起こるかもしれません。

世の中の裏の動きを探ってると、ついつい「あいつが悪い」「権力者が悪い」などと
とかく「わるものさがし」ばっかりに意識が行きがちですが、今は

希望に満ちた未来像を見てます(*'ω'*)

ちなみに、もしかすると4月頭ぐらいに、一時期インターネットが使えなくなるかもって話もあるので、
ネットが使えなくても楽しめる本とか、アナログなゲームとか用意しとくといいかもしれません。
あと、LINEでしかつながってない友達とかいたら電話番号も控えておくとよさそう。


ひらめきリュウメイズ企画で手掛けた本はおすすめで〜す


外出が制限される前の先週末は、日高市にドライブし高麗神社と聖天院を初参拝。

人もそれほど多くなくて、絶好の参拝日和でした(*´▽`*)


DSC_1365.jpg

DSC_1375.jpg

DSC_1389.jpg

DSC_1411.jpg

DSC_1423.jpg

DSC_1432.jpg

DSC_1445.jpg

DSC_1456.jpg

DSC_1468.jpg

DSC_1482.jpg

神社に行くと写真に光が入るのは、エネルギーのため?

1300年前の渡来人の文化と日本の文化の融合で
パワーも二倍になったのか、
「出世神社」と言われるのもうなずける、強いエネルギーがありそうな場所でした。


おそらく大変な苦労をしながら異国の地で命をつないできた高麗の人たちも、
その人たちを受け入れてきた日本の人たちも素晴らしいな〜
と胸熱でした。

今だって上手くいかないことを外国人のせいにする日本人とかいっぱいいるけど、
そんなことしてたって始まらなくて
ちゃんと共存共栄できる道を探せばきっと見つかると思うし、


他人を悪者にして「あいつのせいだ」とか「〜〜が悪い」とか言ってても
自分の生活をよくすることには全然役に立たないよな、
って改めて思わされました。




DSC_1505.jpg

そんな中、無事誕生日を迎えることができて、思いついたメッセージをFacebookでも紹介しました。


水戸黄門なら最後の1番ピンチ!ってときに印籠が出てきて悪人が成敗され、見てる人は溜飲を下げるし、

ハリウッド映画も最後の30分ぐらいに主人公が最大のピンチを克服してハッピーエンドが訪れ、観客は感動して涙を流す。

今この世に生きてる人たちの中には、実社会でもそういうドラマを体験したくて生まれて来た人もいるんじゃないかな、と思う。

てことは、ちゃんとハッピーエンドを用意してるわけだから、途中状況が悪くなったからって、もうだめだと諦めて用意してた結末と別な道を行ったり、悪い場面で終わったらもったいない。

それなのに私たちは、実生活では「あんな強い相手は倒せる訳がない」とか「ハッピーエンドなんてフィクションの世界だけの話だよ」なんて言い訳したり、

挙げ句の果てに、本筋と関係ないところで悪者探しをしては叩いてみたりして、笑、

物語ではあんなに信じられたハッピーエンドが、だんだん自分に訪れるとは思えなくなったりする。

今は世の中的に大きく変わる時期で、大変な思いをしてたり、これからする人もいるかもしれないけど、

そんな時こそ、本当に自分の描いたシナリオがそこで終わりなのか、考えてみると良いかもしれない。



たぶんこれは、アニメより先に漫画で見てドはまりした『ランウェイで笑って』の影響もあるかと思われますがw




自分がハッピーエンドを体験したいと思って生まれてきたと思えるなら、

そうなると信じて、あきらめないで生きていきましょう(^^)/


※わるものさがしじゃなく、共存共栄の世界に向かいたい人にはこの本がおすすめです(*^^)v

2020年03月12日

※小冊子【無料公開】第二弾! ★新型コロナウイルスへの不安を解消しよう!

新型コロナウイルスに関して、政府や医療機関に頼ってばかりもいられない現状の中、


自分で自分の身を守ろう

家族や大切な人たちの身を守ろう


と考えている皆様へ向けて、


個人的にコロナウイルス対策として

期待している代替療法の

プロの先生方からご了承を得まして、

以前発行した小冊子のデータを

期間限定で無料公開しています!

先生方、ご快諾いただきありがとうございますぴかぴか(新しい)


その第二弾は

日本のホメオパシー界の第一人者 由井寅子先生の
 『愛の時代へ向けて』です!

torako009.jpg





小冊子の中でインタビューしながら私個人の経験もぶっちゃけてるので、正直、「み、見ないでくれ〜」あせあせ(飛び散る汗)という気持ちもあるんですがw、この機会に思い切って公開しちゃいます(〃ノωノ)


公開期間は、ひとまず今日から1か月を予定していますが、状況により変更する場合があります。

読んでみて安心できたと思った方は、
ぜひ不安に思っている友人知人に知らせてあげてくださいね(*'ω'*)


※著作権の保護されているコンテンツです。許可なく商用で利用すること、改変したデータを使用することは禁止致します。
ご自分のサイト等でご紹介していただく場合は、PDFの転載はご遠慮いただき、このブログをご紹介ください。

※個人的にコロナウイルス対策として期待を寄せているもので、必ず効果があると保証するものではありません。

以前のブログでも書いた通り、代替療法はメディアからは「効くわけがない」「怪しい」「ぼったくり」などと言われることが多く、今後、新型コロナに関してもそのような記事がいろいろと出てくると予想されます。
メディアの大きなスポンサーが誰かと考えるとまあ背景も想像できるわけですが、信じるか信じないかはあなた次第ですパンチ
ご利用は自己責任で。



今も由井寅子先生は新型コロナウイルスに対して様々な取り組みをされています☆彡






ホメオパシーについて、新型コロナウイルスへの対処法について、YouTube動画で詳しく解説されています。

先日タイでデング熱にかかっていた方が、コロナに感染して亡くなりましたよね。ここですでにそのデング熱のレメディが入っていたことにびっくりしました。



コロナウイルス対策スプレーも提唱されてます。





Good Luck and Stay healthy手(グー)


★リュウメイズ企画★

2020年03月10日

※小冊子【無料公開!】期間限定★新型コロナウイルスへの不安を解消しよう!

新型コロナウイルスの収束の兆しがなかなか見えませんねたらーっ(汗)

専門家の方々も未だにわからないところが多いという謎のウイルスで、

自分や周りの人たちがもし感染したら・・・・・・と不安を感じている方々も多いかもしれません(>_<)


とくに日本では未だに検査数が少なくて、しかも潜伏期間が長いウイルスなので
感染していてもわかっていない人が相当数いるといわれており、

本当はどこで蔓延しているのかも、自分がかかってるかどうかもわからないですし、

確固たる治療法がなく、治癒できるかどうかが自己の免疫力によるところが大きいともいわれていて、


国や医療機関に期待する前に、

まずは自分で自分の身を守るしかないのだ

と自覚する人も増えているのではないでしょうか。





個人的には、今までブログで綴って来たような様々な対策法を考えているので、

「自分や家族がかかってもたぶん大丈夫だろう」と思ってはいるのですが、

やっぱり世界中でたくさんの方々が亡くなっていることを知る度に心が痛みますし

世の中全体が暗いムードになっている現状で一人だけ盛り上がる気にもなれません(;・∀・)



そこで、みなさんが安心して暮らせるようにと思い、

個人的にコロナウイルス対策として考えている代替療法の

プロの先生方からご了承を得まして、

以前発行した小冊子のデータを

期間限定で無料公開することにしました!

先生方、ご快諾いただきありがとうございますぴかぴか(新しい)


その第一弾は

自然療法研究家 市川加代子先生の
 『あなたの体の設計に、ミスはない』です!


市川先生表紙.jpg




※著作権の保護されているコンテンツです。許可なく商用で利用すること、改変したデータを使用することは禁止致します。
ご自分のサイト等でご紹介していただく場合は、PDFの転載はご遠慮いただき、このブログをご紹介ください。

※個人的にコロナウイルス対策として期待を寄せているもので、必ず効果があると保証するものではありません。


公開期間は、ひとまず今日から1か月を予定していますが、状況により変更する場合があります。

読んでみて安心できたと思った方は、
ぜひ不安に思っている友人知人に知らせてあげてくださいね(*'ω'*)



Stay healthy手(グー)


★リュウメイズ企画★

続きを読む

2020年03月03日

マスク、トイレットペーパーはギリギリ事前準備、次は? 我が家のズボラなコロナ対策その3

コロナ休校、何が良いかというと、
娘の部活も休みのため、朝練のために早起きして寝不足にならずに済むこと。

のんびり屋の娘は学校から帰宅して寝るまでになぜかすご〜〜く時間がかかり、
遅寝早起きで普段寝不足。
それにつられて私もついつい寝不足になってしまうので(;・∀・)

よい子のみんな、この休み中に、たっぷり睡眠をとって免疫力アップ眠い(睡眠)しよう(*'▽')


週末にはこの前ご紹介した、フラーハウスも数話イッキ見し、
娘はハイキュー!!にもはまってます( ̄▽ ̄)

main_img4.jpg


小学校の頃は夏休みなんかに時々、
一緒にゴロゴロしながらDVD見たりしてたのですが、
中学では忙しくてそんな時間も取れず、
久々に親子の時間を過ごせています(*´▽`*)


それに週末、娘の風邪がうつったようで、
熱・咳はなく鼻水なので新型コロナとは違うと思うのですが、
家でゆっくり休養していたら、
娘と夫がいろいろご飯作ってくれました( ;∀;)


DSC_1324.jpg


DSC_1327.jpg


その間、前回のブログで紹介した布団かぶって寝る方法を私も実践しました!

IMG_20200303_0001.jpg
※文字だけではわかりにくいのでイラストラフを作りました。

おかげで体調スッキリ(*'▽')

普段から先日紹介したような方法でズボラに健康法を実践し、
ホメオパシーも使っておいて、それで新型コロナにかかっても、
たぶん私自身はこの方法で大丈夫だろうと確信できたので、
心配することがほぼなくなりました(*^^)v

※あくまで個人の感想です。


→案の定、ホメオパシー否定が記事に出てきましたねwww



で、一連のコロナ騒ぎについての追記。

1月後半に、日本でもマスクがなくなることはある程度予想できたので
買い占めない程度にまとめ買いしていたんですが、
その1週間ほど後にどこでもマスクが売り切れてしまい、

また、2月21日の記事の時点で保存できる食料品類と
トイレットペーパー、ティッシュペーパー類はある程度揃えてあり、
その頃にはお店でもまだまだ十分在庫があったんですが、
1週間後にはびっくりするぐらい品薄になってしまっていてあせあせ(飛び散る汗)

面倒でも、ピンときた時に動いておくことが大事だと痛感しました(;・∀・)


マスク、ペーパー類、食品がスーパーから消えているのは世界的な現象なので、
関心のある方は、各国のニュースをちょっと見ておくのもいいと思います。
次にどんな行動すればいいか、参考になるかもしれません。

でも過度な買い占めや転売はご遠慮くださいね(;・∀・)


食品については、武漢などの情報を見ていると、
食材宅配サービスはずっと使えているという話もあり、

宅配サービスに入ろうかな〜と検討してる方は、
今のうちに入っておくのもいいと思います。


お子さんがいなくても、一人暮らしやカップルで使えるのもありますよ。

※「食材宅配サービス」で検索すれば比較サイトがいろいろ出てきます。

残念ながらすでにマスクやトイレットペーパーは品薄になってますが(;・∀・)
稀に抽選で当たる可能性もあります。

生鮮食品などはある程度注文で確保できるのではないでしょうか。



ほかに今後予想できることといえば、
この前も書いたように、日本でも道端で人がバタバタ倒れることです(>_<)

そうならないといいのですが
武漢、イラン、大邱ではすでに起きているようなので
日本でも同じことがないとは限りません(:_;)


そんな方を見かけたらどうすればいいのか、悩みますよね(;´・ω・)

海外ではコロナ感染者だということで
放っておかれることもあるようで(>_<)
それもどうかと思うのですが、
確かに近づくと自分が感染する可能性があるわけで・・・・・・たらーっ(汗)

コロナ感染者でもそうでなくても、一般人が近づいていったところで
恋つづの天堂先生みたいに正しい措置をするのはなかなか難しいのであせあせ(飛び散る汗)
自分が救急対応のできる人間だったり、すぐに命に関わるような感じでなければ、
直ちに救急車を呼んで、少し離れたところで様子を見るのが良いのかな・・・と思います。


いずれにせよ、そういう可能性もあることを頭に入れておけば、
イレギュラー状態になっても
少しはパニックにならずに冷静に対応できるかもしれません。

恋つづといえば髭男黒ハート


※あくまで自分がどうするかという話なので、ご活用は自己責任でお願いします。

とにかく今は情報を知り、自分でピンときたことを実践。

それだけで下手に恐れることなく、安心して日常生活が送れると思います(*'ω'*)

2020年02月28日

我が家のズボラなコロナ対策その2:◎◎県民はその辺の布団かぶって寝てろ?

明日からのお昼ごはんどうしよう、と悩む母の横で、
普段忙しくてなかなか見れないテレビと漫画、何見よ〜かなるんるんとわくわくしてる我が子・・・( ̄▽ ̄)


ベタだけど気軽に見れるアメリカのシットコム「フラーハウス」(Netflix)とか。
img_epi1_01.jpg


いろんなところで配信中の「ランウェイで笑って」も前向きになれる話でいいですね。

画像1.jpg

好きなシリーズ一気見してたら勉強どころじゃないな(笑)


そんな話題の新型コロナ対策について、前回のブログでも紹介しましたが、

その後、私もコロナのホメオパシーを取ったところ、
コロナと全く関係ない分野で恐怖心が湧いてきて、
その恐怖心の原因になっていた幼少期の出来事がわかって、
幼少期の自分の気持ちを受け止めて慰めたら、
恐怖心がすっかり消えてしまい、
やっぱり自分の気持ちと向き合うの大事だな〜と思った、
という面白い体験がありまして、
またいつか詳しいことを紹介できたらなと思います。


さらに今度は、肺サポートのレメディを取ったところ、
気管支のあたりに違和感が出てきて、
ちょっとした花粉症みたいな症状が出て
ただいま絶賛デトックス中です(*‘ω‘ *)

実はちょっと呼吸器系弱ってたんじゃないかな、と思いました。

今まで、他の体調不良は分かってても、
呼吸器系が悪いとはまったく考えたことがなかったので、
肺炎などになる前に気づいてよかった(;・∀・)

私にとってはコロナの巧妙ですね。


世間では今、コロナの検査数がものすごくすくなくて、
「明らかにおかしな症状なのに検査してもらえない」
と嘆いている方があふれてるようですね。

ブログには「武漢みたいに病院がいっぱいで入れなくなるかも」って書いたけど、
日本では「病院で診察してもらえない」「保健所で検査してもらえない」という状態で、
まさかこんなに早く同じような状況になるとはびっくりです(;・∀・)

No Inspection, No Positive. This is Japansese way to reduce corona patients.
なんつってw

病院で診断してコロナって言われない限り、二週間も休めず、
他の人に移してしまうのが怖いという方も多いと思います。

以前Facebookで紹介していたこちらの記事のように
サイトカインストームが起こるせいなのかわかりませんが、
そのうち日本でも、道端で人がバタバタと倒れるかもしれません(>_<)

とはいえ、今のところ確固たる治療法もないようなので、
嫌いじゃない人は、代替療法もいろいろ試してみたらいいんじゃないかなと思います。

※治療法がない→民間療法で良いもののうわさが広がる、
となると医療界にとってはマイナスなので、
たぶんこれから、「ホメオパシーなどの怪しげな疑似医療や民間療法には注意!」
という記事がどこかから出てくると思います。

信じるか信じないかはあなた次第ですw


・・・で、ここからまた怪しげな自然療法の話になるのですがw

前回、我が家ではインフルエンザにはずっとかかってない、と言いましたが、
私自身は年に1〜2回風邪を引くことがあります。

熱が38度台ぐらいになることもあり、もしそれが続くようなら病院に行こうと思ってるんですけど、
いつも一日ぐらいで引いちゃうので、病院に行く機会がないんですよね(;^ω^)

だから、インフルエンザには罹っているけど罹患していない、
あっ違った、罹っていないとは言えないが、ただちに回復するのでわからない、
という感じでしょうかw


それはなぜか、と言ったら、
数々のガンや難病の方々を救ってきた
すごい自然療法研究家の市川加代子先生に教えていただいた、
布団かぶって寝る」方法を実践してるから。


具体的にいうと:

1)汗をかいてもいい服を厚着する

2)熱々の第一大根湯や梅醤番茶を飲む
※第一大根湯は、三年番茶におろし大根、おろし生姜、醤油を入れて混ぜます。
梅醤番茶は、三年番茶に梅干しとおろし生姜、醤油をいれて混ぜます。なるべく熱いのがいいです。
三年番茶は自然食品店などに売ってますが、手に入らなければ普通のほうじ茶でもいいし、何もないならお湯でもいいと思います。


3)布団を普段よりたくさんかけて、頭までかぶって寝る


これで寝てると汗をダラダラかくんですが、なるべく布団から出ないで汗をかいて寝続ける。

途中でまた第一大根湯や梅醤番茶を飲んでもいいです。


こうして寝てると、翌日にはとってもスッキリして気持ちいい朝を迎えられます(*'▽') 
たいてい熱も下がってます。


市川先生によると、重篤なガンの痛みでつらそうにしてた人が
これで翌朝にはケロっとしてたこともあるそう。

ならばインフルエンザはもちろん、新型コロナにも期待できそうな気がします。

おかげで私も、必要以上に怖がらなくて大丈夫かな〜って思えています(*‘ω‘ *)

埼玉、大阪、京都にコロナ感染者が少ないのはみんなこれをやってるからだ、
というフェイクニュースが入ってきておりますw



ホメオパシーもそうなんですが、なぜこういう代替療法で良くなる人がいるかというと、
「自分の体がもともともっている自然治癒力を引き出す」ことができるから、だといいますよね。

それにはやっぱり、何があっても自分の力を信じるという気持ちも必要かなと思います。


※毎度のことですが、医学的根拠不明、あくまで今までの情報収集から導いた個人的な話です。
ご活用は自己責任で。



2020年02月21日

我が家のズボラなコロナウイルス対策

新型コロナ(COVID‐19)への国の対応を見て、嫌な予感しかしませんでしたが、

予想通り日本でじわじわと広がり、私の住む地域でも感染者が出ました(>_<)


他の国が中国からの入国を禁止する中、日本だけずっとファンイングァンリン(歓迎光臨)だったりして、

政府は無能だ!と怒りの声を上げる方が多いのも納得なのですが、
無能というより、なんだか意図的にズレた対応をしてる感じがあり。

今まで、オリンピックは中止になるのではという説をあちこちで見て、

「ここまで来て中止なんて、いくら何でもそれは無理っしょ〜」と思ってましたが、

なるほどこういうことか・・・と思いました。


といっても、我が家では10年ぐらいインフルエンザもかかってなくて、
とくに娘は保育園〜小学校までに免疫ができたのか、小学校では病院に全然行く機会がなく、
かれこれ5年ぐらい学校無欠席が続いているので、
まあ大丈夫かな〜とは思ってるんですけどね。

その背景には、我が家で自然療法的なことをゆる〜く、好きなことだけ続けてる、
っていうのがあるのかなと思ってます。

最近はそういうのは好きな人だけやればいいってスタンスでいましたが、
非常時にはひょっとしたら参考になるのかもしれないと思い、
私が実践中&検討中のコロナウイルス対策をご紹介します。

※医学的根拠不明、あくまで今までの情報収集から導いた個人的な話です。
ご活用は自己責任で。

基本のウイルス対策については、飯島秀行先生つながりのマドモアゼル愛先生が先日ブログで紹介されていたお話が参考になるかと思います。

https://ameblo.jp/mademoiselle-ai/entry-12575844764.html


私もゆるゆるな自然療法ですが、自然の塩が良いという話は昔からよく聞いてるので、料理には自然の塩を使ってます。

塩含め調味料だけは素材に気を付けろっていいますよね。といっても、うちはただ宅配サービス使ってるだけで、勝手に素材を選んでもらってる感じですけど(笑)


生活で使うには、塩もいいけど、同じナトリウム系で重曹も良い気がしてます。重曹でいろんな病気が治るという説もありますね。

雑菌の繁殖を防ぐのか、お風呂や加湿器の水に入れるとヌメリも減ってお掃除も楽です♪ 


そこでこれからは、重曹を水に溶かして作った重曹水をアロマオイルと混ぜてスプレーしたり、

マスクに浸して洗い、家のストックをリサイクルしようと思ってます。

どれだけ効果があるかはわかりませんが、どうせマスクもアルコール消毒液も当分買えないでしょうしね。

アロマオイルは、殺菌効果があるというミントやティートゥリーを使ってます。

殺菌には自然療法の定番、梅肉エキスもおすすめです。

ちなみに、玄米食すればインフルエンザにかかりにくいと言ってる人もいて、

確かに我が家では基本玄米を混ぜたご飯を食べてるので、

それもインフルエンザにかからない原因の一つなのかなと思ってます。


どれくらい入れるのが良いかはそれぞれの好みでいいと思いますが、

うちは半分玄米で、あと赤米・雑穀米も好きなので入れてます。


専門家には怒られそうだけど、玄米に普通の白米じゃなくて無洗米を混ぜると、

あんまり研がなくて良いからズボラな私にぴったりなんです、笑



あと新型コロナは空気に弱そう、っていうのは、ものすごく納得。
密閉空間で感染が高まると中国でも発表されたみたいだし、日本の感染状況を見ても空気が籠る場所が多い感じですよね。

冬の換気は苦手だな〜と思ってたんですが、やってみると結構気持ちいいので、これからも続けようと思います。

またペットボトル空気活性器も作りました。

http://shop.tenemos.jp/?mode=f9


ウイルスへの効果は不明ですが、娘が車の中が臭いとぶぅぶぅ言うので、同じ原理で出来てるテネモスのピッコロをポンと置いといたら、におわなくなったと喜ばれました。
トイレにも置いておくと匂いが気にならなくなります。


ホメオパシーもインドではコロナウイルス予防に使われているそうで、

その分野ではナンバーワンの由井寅子先生が使い方を教えてくれてます。

https://www.homoeopathy.ac/news/10277/

この度コロナウィルス対策がひとつで済むものが出たらしいです。
https://www.homoeopathy-shop.jp/smp/item/MTO074.html


日本ではなぜかホメオパシーを異常なまでにバッシングする人が多く、
怪しいイメージを持ってる人にはお勧めしませんが、
今後、日本でも武漢みたいに病院がいっぱいで入れなくなる状況が来るかもしれないので、
興味がある方は、流通が機能している間に購入しておくといいと思います。
※ただし今まで使ってなかった人は好転反応に注意。


あと今後外出禁止や流通ストップになる可能性がないとは限らないので、
シンガポールでの騒ぎを見て乾麺や缶詰、
風邪の時に使えそうなビタミン剤を備蓄しました。

そして、コロナにはコロナビールを飲むというのが同種療法です←これは嘘w


以上、太字部分はズボラならではの知恵です(笑)


いろいろ体に良いといわれるものはありますが、
とりあえず自分がピンと来たらやってみて、
これは自分にはあわないと思ったらやめればいいんじゃないでしょうか。

放射能の騒ぎの時、やたらとキノコが食べたくなって食べてたんですが、
その後放射能にキノコが有効だと知りました。

人にはみんな、危険を察知する底知れぬ能力が備わっていると思うので、
結局は、自分の勘を信じることが一番かなと思います。
普段から自分の本音に従って行動してれば直感が鋭くなると思います。

竈門炭治郎みたいに、危険の匂いを嗅ぎつけつつ、
コロナパニックを乗り切りましょう!

img_chara_01.jpg



※マスコミには出ない本当の情報を知りたい方には
こちらのシリーズがおすすめです。





2020年02月05日

春の兆しを感じて嬉しくなったらそれを幸せと呼ぼう

最近、King Nguの白日を聴くたびに、

某不倫騒動の芸能人の気持ちを歌ったのかと思ってしまう、

編集者・ライター・新米英語教師のはしもとるみです。

騒動のとき、ちょうど関東で雪がちらついたしね・・・( ̄▽ ̄)

どんどん隠し事のできない時代になってきました。



DSC_1272.jpg
冬は富士山が見えるのが好き黒ハート

立春の夢にも富士山が出てきて、

今年はなんだかいいことがあるかも(*´▽`*)


なかなかブログ更新できないでいるうちに、

旧正月を迎え、立春を過ぎてしまいましたが(;・∀・)

今年もよろしくお願いしますひらめき


昨年の12月、2020年は何となくこんな年、と思ったことが

新型コロナウイルスという形で出てきた気がして残念で(:_;)
亡くなられた方のご冥福をお祈りせざるを得ない、RIP なのですが・・・

いつまでも苦しい時期が続くことはないと思っています。

みなさんが健康で幸せな一年を送れることを願います。




DSC_1287.jpg
ずっと初詣もできてなかったんですが、週末やっと時間が取れたので
用事の前に何とか田無神社を参拝してきました。

偶然にも、2020年・令和2年の02月02日、というめっちゃ珍しい日だったので、
初めて御朱印というものをいただいてきました!


昨年末にLINEのタイムラインでJ-shineを取得したことを報告したら

お問い合わせをいろいろいただき、

あれよあれよと、

中1に加えて中2の英語を教えることになりました。


今までなんとなく普段の会話や翻訳はしていたけど

文法では忘れてるところが多いし( ̄▽ ̄)

文法用語はテクニカルタームみたいだし・・・で

意外に中学英語の復習は大変ですがあせあせ(飛び散る汗)


自分の勉強にもなるし

子どもたちかわいいし

自己満足でも、教えるのは楽しいです(*´▽`*)


DSC_1308.jpg

グラミー賞でのBilly Eilishのスピーチを教材にしてみた

DSC_1310.jpg

こういう自己啓発的なのもよさそうだな〜

なかなか読み進められないんですが、拙い英語力の私がちょっと読んだだけでも
デールカーネギーの筆力がわかるのに驚いた、道が開けそうな本。

※今スケジュールの関係で受け付けられるか微妙なんですが、
子ども〜大人までまだ少しレッスンできるかもしれないので、
興味のある方はお問合せください。スカイプ可。


DSC_1279.jpg

DSC_1292.jpg

DSC_1286.jpg
行くたびに気分が上がる、たのし〜神社、たなし神社。

DSC_1303.jpg
ちょうど節分で配布終了の新年のお札と、節分の豆も入手できました(*'ω'*)



前回のブログでも書いた通り、

毎日ほんのちょっとしたことでも何かしら「幸せだなあ」と思うことがあって、

「幸せ日記」をつけたい気分になり、つけ始めたら、

ちょっとでも感じた幸せをまた噛み締めて感じられるのが嬉しくて

楽しくて、意外にも三日坊主にならずに続いちゃって(笑)



そうしたら幸せの波長が引き寄せてくれるのか

なんだか「プチ奇跡」みたいな出来事も増えてきた感じがします。



といっても、日記に書くのは、

あくまで自然に幸せだという感情が湧き上がってきた事柄だけにしてます。


幸せなことが多くなると、嫌なことがなくなるわけではなく、

それなりに不快なことだってあれこれとありますけどw


そんなとき、前に書いた通り、

湧き上がってきた嫌な感情から目を背けるために幸せだと思おうとしても、

それは自分の本音を見ないようにしてるわけだから、

いつか本当の自分との乖離がおきて、無理が来ちゃうんですよね。



だからもやもやした感情があるときは、それも日記に書きいてもいいし

別のノートに書き綴るのもいいし

どちらにしても、肯定して、吐き出して、ちゃんと処理することがおすすめです。




※手前味噌ですが、以前編集に関わった本はいろいろおすすめで

この本とか

女の幸せは“子宮”で決まる!

新品価格
¥1,404から
(2018/9/5 15:27時点)



この本

「あの世」とのおしゃべり

新品価格
¥1,620から
(2019/2/17 18:27時点)


もいいんですが、

特に岡田哲也さんの

『キラキラな宇宙法則をめちゃくちゃ日常生活につかってみました』(キラ宇宙)は

他人と比べるんじゃなく、
自分の今いる場所から

幸せを作っていくことがいかに大事か

という基本がよくわかる本です。



私も、この本がひとつのきっかけになって、

ちゃんと半径5メートルの幸せから見つめなおすようになったら、

どんどん人と比べることなく、

自分の日常の幸せを感じることができるようになりました(*'ω'*)


多様化した世の中で、推しのアイドルが人それぞれちがったりするようにw

自分が何に幸せを感じるかは、人が何に幸せを感じるかと一緒じゃない。


だから、『キラ宇宙』を読んで実践してみて

ぜひみなさんが自分ならではの幸せを見つけてくれることを願ってますぴかぴか(新しい)


今後また面白いプチ奇跡体験があったら、
このブログで紹介していきますね〜(*'▽')


Wishing you a wealth, health and happiness in 2020! 

2019年12月07日

イントゥ・ジ・アンノウン・ニュー・イヤー

あっという間に今年ももう師走!

月日の過ぎるのがあまりにも早くて・・・・・・


草生えそう( ̄▽ ̄)


みなさんの一年はいかがでしたか?


私は今年一年めっちゃ地味な生活してました(笑)

日常生活を淡々とこなすだけで、
派手なイベントにはまったく縁がない日々。

まあカッコつけるなら、自分の内面とひたすら向き合う日々、
とでもいいましょうか( ̄▽ ̄)



日常生活も、必ずしも良い出来事ばっかりじゃないんだけど、
ふとした瞬間に、「ああ〜、幸せだなあ」って気持ちがどこからか湧き上がってきて
その幸せをかみしめることが多くありました。



例えば、紅葉になりかけの時、青空がきれいで、
写真を撮ったら光の線が入ってたときとか(*´▽`*)

DSC_1132.jpg


DSC_1133.jpg


DSC_1134.jpg


即席の味噌ラーメンを食べたかったけどスープがないので
自分で調味料を混ぜて作ってみたら美味しく作れたときとかw

DSC_1156.jpg


この幸せをそのままやり過ごすのにはしのびなく、どこかに記しておきたくて、
「幸せ日記」をつけることにしました(*´▽`*)

一日を振り返って、幸せだと感じたことを数行綴るだけなんですけど、
やってみると、地味な日常でも毎日、何かしら幸せだって思うことがあるんですよね。

ちなみに日記には今までイライラした時とかに自分の気持ちを吐き出すことが多かったんですが、
それはそれで書きたいときがあるので、両方あるといいのかも(笑)
本当は向き合わなきゃいけない負の感情があるのに、
そっちから目を背けるために「幸せだ」って言ってるのでは意味がないですからね。



でそんなことを続けているうちに、

どんなに小さくても、奇跡のような出来事が毎日毎日必ずあるんだ

て気づくことができました。

それって、よく言われる「毎日普通に日常生活が送れること自体が奇跡」というのとはまたちがって、
ふだんそこまではなかなか思えないけど、

例えばユニクロでほしかった服を見つけて、たまたまセールになってたりとか(笑)
電車に乗ったら混んでたので、立ってたおかげで富士山がきれいに見えたとか、

本当に、ちょっとした「プチ奇跡」のようなことって、毎日必ず起きてる。



アホな私は、今までも必ず同じような出来事があったはずなのに、

「なんだ、そんな小さなことなんて、奇跡の範疇には入んないよ」

って勝手に奇跡から除外して、

「ああ〜何かいいことが起きないかな」

って勝手なことを考えてたんですね(;・∀・)


神様がいたら「こんな奴には奇跡のやりがいがないよ」と思われていたかも(笑)


SNS疲れ、なんて言葉をよく聞くけど、確かに

人の華々しい活躍やらリア充ぶりやらばっかりに目が行っちゃうと、
自分の地味な生活の中のすばらしさが見えなくなる

って私も心当たりが大ありで、

そんなときこそ、こうやって、

その地味な生活の中に
どれだけの奇跡があるのか数えてみる

というのが効果的な気がします(*‘ω‘ *)




・・・そんな地道なこの一年でしたが、年末になって、

数年前から勉強していた児童英語講師のほうで、
やっと小学校英語講師のJ-Shineの準資格を取って(こちら
なぜか小学校じゃないけど、中学生向けに
初めて英語を教えてみたりとか、

先週こちらの出版関係のイベントにお邪魔して、
今までまったく未知の世界だった文芸書のことを学び、
編集者・ライターとして新しい方向性が見えてきたりして、

年末にいよいよ新しい世界が開けてきたなあ、
って感じがしています。


来年は、
まだ見に行けてないんですけど、
いま家族ではまってる、アナ雪の主題歌Into the unknownみたいに、




未知の世界に入っていく
というのがキーワードのような気がして
今からわくわくしています(*'ω'*)




世の中的にも、今はいよいよ古い体制が詰んできた感じがしますよね。

陰謀論界隈では、DS対Qていうのが有名になり、個人的には今年の流行語大賞(笑)
といいつつ、どこまで本当かわからないですけど、
ただ、世の中の動きの中で、何かが前と違ってるというのは誰の目にも明らかになってきました。

「そうしたほうが得だから」と、自分の本音よりも権力者への忖度を優先したり、
自分の良心が呵責しているのに、自分を誤魔化し、ズルしたり人をだましても、
決して本当の得にはならない、という時代になってきたんじゃないでしょうか。


来年からいよいよ
私たちが今まで全く経験したことのない
未知の世界へ行くとき 

なんじゃないかなあ。


と勝手に感じています(*´▽`*)

現実的には、大変なことが多いかもしれないけど、
現状にそぐわない古い体制が崩れて
今の状況にふさわしい社会になるということだから、
すごく面白い時代になると思います。


みなさん、来年も一緒に楽しみましょうね♡




2019年10月23日

起死回生の令和晴れ

ここ最近、台風19号の被害とか、
東須磨小教師いじめ暴行事件のような衝撃的なニュースがあって
自分や家族に被害が及んでいるわけでもないのに、
何だか心痛めることが多くてもやもやした感情を引きずっていた日々でした涙ぽろり

自己啓発的には、他人の出来事であれこれ気を揉むのって、
自分の幸せにフォーカスしていたら周りも幸せになっていくってことを考えたら、
かえって逆効果なんですけどね・・・困り

わかっててもついつい被害が気になっちゃうあせあせ(飛び散る汗)

でも、そこで思い出したのが、先日ブログに書いた

自己啓発的には正しくないとしても、
気になちゃうんだからしょうがないじゃんね〜〜
それだって愛の表現ってことでオケ!

と開き直って全部認めることにしたら、
なかなか消えなかったもやもやした感情がすっきりしてきました(*^_^*)

自分も周りも幸せにするための自己啓発なのに、
いつの間にか「その通りにすべきだ」って枠にとらわれて
逆に自分を責める材料にしてた気がします^^;

まずは、その通りできない自分でもいい!それだって愛だよ!って思うところからですね。


・・・・・・

そんな中、昨日は朝から台風19号を彷彿とさせる大雨。

娘の部活も中止になり、外出できそうな状況でもなく、
家でのんびり即位礼正殿の儀をテレビで見てました。

5月1日に皇位継承の儀式があったとき、
それまで雨だったのに儀式が始まったとたん急に晴れたので、
昨日も儀式前に夫が「今から晴れるよ」と「天気の子」の陽菜ちゃんばりに予言(笑)。

そしたら、本当に儀式直前まであんなに大雨が降ってたのに、
急に太陽が覗いて光が差してきたので、びっくりしました!

雨になったのも「天叢雲剣」の伝承通りだというし、
虹まで出て、富士山も顔をのぞかせたって聞いて、さらに驚きびっくり

思わず「愛にできること〜はま〜だあ〜るか〜いメロディ
って口ずさんじゃいましたよ(Radwimpsの主題歌)


最近また気象操作なんていう話題をよく聞くようになったけど、
もし人間が人為的に天気を操作しようと思っても
きっとこんな神業は無理ですよね。

以前本の編集をさせていただいた藤原直哉先生が
「人間の浅知恵が天の采配にかなうわけがない」
ということをおっしゃっていましたが
まさにその通りだと思います。

悪天候までも味方につけてしまう
天の采配としか思えない奇跡的な天気から、
今生天皇と天とのつながりの深さを感じ、
そこから天皇のお人柄というものを感じて
じーんと感動しました。

その天とのつながりっていうのは、
私たち一人ひとりがみんな必ず持っているもの。

とくに日本に住んでいる人はそれが強いのではないかな、という気がします。

言い換えれば、それって、誰でも奇跡のようなことを起こせる力があるということ。

今は世界的に不景気だし、消費税も上がっちゃうし、
日本がこれから良くなるわけない、なんてつい悲観的になっちゃうけど、

そんなこと言ってる場合じゃないな。

ここから自分たちの力を信じて奇跡を起こさないとな。

それが天からの私たちへのメッセージであり、天皇家からの日本国民へのメッセージ。

と、個人的にはそのように受け止めています。



DSC_0858.jpg
夏休みに遊んだ山田川の写真。今回氾濫せずにすみました。


愛にで〜きることはま〜だあ〜るよ〜メロディ(やっぱり最後はコレ)































2019年10月16日

台風とシャドウサイド

前回のブログでは台風15号でしたが、今回はまた19号の被害があり、心が痛みます。

自分や家族は無事だったけど、なんだかショックが大きくて、まだまだ被害が気になってほかのことが手に着かない感じ・・・青ざめ

やっぱり、被災地として報道に出てくる地名の7〜8割が行ったことある場所で、あまりにも身近すぎる、というのが大きいようです。

故郷の常陸太田市でも旧金砂郷村のあたりで氾濫したほか、隣の大子町や常陸大宮、常磐道からいつも見える水戸北インターの真下、いわき市や郡山、川越市に坂戸市、東松山市、奥多摩、二子玉川や武蔵小杉、相模原に箱根、上越市、5月に北陸新幹線で通ったばかりの長野駅とか、アウトレット行ったばかりの佐野市・・・。

たぶん東日本を移動することが多い人なら身近に感じる場所ばかりではないかと思います。

一日も早い回復と亡くなった方々へのご冥福を祈らずにはいられません。


ここから、個人的な台風体験の話です。

台風のつい3日前ぐらいまで、12日に久しぶりに友人たちと集まる予定で、大阪や名古屋のなかなか会えない友達もいたので、どこに行こうか?なんてLINEで話し合いながら楽しみにしていたのですが、その日台風がほぼ確実に来るという予報が出て、残念ながら延期に。

その後、伯母が亡くなり、告別式に出席するために12日か13日に帰省できないかと思って調整していたのですが、今回の台風は相当大きいらしいと聞いて、事前まで迷って取りやめました。

予定調整しつつもその間、家や車の防災用品を見直し、新たに必要そうなものを買い出しに行って、忘れたものをまた買いに行ったりして(笑)、すっかり台風準備疲れに(;・∀・)

でも結果的にここまで身近に被害が及ぶと、たとえ使わずとも防災の準備をしていたことが安心材料になってよかったと思いました。

また、週末の予定は変更になったけど、おかげで早くから台風情報をキャッチできて準備を早めにしたので、11日に何も売ってないスーパーで水や食品が買えなかったり、ガソリンスタンドの長い列に並んだりというような苦労はせずにすみました。

備えは早めにしたほうがいいですね。また、今回関東では先日の千葉の被害から教えてもらって準備できた人が多かったと思います。

そして12日当日。朝から聞いたことのないような雨音が続き、確かにこれは普通の台風じゃないな、と感じました。
昨年豪雨被害のあった福岡の人が「ゲリラ豪雨が一日中続く感じ」と言っていたけど、それに近いかもしれません。

台風が近づくにつれて風も強くなり、雨戸を閉めると、シャッターに吹き付ける雨と風ですごい音。
どうなるか不安だったけど、家は比較的高い場所にあるせいか水かさも増えず、10分程度停電しただけで電気も水もガスも問題なく使えて、家で無事安全にいられることに自然と感謝の気持ちを感じながら過ごせました。

翌日になって、川があちこち氾濫しているのを知りました。

茨城への電車も高速道路も不通。実家に行くにはどこかで那珂川を渡る必要があるのですが、13日朝にはもう氾濫が始まっていたとのこと。帰省していたら大変なことになっていたかもしれません。

日中は一般道の橋が一時全部不通になったという情報もあり、常磐道を通った親戚によれば、水戸北インターのあたりで高速道路の数メートル下まで水が来ていたそうです。

ただ、SNSではもう朝のうちから那珂川が霞ケ浦かよってくらいすごいことになっている写真が次々とアップされていたのに、テレビで見ていてもそのニュースが昼過ぎまでまったく何も入ってこなくて、あまりの情報の遅さにメディアの報道の限界というのを感じさせられました。

テレビがあって助かったし、Nを潰せとは言いませんが、そこに出てこない真実があるということを緊急時にはちゃんと自覚したほうがいいな、と。

・・・そんな感じで過ごした台風の日々でした。
もし今回の台風が大したことなかったとしても、安全を取って無理をしなかったことは正解だったかな、と思います。


DSC_1085.jpg
台風一過の穏やかな空。


そんな中、ちょうど出たばかりの編集協力の新刊


51fpALpULJL._SX348_BO1,204,203,200_.jpg


著者のまさよさんが、「この手帳はお守りになるので、ぜひ持っていてほしい」とおっしゃっていました。

この手帳の中で、まさよさんがインスピレーションをうけておっしゃっているのが、
「来年のキーワードは鬼」ということ。

Amazonのレビューに書いてくださった方がいて、そうか、鬼って艮の金神なのか、と思いました。

艮の方向というと、今回の被災地の東北のあたりともいわれていますね。

大和朝廷が東北に追いやって征伐した蝦夷の人たちを「鬼」として、
仕返しを恐れたので、艮=鬼門と言われるようになったともいわれます。

そのまま現在まで、日本の歴史のメインストリームの中ではずっと、大和側=善、鬼=悪、とされてきているんですね。

ところが、来年からは本格的に鬼が復活するそうです。

それは、手帳にもあるように、これから「今まで悪とされてきた人が悪ではなく善だとわかる」とか「影にいて虐げられてきた人たちが脚光を浴びる」時代が来るということでもあるのかな、と思います。まさに鬼王の復活・シャドウサイド(妖怪ウォッチ)。

ただそういうのを、陰謀論では「今までの権力者は、善のふりをしているけど本当は悪人なのだ」と言ったりして、ともすれば私たちはどちらかが悪でどちらかが善のような言い方をしてしまいがちですが、本当は何が悪で何が善なんだって決めつけられるものではないんですよね。

「悪が善になり、善が悪になる」というよりは、善・悪という二元の世界だったものが、これまで邪魔にされてきた悪のほうが注目され、善でもあることが知られることにより、私たちが悪と善が表裏一体であることに気づき、「善も悪もない一元の世界」に近づいていく。

艮の金神といえば日月神示が有名で、私も全部読んだわけではないのですが、「悪を抱き参らせる」という言葉は、まさにそうやって「善も悪もない世界に近づく」という意味なんじゃないかな、と思ってます・・・というよりはそういう世界になることを願ってます。


・・・といいつつも災害は怖いので、まずは来年この女神手帳をお守りにして過ごしたいと思っています(*'▽')

















2019年09月15日

自分を愛せない、どうすれば愛せる?というコント

この前の台風では未だに各地で被害が収束せずに心痛む日々ですが、
最近の災害ではいらない支援物資の処分も問題になってるようで・・・(;・∀・)
被災地の方で何か欲しいものがあったら教えてください。
送れるものがあれば送ります手(グー)


前回のブログ更新から早くも二か月過ぎました。

その間、学校の夏休みもあり、子どもは部活三昧で遊ぶ暇があまりなかったものの、
ちょこちょこ出かけて楽しみました(*‘ω‘ *)

DSC_0781.jpg


DSC_0804.jpg

DSC_0811.jpg
光がすごかった大宮八幡宮


DSC_0903.jpg

DSC_0912.jpg

DSC_0924.jpg
チームラボ

DSC_0973.jpg
レイクタウン


DSC_1011.jpg

DSC_0997.jpg

DSC_1004.jpg
シンガポール時代の朋友と川越行ってコエドビールも堪能しましたビール



前回のブログでも書いたように、今は何も問題がないわけじゃないけど、
(とりあえず水虫は治ったけど)地味ながら幸せを感じる日々で、

今は誰かの話を聞いたりして学ぶよりも、

自分自身や周りの人たちとの時間を大事にして、

幸せの土台をつくる。

そういう時期なんだろうな〜と感じています(*´▽`*)

家だって土台がしっかりしてなければ、どんなに綺麗な外装を施しても崩れてしまうけど、

今までの自分は、ついつい外装ばっかりを見ていて、
人の家が綺麗でうらやましいとか、自分も早く綺麗な家を作りたいとか思うばかりで、

いかに土台を見てなかったかに気づいて唖然としてます・・・・・・(;・∀・)


でも今は外装に振り回されずちゃんと土台を作ろうという気分で、

人からの学びをあえてしていない状態なので、めっちゃ付き合い悪いですけどあせあせ(飛び散る汗)
温かく見守っていただけると幸いです( ̄ー ̄)


DSC_0859.jpg
お盆は実家にも帰省しました


・・・で、表題の件、またこの前、不思議なひらめきがあって、
自分でも最初「えっ? ちょっと何のことだかわからない」ってなったけど、
よく考えてみたらめちゃくちゃ腑に落ちた、というお話です(笑)。


今まで、よく「自分を愛しなさい」っていうけどどうやって愛すればいいのかな〜、

自分は自分をうまく愛せないな〜なんて思っていたんですけど、



そうじゃなくて、

自分のすることはすべて、自分への愛からの行為なんだ

ってふとひらめいたんです目

だから、自分をどうやって愛そうか?って考えるんじゃなくて

本当は自分が自分を愛してるってことを
いかに自覚するかが大事

なんだ、と。

「すべて愛の行為」とかって、ネトフリのドラマで話題のなんちゃら監督が
この前インタビューで言ってたのをネットで見たような?(笑)


まあそれはおいといて、例えば、
「会社辞めたい」と思っていたとして、
自分の本音に従って会社を辞めるのも自分への愛があるからだけど、
それだけじゃなくて、
「でも無職になってお金がなくなったら嫌」と
頭で考えて我慢して会社にとどまろうとするのも、
「貧乏で買いたいものも買えず、ひもじい、みじめな思いを自分にさせたくない」
という自分への愛があるから。


「今疲れてるけど遊びたい」というときに
身体のために休もうとするのも、
遊びたい気持ちを優先して遊ぼうとするのも、
どっちも自分を大事にしてるからで、どっちも自分への愛からの行為。



ストレスがたまったときに、病気になるのも
自分への愛があり、自分を守ろうとするからだし、
「こんなストレスに負けたらいけない」とがんばるのも
自分への愛があり、自分を高めたいという自分の気持ちを大切にしてるから。


今日はゴロゴロして一日何もしないで終わっちゃったなあ、っていうのも(これは私か)
ゴロゴロしたいな〜っていう自分の気持ちを大事にしたからであり、
やっぱりちょっと気合入れて家事や仕事ちゃんとやろう、っていうのも、
家事や仕事をしたいっていう自分の気持ちを大事にしたからで、
どの気持ちを大事にするかは違っても、根本には自分への愛があるからやってること。


「自分のために良い食材を使って手間暇かけて美味しいもの作ろう、そうすれば元気になれそうだし」
っていうのも、
「疲れてごはん作る気力がないから無理はやめて、コンビニでご飯買って食べよう」
っていうのも、
どっちも自分を愛して大事にしてる行為。


自分のやりたいことをまず優先するときも
親として子どものことを優先するときも
今はその行為のほうを選びたいという自分の気持ちを大事にして選択してるだけであり
そうするのは自分を愛しているから。


自分が本当はこうしたいという本音とか魂の声を聞くのも、
愛する自分に正直に、悔いなく生きようと思うからだし、
他人の顔色をうかがって忖度するのも、愛する自分を守るために
自分が傷つかないように生きようと思うからで、

ただ周りにどう見られたいかというエゴでばかり生きていると辛くなるので
自分を愛すればこそ、もっと自分の本音を大事にして生きようと思うようになる、というのはあるけど、
どっちにしたって、自分への愛はないわけじゃなく、どちらもちゃんとある。


人のためにすることも、究極的には自分への愛の行為。

自分を後回しにして他人に尽くすというのも、
他人に良く思われたいとか、他人に喜んでもらうと嬉しいという気持ちが自分のなかにあって
その気持ちを大事にしようという愛があるから、尽くす行為を選択しているだけ。


自分への愛がやがて他人への愛につながっていって、
達人レベルになると、自他当然になって、
究極は自分への愛=他人への愛100%
になるかもしれないけど、それでも自分への愛がなくなるわけではない。

他人を愛していても自分への愛はちゃんとある。


自己否定で自分を責めてばかりの人間は、自分を愛せてないわけじゃなくて、
自己否定も突き詰めていけば、小さい頃のトラウマなんかから自分を守ろうという自分への愛からの行為。


・・・つまり、いつでもどこでも自分への愛はあるんですよね。


ということは、今までの私は、ちゃんと自分への愛があるにもかかわらず、
「自分を愛せない、どうすれば自分を愛せるのか?」
って、眼鏡かけてるのに眼鏡がないコントみたいなことしてたらしい(;・∀・)


それに気づいた今、やっと、
自分ってなんでこんなことしちゃうんだろう、何でこうできないんだろう、って自己嫌悪に陥るようなことも、
「全部自分への愛の行為としてやってるんだからいいじゃん」
と許せた気がします。



愛って空気のようなもので見えないけれどどこにもある、
っていうのは本当だと思ったし、

どんな時も心の底では絶対に自分を愛してる自分という人間が一人いる
と思えたら、すごく安心できました(*´▽`*)


今後は、もっと自分への愛を自覚しながら生きてみよう、
と思ってます(*'ω'*)




★編集協力作品の新刊です★

51fpALpULJL._SX348_BO1,204,203,200_.jpg


なんとAmazonで総合3位になりました! (*'▽')

不思議なめぐりあわせで関係することになったまさよさんの女神様シリーズですが、
私自身も女神様をイメージして不安が消えたり、未来に希望が持てるようになりました。

Amazonで注文殺到したのも、今年の手帳に効果を感じた方が多かったからではと思います。
ぜひ皆さんも使って効果を実感してみてください(*^^)v



2019年07月05日

運勢は良し悪しではないし、幸せとも関係ないと思った話

前回ブログを書いた時、体調不良から回復したと思ったら、その翌週。(※閲覧注意、笑)

足の指がかゆいと思ったら、水虫デビューしていた(;・∀・)
 ↓
家にあったカレンデュラクリームを塗ったら翌日には表面がつるつるになって一安心
 ↓
翌日、急に寒気がして38度以上の高熱が出た
 ↓
布団をかぶって滝のような汗を流しながら寝たら翌日には平熱に
 ↓
まだ本調子じゃないのに料理を作って、スライサーで指をザックリ切ってしまう
 ↓
切った指をかばうようにして慣れない動作でおろし金を使っていたら、指を二か所軽く切る
 ↓
カレンデュラクリーム塗って数日で治る

というような痛痒い一週間を送りました(゚∀゚)

これがちょうど6月最後の一週間で、まさに大祓の時期。


IMG_20190115_142202.jpg

昨年編集協力したまさよさんの【日本の女神透視リーディングカード】の表紙といえば、
まさに夏越しの大祓の女神様である瀬織津姫さまでした。

DSC_0683.jpg

同じまさよさんの女神手帳では6月に登場しています。

雨が、大気中の汚染物質を地面に落とし、川から海へと流す、という
その自然のはたらきを神格化した女神様ともいわれています。

DSC_0561.JPG

カードは「すべてをリセットして良い方向に導く」という意味。

なぜか一年ぐらい前からお仕事で瀬織津姫があちこちに登場して、
その時には全く予想ができませんでしたが、
本当に6月末に瀬織津姫の力で血と汗をガンガン流してくれたようで、
それとともに、いろんな不安やもやもやもどーんと吹き飛んでいって、
ばっちり禊がれた気分です(゚∀゚)

もしいろいろリセットしたい人がいましたら、
このカードをお守り代わりに持っているのもいいかもしれませんよ(*^^)v


そんな感じで体調の変化著しい一週間でしたが、気持ちの上ではリセットされてる感があって、
変に落ち込まずにのんびりと構えることができました(*'ω'*)

病気とケガばっかりで、ある意味「運が悪い」と思える出来事だったかもしれませんが、
運って、良い・悪いの二元の世界じゃないんだなあ、って思い知りました。

よく占いでは運勢とは春夏秋冬みたいなものだっていわれますが、
まさにその表現がぴったりだと思います。

起きる現象が、ぽかぽか温かい感じのときも、木枯らしで寒そうな感じの時もあって、
その現象に影響されて気持ちが上向きになったり落ち込んだりすることはあるけど、
必ずしも現象=心の幸せではない

春夏秋冬それぞれの季節を楽しむ余裕があったら
どの季節だって幸せを感じられるんですよね。


つらい時期に、いつも幸せだって思うのは無理かもしれないけど、
少しでも幸せだという感情がわき上がってきたら、
その幸せをじっくりかみしめてみることはできる。

悪いと思った現象から逃げずに、
しっかり受け止めてみることもできる。


それと、人は自分らしく生きられたときに本当の幸せを感じる、ともいいますが、
運勢が悪いといわれる時期は、自分らしさが周りに受け入れられないからつらい、
っていうのもあるのかもしれない。

だったら、周りの現象を気にせず、常に自分らしくいる覚悟を持てたら、
いつでも幸せを感じられるわけですよね。


嫌な出来事があるとついつい不幸だ〜って思ってしまう私ですが、
少しずつ、表面の現象に関係のない、本当の幸せを感じるようになってきたので、
これからももっとそういう感覚を味わっていきたいなあって思っています(*'ω'*)










2019年06月24日

引き寄せたものは返せない。だから受け取らないと次に進めない。

先週後半は周期的な体調不良の時期で
プランターの野菜に水やりすることもできず、
葉っぱが枯れそうでしたが、
雨のおかげで復活してくれました。

DSC_0678.jpg
プチトマトはもう20個ぐらい収穫してます(*'▽')

そういえば、常夏のシンガポールから帰国後しばらくは
この時期の涼しさがとても気持ち良かったし
雨もスコールじゃなくて傘を差せば外を歩けるのが嬉しかった。

梅雨も良し悪し。
天気には良いも悪いもないんだなあって改めて思います。


で、体調が悪くて苦しんでた矢先、
「オリンピックチケットの当落発表」のニュースを見て、
メールを開いてみたところ・・・

DSC_0676.jpg

当選してました〜ヽ(^o^)丿

結局当日はアクセスができず何の競技かわからなかったけど、
翌日見たら、ビーチバレー2回分でした。

抽選申し込みした後に「チケット取りやすい裏技」なるものがあると知り、
失敗したかな〜って思ったけど、正攻法でOKでした(゚∀゚)

夫の先輩が前に出場したりしてて純粋に見たかった競技のひとつだったんですが、
後でネットで見たらビーチバレーは比較的チケットが取りやすかったらしいです。

「あ〜ついてるな〜〜」なんて思ってふと思い出したのが、

これって、
「良い気分でいれば良いことが起こる」
という宇宙法則なのかもしれません(゚∀゚)


だったらいつも良い気分になるようにしよう、
って思いたいところですが、

実はそれが難しかったりして(;・∀・)


体調が悪くて寝込んでた時なんか、
確かに家族のサポートで無理せず寝ていられることがありがたいと思う時間もあったけど、
そういう思いはなかなか続かず、
やっぱり痛いとかしんどいとか、やりたいことができないとか、
どうしてもネガティブ感情が思いの大半を占めてしまう。

かといって、「そうはいっても自分は恵まれてるんだから」
とか無理やり思おうとしても難しいんですよ、
だって体はつらいんだから(*´Д`)


結局良い気分になるっていうのは、簡単そうでいて実は、
思い通りにならない時にはめちゃくちゃ難易度が高い、
って実感しました。

「良いことを意識して良い現象を起こしたい」
なんて思ってみたとしても、
生きてたら、どうしたって「思い通りにならないこと」がありますからね。



仕事がら、今まで一般人の想像を超えた超人レベルの人や
引き寄せマスターにたくさんお会いしましたが、
そんな方々でさえ、皆何かしら
「こうなってほしいけど、なかなかそうはならない」
というような、思い通りにならない物事はあるもの。

のちのち思い通りになるということはあっても、
「表層意識が望んだとおり、すべての望みがすぐにその場で叶う」
なんて魔法使いみたいな人はだれ一人としていません。



じゃあどうすればいいのかっていうと、
前にも記事に書いた通り、
思い通りにならないことも全部、

現実を、腹をくくって、覚悟して、受け入れる

っていうのが大事なんだろうな、と思いました。


超人・引き寄せマスターが素晴らしいのはそこかもしれません。

それと難病・不治の病などから回復している方々は
やはり病気から逃げるのではなく、一度受け入れて、
腹をくくっている気がします。

前に書いたような、食べられない梅から梅酒を作る(レモンをレモネードにする)、
という知恵も、いったん腹をくくって受け入れないと、
なかなか出てこないものだったりしますよね。


実は「そうはいっても自分は恵まれてる」っていう考え方も、
腹をくくって受け入れる、というところに向き合わないようにするための、
言い訳になってる場合もありそうです。


それで言うと、私なんかは気づくといつのまにか現状を受け入れがたくて
そこから逃れることしか考えられなかったり、
人のせいにしたりしてしまうことばっかりだなあって思います(*´Д`)

自分が引き寄せたものを受け取らないって、
ネットショッピングで買ったものが届いたのに
いらないっていって配達業者を困らせる嫌な客みたいですよね( ̄▽ ̄)

これからはすこしずつでも受け入れていこうと思います。



★一緒に宇宙法則を日常生活で実践したいという方はこちら(*'ω'*)★












2019年06月18日

その日々の中にある豊かさを僕らはいくつ知っているのか?

・・・タイトル、ちょっと秋元康大せんせー風にしてみました(゚∀゚) 


すっと空き家になっていた近くの家が
昨年取り壊されて、新しい家が建ったのですが、

それ以来、空があまり見えなかった部屋からもよく見えるようになりました。

20190618_082756.jpg

まあ写真にとると電柱が目立ちますけど(笑)

日曜日、絵にかいたような濃い青空に白い綿雲を
ゴロゴロしながらぼ〜っと見てたら気持ち良かったです(*‘ω‘ *)

そして夕方に外に出たら今度は月があまりに見事で思わず見とれました目

20190617_101033.jpg

写真では電球みたいに見えますけど(笑)
まだ暗くなる前の夕空に大きな月が浮かんでる様子はちょっと感動でした(*´▽`*)


普段何気なく過ごす日常生活が
こんなにきれいなもの、心地よいものにあふれてるんだな〜ぴかぴか(新しい)って
思ったら、心豊かな気持ちになりました(*‘∀‘)


最初からそう感じられたらいいんですけどね、

空が見えない部屋から見える部屋になってやっと空が見えるありがたさに気づけたり、
常夏の国から四季のある国に来てやっと季節ごとの風景の移り変わりの美しさに気づけたり、

対比するものがないとなかなか今ある豊かさに気づけないものだなあ〜って思います。

でもそう考えると、嫌な体験も、
うれしい体験を味わうための前フリなんだと思えるかもしれないですね。


DSC_0671.jpg

娘の部活で早朝からお弁当作って
自分の分のおかずもお弁当に詰めたら、ここでもまた心豊かな気分に(*‘∀‘)


でもこのお弁当の食材の買い出しでスーパー行ったときに、「今月ピンチだから」と、
「これほしいなあ〜でもこっちのほうが安いし。もっと安いのないかな〜」
なんていちいち迷ってうろうろしていたら、
ものすごく時間がかかってしまい、
その間やろうと思ってたほかのことができずに、
「・・・結局は時間の無駄だった」と思いました( ;∀;)


こういう主婦がいるからデフレになるのか・・・( ̄▽ ̄)


この経験にちょっと反省してたら、ふと思ったのですが、

買い物って、お金を払うとそのぶん買った商品やサービスが自分のものになる、
と考えると、自分を豊かにしてくれる行為なんですよね。

でも、買ったぶんお金が無くなると考えちゃうと、逆に、
買い物が自分を貧しくさせる行為のように思えるんです。

つまり、自分にフォーカスするのか、お金にフォーカスするのかで、
どっちが豊かに思えるかが正反対になっちゃうんですよね。


それでいうと、今までの私の意識はまだまだお金のほうに偏ってた、
というか、お金を持っているかどうかにフォーカスするように
ある意味マインドコントロールされてたみたいです(;・∀・)


お金のほうにフォーカスしちゃってると、
ふだんどんなに切り詰めたとしても、物は買わなきゃいけないし、
光熱費とか保険とか税金とか払わなきゃいけないものもあって、
支払いがゼロにはならず、どんなに生きてくために必要なお金だとしても、
使うたびに自分が貧しくなると思っちゃう。

そうすると、例えば子育てなんかも、
子どもを育てることが心をすごく豊かにしてくれるものだけど、
育てるのにはめっちゃお金がかかると考えると、自分の生活を貧しくする存在になってしまう。

それってなんか悲しいじゃないですか・・・( ;∀;)


だからこれからはもっと、お金を払うときの意識を、
そのお金で得られた豊かさのほうへ向けていこう〜って思いました(*´▽`*)



考えてみれば、お金にフォーカスした場合、
「お金を使った分だけ、人は貧しくなる」わけだから、
「豊かさとは、使っても無くならないだけのお金を持ってること」
ってなりますよね。

使っても無くならないだけのお金っていうと、
具体的には、定年後に2000万円でしたか?( ̄▽ ̄)


一説には2000万以上貯められてる60歳が三分の一だとかで、
その人たちだけが豊かだってことになってしまう。


本当は私たちの心を豊かにしてくれる夏の青空も月も無料なのに。



確かに現実を見ると定年で働けなくなってもお金は使わなきゃいけないわけで
俺の年金どこ行った?(笑)って思うし、
子育てにもお金はかかるけどね、


でも私たちはもっと豊かさに心を向けていくことはできる



個人的にも今いろいろな面で今までのやり方を変えて新しいチャレンジをしている時で
お金のことを考えると不安や落胆ばっかですが、
自然と湧き上がってくる、日常の豊かさを感じる気持ちをもっと味わっていきたいなと思っています(*´▽`*)

2019年06月13日

令和のスピリチュアルはマスターよりCEO?

この前、ネットニュースをたまたま見てたら「逆ギレ傷害事件」の特集をやっていたのですが、

誰かに注意されて逆ギレする時っていうのは、注意された内容が正しいと思ってる場合が多いらしいです。

相手が間違ってたらそこまで反応はしなくて、図星でいたいところを突かれるからこそ逆上するんだとか。


前のブログで書いたように、人の心理として、自分を責めてると、
誰かからその部分を責められるし、自分自身がそれを責めてるからこそ穏やかではいられない・・・
っていうのがあるんだろうな、と思います。

自分を責めないで、他人も責めず許せる人が増えたら、
もっとみんなが生きやすい世の中になるかもしれませんね。


DSC_0661.jpg
この前書いたように今年のプランターはトマトが豊作です。

DSC_0662.jpg
キュウリもなり始めましたわーい(嬉しい顔)



さて、この前梅を梅酒にするっていう話でも紹介したように、

スピリチュアル業界でよく言われる、

魂がマスター(主人)で、体やマインド(思考、心)というのはサーバント(召使)

という言葉がありますね。

マスターの言う通りに動いておけば不要な苦労もしなくてすむし、
本当の願いもかないやすくなるんだけど、
みんな逆になっちゃって、体やマインドに振り回されてるから
うまくいかないんだよ、っていうお話ですね。

これは本当にその通りだって思います。

実際に私も心の奥底の本音の部分をしっかり聞いてその声にしたがうことで、
すごく人生生きやすくなりました。


ただ、この三次元の地球にいる人間にとっては、

体や思考の望みをまったく聞かないでいたら、生存ができないわけですよね。

のど乾いても何も飲まなかったり、お腹すいてもずっと食べないで
生きていられる達人みたいな人もいるけど、
それができなかったら、下手したら死んじゃうかもしれません。

だから欲っていうのも、人がこの世で生きていくため、
そして命を子孫に受け継ぐために、必要なものだと思うんです。



これが精神的な修行を積んで、体や心の欲望を超えて神100%になり、
超能力を身に着けた人なら、欲はいらないと思うのですが、

私のような煩悩だらけの人間にとって、
実際には欲をなくすっていうのは現実的には難しいところがあります。
(食いしん坊だし)

そうすると、マスター100%では生きられなくて、
どうしてもサーバント側に振り回されることがゼロにはならないわけですね。


それならば、そんな魂に絶対服従できない私みたいなフツーの人間はどうとらえればいいかっていうと、

魂はマスターじゃなくて会社の社長とか、CEO

ぐらいに考えてみたらいいんじゃないかと思うんです。


社長の大事な役目っていうのは
「これからこの方針に向かって行きましょうね」
っていうビジョンを社員たちに示すことで、

このビジョンが定まらないと、社員たちがどう動いていいかわからなくて
バラバラな行動をしてしまい、経営に限界が訪れやすい。

かといって、社員たちに「ビジョン達成のために力を100%注げ」
と言って無理に突っ走ろうとしても、

社員たちにはそれぞれの私生活もあるし、休息だって必要だから、
ついていけなくなって限界が来る。

ということは、社員たちそれぞれの個人的な望みをかなえつつも、
うまく全体のビジョンに向かって進んでいくことが、
会社を持続させるために必要ですよね。


それと同じように、人の生き方として、
魂の望みを叶えるために、体や頭を使うってことも大事だけれど、

人間は、物質的な身体を持っていろんな体験をすることを楽しみたくて
この三次元の地球に生まれて来てるわけだから

その純粋な欲求を無理やり押さえつけようとしても、
やがてうまくいかなくなる。

だから、体や心の望みをちゃんと叶えつつ、
魂の望みに向かって進んでいく。

それが一般人にとってはやりやすいんじゃないでしょうか


しかも、前回ブログで書いたように、
魂の波以外はなかなか継続しないので、
体や心の欲は、ちゃんと満たされたらそれで終わりなんですよね。

逆に押さえつけると、満たされずにいつまでもひきづってしまう、
という傾向にあり、欲を満たさずに手放すのは相当の修業を積まないと難しい。

・・・私なんか四半世紀以上ダイエットを試みては挫折を繰り返し、
ダイエット辞めたらゆがんだ食欲がパタッとなくなりましたからね( ̄▽ ̄)



世の中的にも、
共働きなのに子供生まれたばっかりで転勤命令、みたいなおかしなことが、
ちょっと前だったら会社では普通に行われて、嫌でも従わざるを得なかったけど、
今ではみんなが「嫌だ」って声を上げて、大炎上しちゃうように、

もう軍隊みたいな会社に絶対服従のやり方は通用しなくなって、
そういう会社はブラック企業の烙印を押されるようになり、
プライベートの充実も生きていく上では大事だという考えが常識になってきましたよね。


まるでそういう動きとシンクロするかのように、
スピリチュアルな業界でも、
「煩悩はいけません、我欲はいけません、だから修行で断ち切りましょう」
という考えがどんどん古くなっていって、
「欲とはうまく付き合うものです」というのが主流になってきたのを感じます。

今ではブラック企業の現状がSNSで丸裸なのと一緒で、
昔は「自分は我欲はありません」みたいな立派なことを言いながら
蔭でコソコソ欲まみれの行動してる聖職者も結構いたのが、
今はそういうのも全部ネットで晒されちゃう時代になり、
隠し事ができなくなってきたというのもありそうですが・・・(笑)


もちろん、コツコツ修行して欲をなくしていくのができる人は、
それで進んでいけたら素晴らしいと思います。

ただ、それが難しい人が無理をしようとすると逆に挫折しやすいので、
この三次元地球のやり方でやっていってもいい、
ってことをみんながわかってきたんでしょうね。

不自然なことはやめて自然に行こうよ、
というのが世の中全体の流れとしてあるのかな〜と思います。

令和っていう元号は、
ビジョンに従いつつも、無理せず現実との調和を図りながら生きていく
という字に見えなくもないですね(笑)